大口歩也さん のコメント

userPhoto
大口歩也
ちなみに、原則的に日韓請求権関連協定では個人請求権が韓国側のわがままで宙に浮いた状態のまま、「経済協力金」という形での決着となっていますが。もし本格的に請求権が復活した場合、国際法上むしろ韓国は日本側に当時の金額で差し引き20億ドルに相当する金額を逆に支払わないといけなくなります。

あくまであの協定は「双方が請求をしない」という前提で成り立っているので。
実態としては、本来国際法上や客観的な数字で「個人賠償額」を算定した場合、どうやっても韓国側が日本側に支払う形にしかならないため、韓国に資金を出すためにはこうするしかなかったわけです。
そして韓国側は、それを知りながら渡された資金を個人に支払わなかったというわけです。

日本政府は、韓国側がこれ以上問題を起こすならこの日本側請求権を復活させる準備もするべきでしょう。

霧の中に消えた日韓会談の中の [個人請求権問題]
http://www.f8.wx301.smilestart.ne.jp/nihonkokai/kiri/kirinonaka.pdf
No.10
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
さて、本日は急遽予定を変更して、韓国側が徴用工問題に関連し突然提案してきた内容に関する解説となります。 関連動画 youtube版 https://youtu.be/bNFazqFtzGE youtube版 https://youtu.be/yznxxZjsPBM youtube版 https://youtu.be/ld2DfA7URbY youtube版 https://youtu.be/JubQInvjAHw 注意 ・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています ・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです ・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません ・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。 ・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください ・キャラ崩壊あり ・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします 本日の投稿動画 youtube版 https://youtu.be/N3PwtGS3c54 以下は動画のテキスト版になります。 レイム   マリサ ゆっくりしていってね レイム さて、本日は予定を変更して日韓問題の解説になるわ。 マリサ おいちょっと待て、なんでまた日韓問題なんだよ。 しかも今回も徴用工問題関連なのかよ。 レイム だって韓国がまた「やらかした」のだもの。 マリサ まあそれはそうだが、今回私も時事問題やる予定だったんだぜ。 レイム そのあたりの事はうp主に言ってよ。 あと、今回1本で収まらないから動画2本になるわ。 マリサ てことは時事問題なのに私のほうは2週間先延ばしかよ。 レイム 来週はG20開催中になるから、できればその前に動画を完成させたかったみたいだけど、時間的に無理っぽいのよね。 マリサ 全てうp主が悪い。 問題の「おさらい」 レイム さて、今回の件なんだけど、問題をよく知らないって人は、動画説明欄に過去動画のリンクを貼っておくので、そっちを見て欲しいのね。 マリサ じゃあ「おさらい」は必要ないんじゃないか? レイム だって、それやっておかないと2本目が中途半端な長さになるってうp主が言うのだもの。 マリサ おい。 レイム まあそれはさておき、一応この件の問題点をざっと解説するわね。 レイム まずこの問題について、日本のマスコミのいくつかがフェイクニュースを報じているので、それに関係した内容から。 