日韓首脳会談が必要ない理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日韓首脳会談が必要ない理由

2019-06-13 00:19
  • 59

さて、本日は元々別の内容をやる予定だったのですが、最近各メディアから「日韓首脳会談を無条件にするべき」という論調の記事が相次いで出てきたため、それらに対する反対意見を書いていきます。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

ここのところ複数のメディアから「前提条件をつけずに日韓は首脳会談をすべき」という論調の記事が出てきているが、実際のところそれをやる事に意味がないどころか、現在の状況を更に悪化させる可能性すらある。


どういう事かといえば、まず現在韓国の文政権は韓国内の保守系メディアから「外交上の失敗をしている」とバッシングされており、この批判を必死で打ち消そうとしているうえに、アメリカからも「日本との関係を改善すべき」と圧力をかけられている。


しかし同時に、文政権は「重要な事は何も決められない」政権であり、難しい判断ほど他者に転嫁する傾向にあり、この情報を総合すると、もし無条件に会談を行った場合、文大統領は問題の解決を全て日本に丸投げし、それで「自分は役割を果たした」という態度をとる可能性が高いという理由がある。



※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。


1:「無条件に会談を」という論調


まずはこちらの記事から

高まる「嫌韓」、対韓強硬論にこれだけのリスク
東洋経済 2019/06/12
1/4ページ) (2/4ページ) (3/4ページ) (4/4ページ

(前略)
日韓ともに「トップダウン方式」で政策を決めているにもかかわらず、お互いのトップが何を考えているか知ることが困難な状況になっている。その結果、かつてないほど悪化した関係を改善する手立てもないまま、相手が発信する言葉の一端を根拠に、相互批判をエスカレートさせているのだ。

この状況を多少なりとも動かすにはトップ同士が直接会う「首脳会談」しかないことは明らかである。

先日、民放のテレビ番組に3人の元外交官が出演し、日韓関係などについて話し合っていた。元事務次官、元大使という外務省幹部だった人たちだ。彼らはG20の機会に日韓首脳会談を行うことについては異口同音に「当然、安倍首相と文在寅大統領は会うべきである」と主張した。1度の会談ですべての問題が決着することはないだろうが、「こういう機会に会わないでどうするのだ」と強い口調で話していた。「ボトムアップ方式」の時代に現役だった人たちの自負を見ることができた。
今こそ「安倍・文」直接会談を

外交は、国家間の問題を戦争という手段ではなく話し合いによって解決するために人類が生み出した知恵であり、それはつねにお互いの譲歩や妥協を必要とする。一方で世論や、それをあおったり便乗するメディアや政治家は、自国の要求を100%実現せよと毅然とした態度を求める。その結果、外交はつねに世論の批判の対象になる。しかし、国の利益や平和を実現するために最終的な決断をし、その責任を取るのが指導者の役割である。

防衛大臣に対する自民党内の批判にみられるように、国内で「対韓強硬論」がもてはやされる中で、安倍首相が文大統領との会談に臨むことは政治的リスクが高いだろう。しかし、同じことは文大統領にも言える。安倍首相は7月に参院選を、文大統領は来年初に総選挙を控え、支持率という数字をつねに意識することを強いられている。

日韓関係にいま必要なことは、対北朝鮮政策を重視する傾向の強い側近に囲まれ、日本についての十分な情報が入っていないだろう文在寅大統領に、日韓間が抱える問題の意味やその深刻さを安倍首相が直接、正確に伝え、韓国側の積極的な対応を促すことだろう。1度の会談では解決しないだろうが、地道な努力なしでは日韓関係はさらに悪化し破局手前まで進んでしまう。そうなってから動き始めたのでは、修復は想像がつかないほど困難なものになるだろう。


非常に長い記事である事と、前半部分は先日暇つぶしにどうぞの方で引用した朝日の記事「朝日新聞がよく使用する詭弁」と同じ事をしているだけなので省略します。


そのうえで、そもそもの問題として「会うとどう問題が解決するのか」がこの記事には一切かかれておらず、とりあえず「会えば何とかなる」という論調で一貫しています。


そしてこれなのですが、記事ではさも会談をすれば日韓双方にとってプラスになるというように書かれていますが、実態は「文政権にとってプラスになる」だけで、日本にとっては何のメリットもないですし、日韓関係の改善にも一切役に立ちません。


どういう事かというと、まず現在文政権は経済政策の失敗が誤魔化せなくなり、政府機関すら経済の長期失速に言及しだしています。


韓国経済 全般的な不振続く=政府系機関 聨合ニュース 2019.06.10


これに若者の就職難が重なり、文政権は支持率こそ大幅に落ちないものの徐々に世論から批判される事例が多くなってきており、そうした批判にかなり過敏に反応している状態です。
そのため、(文政権の外交失敗で)「日韓関係が最悪」と保守系メディアに書かれると、以下のように過敏に反応している状態です。


韓日関係「最悪」主張に同意せず 「改善へ努力」=韓国大統領府 聨合ニュース 2019.06.07


更に文政権は、一連の慰安婦合意反故や徴用工裁判の件でアメリカからも「何とかしろ」と圧力をかけられています。


米国、韓米首脳会談に向け韓国に重い宿題課す 朝鮮日報 2019/06/12


ここまで読んでもらえばなんとなく理解できるでしょうが、文政権は今月大阪で開催されるG20で日本と首脳会談が出来ないと、「非常にまずい状況」に追い込まれているわけです。
つまり会談をしたいのは韓国側のほうというわけで、東洋経済を含む「無条件に会談をしろ」という論調のメディアは、単に韓国政府の意見を代弁しているだけなのです。


2:何も決められない政権


次に問題となるのが、そもそも文政権には「問題を解決する能力が無い」という事です。


例えば文政権による事実上の慰安婦合意破棄に関して、彼らは「和解・癒し財団」の解散を行いましたが、実はその後どうするのかは一切決められておらず、「被害者の意思を尊重する」と言いながら、


「慰安婦問題、事実上放置…支援金、慰安婦など15人に行き渡らず」 中央日報 2019年06月10日
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/article/250/254250.html


財団の支援金受け取りに同意した人達の事は完全に放置してしまっています。


また徴用工裁判にしても、文政権は「司法の決定に従う」と言って問題を裁判所に丸投げしていますが、そもそも問題は国家間で合意した協定を韓国側が一方的に反故にしている事にあるうえに、国際法上「当時としては合法」である日韓併合を「違法」という前提で判決を下すなど、明らかに国内法の判断を超えた判決をしているわけですから、もし司法が国際法を無視した判断で他国に影響を与えたなら、それを解決するのは政府の仕事のはずです。


日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
韓国の徴用工裁判について
韓国との戦後補償問題
徴用工問題と韓国の司法

第3回韓国併合再検討国際会議 : 「合法・違法」を超えて 神戸大学 2002-06


更には一連のファーウェイを巡る米中対立においても、韓国は米中から「お前はどちら側なのだ」と問い詰められると


【社説】問題解決能力を失った「不能」韓国政府 朝鮮日報 2019/06/11 (1/3ページ) (2/3ページ) (3/3ページ
【コラム】韓国企業を原野に放置するな 中央日報 2019年06月11日
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/article/297/254297.html


韓国政府は「企業が自律的に決めるべき部分がある」といって判断を丸投げしてしまっています。
結果韓国企業は一切の身動きが出来なくなっているわけですが、文政権はそんな事はお構いなしです。


かつて文政権は、原発の稼動停止の件で世論や経済界から批判されると、


新古里原発5、6号機の工事中止を巡り「責任転嫁」? 東亜日報 July. 29, 2017


公論化委なるものを組織し、「公論化委の決定に従う」と自身が決断し負うべき責任を、責任の所在が曖昧な民間団体に丸投げした事がありますが、それと全く同じ事を延々と繰り返しているわけです。
文政権は、問題が起きると問題を全て他者に転嫁し責任を丸投げする政権なのです。