「韓国政府、韓日会談で個別請求権放棄」 朝鮮日報 2004/09/17 http://web.archive.org/web/20040923181057/http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/17/20040917000026.html  太平洋戦争犠牲者遺族会(ヤン・スンイム会長)は17日、「1961年の韓日会談当時、韓国政府が日本政府の韓国人犠牲者に対する直接補償の提案を拒否し、国が補償金を受け取って支給する方法を選んだ」と主張した。  遺族会はこの日、国会で記者会見を開き、その証拠として「第5回韓日会談予備会談会議録(一般請求権小委員会第12、13回会議録)」を公開した。  遺族会は「会議録を見ると、韓日会談当時、韓国政府は労務者と軍人・軍属を含め、徴用の方法で国外に動員された生存者、負傷者、死亡者、行方不明者など、被徴用韓国人の肉体的・精神的苦痛に対する補償金の支給を請求した」とし、「しかし韓国政府は日本政府の韓国人犠牲者に対する直接補償の提案を拒否し、国が補償金を受け取って支給する方法を選んだことが記録されている」と主張した。  遺族会はさらに「朴正熙(パク・チョンヒ)政権はしかし、65年の韓日協定締結後に受け取った5億ドルの対日請求権資金で、被徴用韓国人に対する補償を実施すべきだったにもかかわらず、浦項(ポハン)製鉄と京釜(キョンブ)高速道路の建設に投入し、維新政権時の70年代に軍人・軍属の死亡者8000人に限って補償をしたにとどまった」とした。 レイム 過去動画でも紹介しているけど、そもそもこの記事にも書かれているように、元々この問題って「日本側が金銭的な個別補償」の提案をしたら、韓国政府がそれを拒否、個別補償は韓国政府が行うので、日本は一括で韓国政府に払えと言って来たのね。 マリサ つまり個人補償の一括請求を拒否したのが韓国なのに、その責任を日本に押し付けようとしているから問題って事だな。 それで、この件で日本のメディアがやったフェイクニュースってなんだ? レイム それはね、「日本はちゃんと金銭補償をしていない、物や日本企業によるインフラ整備などで誤魔化しただけだ」とか、そういう話ね。 マリサ ああ、そういう事か。 元々日本が個別の金銭補償を提案したら、韓国政府がそれを「それは自分達でやるから一括でよこせ」といってそういう形になったのに、それを「日本のせい」に転嫁したって事か。 レイム そう、どうもどこかのメディアがそれを報じて、これを真に受けた人達があちこちで暴れまわっているみたいでね、うp主のところにもそういう人が来たのよ。 マリサ だいぶ迷惑な話だなおい。 レイム 後もう一つ、過去に動画にしたけど朝日新聞が流したフェイクニュースがあって、そっちも大問題なのよ。 元徴用工、救済の道は 給料未払い、過酷な労働 日本の裁判も「強制」「違法」認定 朝日新聞 2018年11月30日 https://digital.asahi.com/articles/DA3S13791256.html (前略) ■「個人の請求権、未消滅」 政府、「解決済み」の一方で主張  元徴用工への補償問題をめぐって日本政府は、1965年の日韓請求権協定で「解決済み」と主張している。一方で「個人の請求権は消滅していない」というのが一貫した姿勢でもある。どういうことか。  51年。サンフランシスコ講和条約で、日本を含む締約国は相手国の責任を追及する「外交保護権」を放棄した。広島、長崎の被爆者が55年に、日本政府に賠償を求める訴訟を起こすと、政府は「個人による米国への請求権は放棄されていない」と主張した。だから賠償を求めるならば、日本ではなく米国に、という趣旨だ。  日韓請求権協定後も同じ姿勢だった。朝鮮半島に資産を残してきた日本人が日本政府に補償を求めることを封じ、矛先を外に転じるためだったと、戦後補償にかかわる専門家はみる。  しかし90年代になると、「内向き」に説明してきた理屈によって隣国から訴えられるようになる。87年に民主化を遂げた韓国で、かつて戦争被害にあった人が個人請求権にもとづいて補償を求めるようになった。その結果、2000年代に日本政府は「個人請求権は消滅していないが、協定により日本国内の訴訟では救えない」と強調するようになった。  日本の裁判所は請求そのものは退けつつ、現行制度における救済策の不備などを指摘し、解決を促してきた。  東京高裁は98年、韓国・朝鮮人の元軍属らが政府に補償を求めた訴訟で「違法な国家権力の行使で犠牲や被害をこうむった者には、国家の責任で一定の補償をすることが世界の主要国の共通認識」と言及。「国政関与者には適切な立法措置を講じることが期待される」と踏み込んだ。  また戦時中の中国人元労働者らが西松建設に賠償を求めた訴訟では、最高裁が07年、「関係者が救済に向けた努力をすることが期待される」と異例の付言をした。  実際に韓国人や中国人の被害者と日本企業との間では「道義的責任」などを踏まえ、複数の和解が成立している。  10月末の韓国大法院判決を受け、日本の弁護士グループは今月初め「全ての請求権が消滅したかのように説明するのは誤導的だ」と政府の姿勢を批判する声明を発表した。呼びかけ人の一人、山本晴太弁護士は「日本企業や日本政府が法廷外の交渉で問題を解決することは否定されていない。『解決済み』と切り捨てず、話し合いでの救済をめざすべきだ」と語る。(清水大輔、黄チョル) レイム こちらの事例では、「個人請求権はまだ残っている」とか「中国の事例では個人補償に応じているからダブルスタンダードだ」とか言っているけど、これフェイクニュースであると同時に典型的な論点のすり替えでもあるのね。 マリサ どういう論点のすり替えなんだ? レイム 問題はこの朝日の記事で、1950年代から1960年代にかけての日韓国交正常化交渉において話し合われ合意された事が、全て無かった事になっていて、そういう背景のない他の事例と意図的に混同されている事なのね。 そもそも、「個人補償は韓国側でやる」と言っておいて、個人補償を行わなかったのは韓国政府なのよ。 ※このあたりの交渉の議事録を同時掲載のブロマガに引用しておきます。 第5次 韓・日会談 予備会談 一般請求権小委員会会議録 1-13次、1960-61 http://www.f8.wx301.smilestart.ne.jp/honyaku/honyaku-2/718.pdf (該当部分抜粋 101ページ) 日本側 補償金とはどのような性格のものなのか。 韓国側 未収金はその当時の規定によって貰えるものを貰えないことをいい、補償金は生存者、負傷者、死亡者を含み被徴用者に対する補償、即ち精神的苦痛に対する補償をいうものだ。そしてこの被徴用者には軍人軍属を含む。 日本側 その他の項目としては、具体的に考えているものがあるのか。 韓国側 今としては予定していないが、1項目以下7項目のその他はその請求を留保している。 日本側 この項目は私的な請求がほとんどだと思い、従来このような請求は国交が正常化できなかったから解決をみられなかったもので、今後国交が回復し正常化すれば、日本の一般法律に沿って個別的に解決する方法もあると思うが、この点をどう思うか。 韓国側 解決方法としては色々あるだろうが、われわれは国が代って解決しようというのであり、またここで提示した請求は国交回復に先行して解決されなければならないと思う。 マリサ これもだいぶ悪質なフェイクニュースだよな。 これを真に受けている人も結構いるんだろ? レイム いるわね。 そもそも朝日はこの件一切訂正していないし。 レイム そして次は日本のメディアは関係ない問題なんだけど、重要だから紹介するわね。 韓国最高裁 新日鉄に4千万円賠償命じる=徴用工訴訟で原告の勝訴確定 聨合ニュース 2018.10.30 https://jp.yna.co.kr/view/AJP20181030002400882 【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者4人が新日本製鉄(現新日鉄住金)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の大法院(最高裁)は30日、原告を逆転勝訴させた差し戻し控訴審判決を支持し、新日鉄に原告1人当たり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じた。  大法院は被害賠償を否定した日本の判決は韓国の憲法に反するもので、1965年の韓日請求権協定によって強制徴用被害者の個人請求権問題が消滅したとみることはできないと判断した。  また、新日鉄住金は加害者の旧新日本製鉄と法的に同一会社であるため、賠償責任があるとした上で、賠償請求権の消滅時効の主張は信義誠実の原則にも反すると判断した。   