当たり前の事ですが、この状態で日韓首脳会談をしてもまるで意味がありません。
文政権にはそもそも問題解決の意思そのものが無いのですから、問題を話し合っても彼は「日本が問題を解決すべき」としか言わないでしょう。


そして更に問題なのは、責任を丸投げしたうえで文政権は「会談をした事」を韓国内で自分の功績としてアピールすることです。
実際、現在の韓国では文政権が「責任を官僚に押し付けて手柄だけ自分達のものにしている」と反発されている状態なのです。


韓国与党幹部発言に公務員ら反発「無理な政策をゴリ押ししたのは誰だ」 朝鮮日報 2019/05/13 (1/2ページ) (2/2ページ


当たり前の事ですが、こんな事を外交でされたら状況はより悪化しますから、東洋経済の書くように

>1度の会談では解決しないだろうが、地道な努力なしでは日韓関係はさらに悪化し破局手前まで進んでしまう。そうなってから動き始めたのでは、修復は想像がつかないほど困難なものになるだろう。

会談をすれば破局を免れるというのは間違いです。
破局というのなら、国家間の条約や約束を次々と韓国が破った時点で既に破局ですし、そもそも文政権には問題を解決する意思がなく、彼の興味は韓国内での人気取りしか無いのですから、会談も外交など二の次で国内の人気取りに利用されるだけです。


「条件なしの会談」というのは、G20で日韓首脳会談をしないと国内的にもアメリカからの要求的にもまずい文大統領にとって、「自身に直接のリスクの無い状態」でその場しのぎをするために最も適した条件なのです。


2019年6月13日21時52分追記
書き方を変えると、もしこのタイミングで首脳会談をしても、文大統領は韓国独特の「正しさ」の価値観に基き、「自身の正しさの訴え」と「日本への問題の解決要求」しかしないという事になります。


「韓国外交官は米国を教化しようとし、日本は自分たちにできることはないかと聞く」 中央日報 2019年03月25日
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/article/617/251617.html


※独特の正しさの概念
彼らの正しさの概念は独特であり、根拠を必要としない。
また「この世には最初から一つの正しさが存在する」と考えられており、自分はその正しさを常に選択していると考える傾向にある。

そして正しさ同士がぶつかった場合には、(曲解でも捏造でもその件と全く関係なくともなんでもいいので)相手の劣等性を指摘する事でそれを自己の正しさの担保とする。

また相手の劣等性を指摘した時点で自身が指摘された問題は相手の問題にすり替わる。


youtube版
https://youtu.be/PvEa1FjkkEw







お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト




広告
他49件のコメントを表示
×
>>8
自分の返信コメから数日経ちましたが。何の音沙汰も無しですか。このまま「黙って逃亡」だと、実に残念だと思います。

折角なので、自分も自分なりの考えを述べます。

①:文政権が潰れるのが是か否か?
 ②の回答に関係しますが、潰れようが潰れまいが日本にはさして意味が無いでしょう。

②:次にどういう政権が韓国に誕生するか?
 文政権が倒れたとしても、反日思想が蔓延しているので、その国民情緒に逆らう政権は生まれません。
 仮に現実を見据え、日本への謝罪や要求の撤回を行おうとしても、国民情緒によって早晩倒されると考えられます。
 結果、文政権と大差の無い、問題解決能力皆無の政権が誕生すると考えられます。
3ヶ月前
×
>>53
結局のところ、韓国という国は、そして朝鮮人には民主主義国家自体が早すぎた制度なのだと思いますね。
3ヶ月前
×
>PC
一手目としてはベンチマークや機能テストでの数値を比較サイトで検証してみる
二手目は メモリーを増設する事で全体のマージンを増やす
三手目は グラボのメモリーを増やすために買い替える

メモリ増設はとりあえず損にはならない(そのメモリも新しいのに付け直す)
ので着手しても良いかと思います 
グラボのメモリは1Gあれば静画メインなので十分だと思います