日本政府は強制徴用被害者の個人請求権問題は韓日間の請求権協定で解決済みとの立場を取っており、両国間の外交やビジネスへの影響は必至だ。  原告は1997年に損害賠償を求めて日本で提訴。大阪地裁は損害賠償の責任がないとして、原告の訴えを退け、2003年10月に最高裁で原告敗訴が確定した。  原告は05年に今度は韓国で訴訟を起こしたが、一審と二審は「日本の確定判決は韓国でも認められる」として原告敗訴の判決を下した。しかし大法院は12年5月に「日本の判決は日本植民地時代の強制動員そのものを違法と見なしている韓国の憲法の中核的な価値と真っ向から対立する。韓国の善良な風俗と社会秩序に反した判決であることは明らかだ」とした上で「個人の賠償請求権は有効」としてソウル高裁に審理を差し戻した。翌年7月の差し戻し控訴審で同高裁は「日本の核心軍需業者だった旧日本製鉄(新日鉄)は日本政府とともに侵略戦争のため人を動員するなど、反人道的な違法行為を犯した」とし、原告に1億ウォンずつ、計4億ウォンの支払いを命じた。  新日鉄側は判決を不服として再上告。大法院は5年以上、判決を下さず、原告のうち3人は判決を前に死去し、遺族らが引き継いだ。同訴訟を巡っては、朴槿恵(パク・クネ)前政権が大法院に対日関係への配慮を求めた介入疑惑が取り沙汰され、検察が捜査を開始。そんな中、今年7月27日、大法院長と大法官12人全員による合議体での審理が始まった。重大な事案の場合、大法院は全員での審理を行う。  日本企業に賠償を命じる判決が確定したことで、韓日間の外交摩擦は避けられない見通しだ。日本政府は自国企業に賠償を命じる判決が出れば、国家間の紛争を扱う国際司法裁判所(ICJ)への提訴などの強硬対応に出るとみられる。日本企業の韓国でのビジネスにも悪影響を与えかねず、対韓投資などが冷え込む可能性がある。 レイム 今回の件に関連した去年の韓国の裁判所による判決なんだけど、「日本の判決(日本の裁判所に徴用工とされる人々が訴えた件が最終的に敗訴、かつて韓国の裁判所もこれに準じた判決を出した事がある)は日本植民地時代の強制動員そのものを違法と見なしている韓国の憲法の中核的な価値と真っ向から対立する。」となっているのね。 レイム これどういう事かというと、韓国の憲法では日本による併合自体が違法だから、その間に行われたすべての行為が違法という理屈なのね。 マリサ どういうことだ?韓国の建国って1948年だろ? レイム それがね、現在の文政権で「韓国の建国は1919年という事」になったそうなのよ。 マリサ それでもおかしくね?日韓併合は1910年だろ? レイム だから、1919年以降の併合は違法ってことじゃないかしら? でも、過去動画で解説したように、そもそも国際法上日韓併合って「当時としては合法」という結論が出ているし、この朝鮮独立派による独立宣言って世界中どこの国からも国家承認を受けていないうえに、このとき出来た政府は根本的に国家の条件を満たしていないのよ。 ※同時掲載のブロマガに関連記事があります。 英の学者ら「日韓併合不法論」支持せず 韓国主張崩れる 産経新聞 2001.11.27 第3回韓国併合再検討国際会議 : 「合法・違法」を超えて 神戸大学木村,幹 2002-06 マリサ それって、シーランド公国とかと同じって事か? レイム そういう事。 以上を踏まえて問題を整理するとこうなるわ ・日韓請求権関連協定は、日本側が提案した「個人への個別補償」を韓国政府が「それは韓国側で行う」として拒否、韓国政府への一括支払いとなった経緯がある。 ・上記理由により、請求権は生きているがその請求先は韓国政府に存在する。 ・韓国の裁判所は判決の前提となる根拠として「日韓併合は違法である」としているが、その法的根拠は存在しない。 マリサ なるほどな。 韓国政府は「裁判所の判決に従う」ともっともらしい事を言っているけど、実態としてはそもそも裁判所の判決自体がおかしいのか。 レイム というより、現在の韓国の大法院(日本の最高裁判所に相当)って、文政権になってから文大統領や与党の意向に従わない人達がみんな粛清されて、逮捕されたり辞職に追い込まれたり、閑職に飛ばされたりしているから、実質政府のイエスマンが多数派なのよ。 韓国の提案は論外 レイム 結局ね、この問題って韓国政府が「双方の国が同意の上で取り決められた条約や協定を、事後に国内の都合で一方的に反故に出来るということを、韓国内の裁判所のお墨付きで可能にした」って事なのね。 マリサ ちょっと待て、そんな事をしたらもう韓国とは何一つ国同士の取り決めが出来なくなるじゃないか。 レイム そうよ、韓国側の主張は何もかもがおかしいのよ。 そしてここからがやっと今回の本題になるのだけど、2019年6月19日になって、韓国側はこんな提案をしてきたのね。 出口が見えない強制徴用問題 日本は韓国の提案拒否 聨合ニュース 2019.06.19 https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190619003400882 【東京聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が昨年10月、日本による植民地時代に強制徴用された被害者への賠償を日本企業に命じる初の確定判決を出してから悪化の一途をたどる韓日関係を円満に回復させる糸口がつかめない状況が続いている。  大法院の判決に関連し、韓国政府は韓国と日本の企業による自発的な拠出金で財源を確保し、被害者に慰謝料を支払う案を日本に提案したが拒否された。  これまで日本側は大法院の判決が1965年に締結された韓日請求権協定の規定に反すると反発してきた。  しかし、韓国政府は司法の判断に介入せず、被害者中心の解決策を模索するとの立場の下、歴史問題と経済・安全保障問題を切り離して対応する外交路線を堅持してきた。  日本側は韓日請求権協定に規定された紛争解決手続きを踏むことで韓国政府に圧力をかけ、両国の外交関係は崖っぷちに追い込まれた。  大法院の判決から8カ月が経過した後に韓国政府が日本側に対し差し出した最初のカードが韓日の企業による拠出金を財源とする慰謝料支給の案だ。  韓国外交部の当局者は19日、「日本側がこうした案を受け入れる場合、日本政府が要請した韓日請求権協定第3条1項の協議手続きの受け入れを検討する用意がある」と述べた。  同当局者の発言は、韓国政府の提案に対し日本側が前向きな反応を示した場合は請求権協定に規定された3段階の紛争解決手続きを最初の段階に戻し、根本的な解決策を模索する用意があることを示唆したものだ。  日本政府は1月、請求権協定に基づき韓国側に2国間協議を要請し、30日以内に回答するよう求めたが韓国側が回答しなかったため先月、仲裁委員会の設置を要請した。韓国側が仲裁委員会設置にも応じなかったため、第三国を選定して仲裁委員会を設置することを改めて要請した。日本政府のこうした動きは国際司法裁判所への提訴に向けた足掛かりにするためのものとみられる。  日本の菅義偉官房長官が19日に行った記者会見からも日本側の反応を読み取ることができる。菅氏は日本側の要請に韓国が応じなかったことに遺憾の意を表明しながら「仲裁に応じるよう、引き続き強く求めていきたい」と述べた。日本政府の立場は特別な変化要因がない限り維持される可能性が高い。  北朝鮮核問題への対応などで韓日との連携が弱まることを懸念する米国が韓日関係の改善を求める可能性があるとの見方も出ているが、今のところ具体的な動きはみられない。  結局、強制徴用訴訟問題は紛争当事者の韓日両国の政府の手を離れ、日本が意図する国際法廷での争いへと向かう様相を帯びつつある。ただ、日本政府が国際司法裁判所に提訴しても韓国政府が応じない場合、訴訟は成立しない。 レイム 韓国側の提案は日本企業と韓国起業の双方が自発的に資金を出し合い、その拠出金で被害者に慰謝料を支払うというもので、「日本側がこうした案を受け入れる場合、日本政府が要請した韓日請求権協定第3条1項の協議手続きの受け入れを検討する用意がある」と言い出したの。 マリサ これおかしくね?そもそも日本が提案した個人補償を拒否して「それは自分達がやるから一括でよこせ」と言ったのが韓国政府で、しかもその後個人補償を行わなかったのも韓国政府だろ?日本関係ないじゃないか。 レイム そう、韓国政府は日本と結んだ協定を一切守らず、「韓国では国際法より国内法が優先する」という態度でこんな事をしているわけ。 当然日本が受け入れられるような内容じゃないのね。 