表示できないのは恐らくプラグインやインストール時の相性だと思います
あとはHDDをなるべく素材の有る作業用ドライブとエンコ用を分け
OSドライブとも離し 3ドライブで回すと速度が落ちにくくなります
OSドライブとは最低限分離してください
昔自分は SSDにOSのみ HDD2枚で
(D:プログラムファイル E:アプリ・ツール・素材)(R:エンコード専用)
USBHDDに素材を同期退避させて動画を作っていました
3ヶ月前
×
>>53
だから僕は常々「次の政権は軍事独裁政権しかない」と言ってる訳です。只、朴正煕政権はああ見えて独力でクーデターを成し遂げた政権でアメリカは追認しただけです。今度軍事政権をやるには弱体化した韓国軍の中から独力で軍事政権を立ち上げる事は難しそうですからアメリカの支援が必須になってきます。今のアメリカにそこまでの覚悟があるかどうかという話ですね。

>>54
大口さんのブログや動画で勉強させて貰ったおかげでもありますが、改めて朝鮮人を勉強して思ったのですが他の民族や他国の国民に比べると根っことしての思考が他の民族や国民の比べると千年遅れてる感じがするんですよね。
3ヶ月前
×
>>56
何らかの形で安定した政権を確立しようということになると、そういう形にでもならないと難しそうですね。
色々と紆余曲折した挙げ句、最終的にはそういう形に落ち着くような気もします。
そこに至る道筋の具体的なイメージまでは、自分には思い浮かびませんが。

>今のアメリカにそこまでの覚悟があるかどうかという話ですね。
この点も、米軍の撤退が噂されているような状況ですし、アメリカはそこまで干渉しない可能性も高いように思えます。

アメリカの支援とは無関係に軍事独裁政権が誕生する可能性は無いですかね?
もっとも、そうなっても第二の北朝鮮になっちゃうだけなので、首根っこはアメリカを初め西側諸国が(消極的に)押さえ付けるような気もしますが。
3ヶ月前
×
  >>55
 AviUtl・ゆっくりムービーメーカーはCPU処理ですから、GPUは無駄ではないでしょうか? ガンマさんの様にゲーム動画作成をする場合ならば、ゲーム画面の録画時に効果はあるのですが...
 NVEnc対応での高速書き出しがありますが、静画の多い大口さんの動画ではオーバースペックですし。

 うーむ、ストレージは読み書きを同時に行うという事は苦手で、SSDは読み込みが得意ですが、書き込みが苦手な傾向があるので、OS・素材・編集ソフトをSSDに、書き込みをHDDの別ストレージにする方法なら効果が大きいとは思いますが、OSと素材を分けるのは動画エンコード時、エラーが起こったときにOSを巻き込む心配が無いということですかね?
3ヶ月前
×
>>57
浮かばないのは当然です。朴正煕政権が成立した頃は工作や粛清が軍部にまで及んでなかったから軍事クーデターを起こす人材が無事だったのですが今の文政権の場合だと軍トップの更迭が既に行われており軍部自体が弱体化してます。
アメリカの覚悟云々は、元を正せば朝鮮半島を中心とした極東情勢の混沌はアメリカの勘違いとボタンの掛け違いを戦後70数年間放ったらかしにしてきたツケでもある訳です。今日のトランプ政権は本質としてウィルソン以前の孤立主義回帰を志向している政権ですので、鶏肋を絵に描いた様な朝鮮半島情勢にどこまで覚悟を決めてアメリカの負の遺産を清算するが未知数です。でも、ここで清算しなければアメリカは将来的に国際政治からハブられるでしょうから問題はそこでしょう。
3ヶ月前
×
みなさま、PCの件様々なアドバイスありがとうございます、すぐ買おうと考えていましたが、これらを参考に少し吟味してみることにします。

>>52
私の説明がちょっとおかしかったですね。
PCがいきなり壊れたのは2015年か2016年の事です。
そしてGW中ずっと記事の記録ができないのはちょっとまずいということで、GW中でも配送可の安いPCがみつかったので、スペックも考えずにそれを買って今まで使っていたわけです。
当時はまだ動画をやる事を想定していなかったので。