レイム しかも韓国側の提案って、事前に韓国側に都合のいい結論を日本が飲めばその結論に沿った協議には応じるというもので、そもそも最初から協議に応じる意思なんてないのよ。 これ、単に「日本が韓国の提示した条件を一方的に飲め」というものだもの。 マリサ まあ、これじゃあ韓国は「日本は韓国の法律に無条件に従え」と言っているようなものだしな。 レイム そういう事になるわね。 更にこの件には別の問題もあるのよ、それがこちら 強制徴用:韓国大統領府、韓日企業参加の基金設立に反対 朝鮮日報 2019/01/26 https://web.archive.org/web/20190127023850/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/26/2019012680008.html 河野外相「大統領府を信じて対話できるものか」  日本企業による強制徴用賠償問題をめぐる韓日間の確執を解くため、韓国外交当局で政府と両国企業が参加する「被害者支援基金」設立を検討したものの、韓国大統領府の反対により中断されたことが24日、分かった。  韓国外交当局は先日、「迅速な強制徴用賠償のためには、韓国政府と韓日の企業が参加する基金の設立が代案となり得る」という趣旨の意見を大統領府に提言していたとのことだ。韓国政府主導で、日本企業はもちろん、1965年の韓日請求権協定により恩恵を受けた韓国企業が参加する基金を設立する案だったという。しかし、大統領府は「韓国政府が乗り出すべきことではない」と強く反対したことが分かった。  これに先立ち、韓日外交当局間でも基金設立に関する話し合いが進められ、ある程度のコンセンサスが形成されていたとされる。ソウルの外交消息筋は「公式提案ではないが、外交当局間の話し合いがあった」と語った。また、東京の外交消息筋は「日本政府は韓国側から基金設立提案があれば十分に検討可能だという考えだった」としている。  ところが、基金設立の話し合いが中断されたという知らせを聞いた日本の河野太郎外相は側近に「大統領府を信じて対話できるものか」という趣旨の発言をしたと伝えられた。韓国政府筋は「結果的に韓国外交当局が大統領府と日本の板挟みでどうにもできない状況になってしまった」と話す。こうした状況の中、23日にスイスで行われた韓日外相会談で、 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官は河野外相に「日本企業が強制徴用判決の結果に承服することが信義誠実の原則にかなっている」と話したとのことだ。 安俊勇(アン・ジュンヨン)記者 レイム 時系列的には2018年末から2019年1月頃の事なんだけど、日韓の実務者協議でさっきの韓国政府からの提案に「韓国政府も加わった」案が提示されたけど、韓国政府は当時「韓国政府が乗り出すべきことではない」と反対していたのね。 マリサ つまりあれか、今回韓国政府は当時話し合われた内容から、「韓国政府の負担部分」を除外して、それを日本政府に提案したって事か? レイム そうよ、当たり前だけどこんなご都合主義の提案をしておいて、「韓国が問題解決の提案をしたのだから、ボールは日本側に渡された」なんていわれても、そんな話に耳を傾けるわけがないのよ。 マリサ ちょっと待て、日本のマスコミが「条件をつけずにG20で日韓首脳会談をするべき」と最近になってまた書きまくっているのって… レイム 大体察しがつくと思うけど、最早韓国政府の態度をフォローしようがないから、「どっちもどっち論」に持って行こうとしているだけよ。 マリサ うわぁ…。 解決のための意思も能力も無い レイム 言っておくけど、この件の問題はこれだけじゃないからね。 マリサ なあレイム、丁度今ターメリックを切らしてしまったみたいでな、インドにターメリックを買いに行きたいから帰っていいか? レイム バカな事言ってないで話を進めるわよ。 マリサ レイムは容赦なさすぎだぜ。 レイム それでね、今回韓国政府が提案した内容に対して、徴用工裁判を行った団体が反応していてね 韓国市民団体「被害者の声、反映されず」 政府案を批判=強制徴用問題 聨合ニュース 2019.06.19 https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190619003300882 【光州聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じた問題で、韓国政府は19日、韓日の企業による自発的な拠出金で財源を確保し、被害者に慰謝料を支払う案を日本に提案した。これについて韓国市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は同日、政府の方針を批判する声明を発表した。  団体側はこの日出した資料で、「韓国政府の立場は強制動員問題解決のための出発点といえる『歴史的事実の認定』と『謝罪』に対する内容が何もないという点で問題」と指摘した。  また「韓国政府の立場は確定判決を受けた被害者14人に対してのみ判決で認定された慰謝料を支給するというもの」とし、「これは、まだ判決が確定していない被害者や、訴訟手続きをしていない被害者を含む包括的な協議を要請してきた被害者の声が全く反映されていないもの」と批判した。  さらに、手続きの面でも立場発表前に支援団などを含む市民団体と十分な議論が行われなかったと指摘。その上で、「ただ、韓国政府の立場伝達は両国間協議を開始するための事前措置という意味では肯定的に評価することができる」と付け加えた。 レイム 記事にもあるように「訴訟手続きをしていない被害者を含む包括的な協議を要請してきた被害者の声が全く反映されていないもの」と大反発しているのね。 マリサ え?これもしかして韓国政府はこの団体と事前協議していないのか? レイム どうもそういう事みたいよ。 そもそもこの提案自体、来週の後編で詳しくその背景をやるけど、韓国政府がその場の思いつきで場当たり的な対応をしただけっぽいし。 レイム しかもそれだけじゃなくて、こちらを読むと どこからも歓迎されない韓国の提案 政府はなおも期待=強制徴用問題 聨合ニュース 2019.06.20 https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190620002000882 【ソウル聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じたことについて、韓国政府は19日、韓日の企業による自発的な拠出金で財源を確保し、確定判決を受けた被害者に慰謝料を支払う案を日本に提案したと発表したが、この案は日本政府はもちろん被害者側からも歓迎されていない。  韓国政府が被害者側や韓日の企業と事前協議をせず、日本政府の同意も得られていない状態で打ち出したためだが、韓国政府はなおも同案が韓日関係を揺さぶる強制徴用問題の解決の糸口になることを期待している。  日本の河野太郎外相は19日、韓国政府の提案に対し、自身のツイッターで「韓国の国際法違反の状態を是正することにならず、受け入れられない」と即座に拒否する考えを表明した。  日本は強制徴用訴訟に関する韓国大法院の賠償命令について、国家間の条約であり国際法と同様の効力を持つ1965年の韓日請求権協定に違反するものだと主張している。請求権協定により強制徴用被害者への賠償問題は解決済みとの立場だ。  日本政府は反対の姿勢を明確にしているが、韓国政府はこの提案がまだ最終的に拒否されたわけではないと説明する。  韓国外交部の当局者は20日、「日本政府の関係者が会見などで立場を示したが、まだ韓国政府の関係者に直接『受け入れられない』という立場を伝えたわけではないと承知している」と話した。外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官が16~17日に訪日してこの案を説明した時も、日本側は諾否を明らかにしなかったとされる。  外交部の当局者は「韓国政府の提案は、私人間の問題であり政府が直接介入できない状況で出した現実的な案」だとし、「日本政府の真剣な検討を希望する」と述べた。  だが、被害者側も政府の提案に満足していない。被害者側を支援する韓国市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は19日、「韓国政府の立場は強制動員問題解決のための出発点といえる『歴史的事実の認定』と『謝罪』に対する内容が何もない」と批判。案を発表する前に訴訟の代理人団や支援団体などと十分な議論を行わなかったとも指摘した。  