ちなみに壊れたPCからデータを取り出すのもかなり苦労した記憶があります。
3ヶ月前
×
若者の韓国離れさん

>ピョンジンイルさんが韓国贔屓なのは間違いありませんが、それゆえか、スカイ様はどうも穿った見方をし過ぎな気がします。
>文章をきちんと読めば、そのような解釈にはならないのではないかと思います。

続報ですが辺真一はこんな記事を書いています。

G20で日韓首脳会談を見送る日本の手法はかつての中国と韓国のそれと全く同じ!
https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20190626-00131674/

文章をきちんと読めばどう考えても私の解釈にしかなりえません。
2ヶ月前
×
日韓関係が悪化している今、色々な情報を集め整理してみた。昨年後半から続く韓国による“日本攻撃”①自衛艦への旭日旗掲揚自粛要請(2018年9月)②日本企業に元徴用工
への賠償を命じる韓国最高裁判決(同10月、11月)③竹島への韓国国会議員団の集団上陸(同10月、11月)④日韓慰安婦合意で設立された財団の解散(同12月)、自衛隊機への
火器管制レーダ照射事件(同12月)また2019年2月8日には、韓国国会議長の「天皇が元慰安婦に謝罪すべき」との発言が米メディアによって報じられ、日本政府が発言の撤回と
謝罪を要求する事態に発展。こういった一連の“日本攻撃”の理由を一言でいえば、「日本は植民地支配の加害に対し謝罪も反省もしていない」に尽きるが、これは明らかに「事実」
と異なる。顧みるに日本が韓国に対して行なった戦後補償は1965年の日韓基本条約と同時に結ばれた「日韓請求権協定」で、日本政府は韓国に5億ドル(当時の韓国の国家予算
は3.5億ドル)を支払い、両国は戦後補償について「完全かつ最終的に解決」と合意した。その後、1990年代に韓国が「慰安婦問題は解決していない」と主張し始めたことを受け、
日本政府は紆余曲折を経て「おわびと反省」を表明した河野談話を発表(1993年)、村山政権下では元慰安婦に「償い金」を支払うための「アジア女性基金」を設立した(1995年)。
韓国内にはそれでも「解決していない」と主張する声が大きく、問題はくすぶり続けた。2015年12月には慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」とした日韓合意が結ばれ、
日本政府は元慰安婦を支援する財団に10億円を拠出したが、その後誕生した文在寅政権は、合意を一方的に反故にした。韓国が、日本の「謝罪」や「補償」がなかったかのように、
執拗なまでに日本を批判し続けるのはなぜなのか。その背景にあると考えられるのが、韓国メディアや教育現場で繰り返し報じられ、児童や生徒に“教育”されてきた「反日フェイク」
の数々である。それにより、「日本=悪者」という刷り込みが、若者たちに繰り返し行なわれているのだ。背景には、家庭や学校、メディアを通じて再生産される「反日教育」があると、
韓国出身のジャーナリストは指摘する。若い韓国人が日本に対して「戦後の日本が悪いことをした」とは誰も言えない筈。戦争被害は彼らの祖父や曽祖父の世代が経験した話で
あり、日本を糾弾する若者の意識は戦前に引きずられていると言える。また、北朝鮮と中国から受けた戦争被害にはなぜ言及しないのだろうか。太平洋戦争による韓国人の犠牲者
は約2万人だが、朝鮮戦争では50万人もが犠牲になっている。徴兵による強制連行は旧日本軍によるものよりさらに多かった。日本から受けた戦争被害とは桁が違う。でも、現代
韓国の若い人にはこうした事実が教えられることはない。「日本=悪者」とレッテル貼りをした上で行なわれる韓国の反日活動に対しては、真に受けて怒りを表明したり、反対に
「謝罪」を繰り返したりするのは有効な対抗策とは言えない。まず、その裏に何が隠されているかを見極める必要がありそうだ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。