被害者側と事前に調整しなかったのは「私人間の取引に介入できない」という原則による側面が大きいものの、政府は今からでも被害者側を対象に共感を広げるための時間を設けることを検討中とされる。  団体側はただ、「韓国政府の立場伝達は両国間協議を開始するための事前措置という意味では肯定的に評価できる」と表明した。  韓国政府の提案が現実のものになった場合に資金を拠出する可能性がある韓国企業は、ひとまず慎重な姿勢を保っているが、事前協議なく出し抜けに発表された提案に当惑もあるようだ。実質的に請求権協定に基づく日本からの資金で設立された鉄鋼最大手のポスコは「外交問題が絡む事案のため確認中だ。状況を見守る」とコメントした。 レイム どうも韓国政府は拠出金先として想定している韓国企業にも、事前に何の説明もしていなかったらしいのよ。 マリサ ちょっと聞きたいのだが、韓国政府ってたしか徴用工裁判の件で「日韓請求権協定は被害者の意見が反映されていない」と言っていたよな? レイム そうね、元々韓国側の言い分は「協定は被害者の意見を無視して行われた、だからちゃんと被害者の意見を聞いて謝罪と賠償をすべき」というものね。 マリサ なあレイム、これ凄く見覚えのある展開なんだが? レイム それはそうでしょうね。 2015年末に締結された慰安婦合意に関して、韓国の現政権や慰安婦団体は「被害者の意見が反映されず一方的に決められた」と反発して合意を反故にした経緯があるから、それと全く同じ道を辿っているわね。 レイム しかも文在寅政権は、慰安婦問題でも以下のように 「慰安婦問題、事実上放置…支援金、慰安婦など15人に行き渡らず」 2019年06月10日07時43分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] https://japanese.joins.com/article/250/254250.html 韓国と日本の葛藤が深くなる中で旧日本軍慰安婦被害者および遺族らの救済の手続きが停止したまま事実上放置されていると伝えられた。9日、朝日新聞によると、2015年韓日慰安婦合意で設立された「和解・癒やし財団」が昨年11月韓国政府によって解散された後、財団に支援金を申請した慰安婦被害者2人と遺族13人には支援金が払われていない。 当初、財団は日本政府が拠出した基金10億円を財源に生存慰安婦被害者47人(2015年12月28日合意の基準)に1人当たり1億ウォン(約900万円)、死亡者199人の遺族に各2000万ウォンずつ支給する事業を始めた。実際に支援金を受け取ると申請した人は慰安婦被害者36人と死亡者71人の遺族だった。生存している被害者の場合、慰安婦被害者後援施設である「ナムヌの家」などに居住する11人の被害者を除いて全員支援金を申請したわけだ。しかし、財団の解散で支援事業が中断され、未受給の「被害者」が発生していると新聞は伝えた。 文在寅(ムン・ジェイン)政府は日本と合意なく財団を解散させ、新しい支援策を立てることを示唆したが、それ以来7カ月間具体的な方針は出ていない。これに関して朝日は青瓦台(チョンワデ、大統領府)元高官を引用して「(文在寅政府は)韓国政府主導の支援策や追悼事業を日本の理解を得ながら進める考えだったが、『日本側が反発し、前に進められなくなった』」と伝えた。 昨年8月、韓国政府は女性家族部傘下の韓国女性振興院に任せる形で「日本軍慰安婦問題研究所」を発足させた。慰安婦問題の解決に関連した政策を立てるための措置だった。しかし、研究所は「1年の委託事業」という限界により事実上破局に至っている。キム・チャンロク初代所長〔慶北(キョンブク)大学法学専門大学院教授〕が機関独立性の問題を理由に昨年12月辞任して以降、後任さえ選定できなくなっている状況だ。 和解・癒やし財団の解散で残る基金57億8000万ウォン(約5憶3000万円)の使途も宙に浮いている。日本政府は韓国側が一方的に財団を解散させて政府間合意を破棄したことから協議の対象でないと一線を画している。韓国政府は日本に返すために日本が拠出した基金10億円を予備費で編成しておいた。 こうした中で昨年10月、韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決が韓日政府間争点に浮び上がり、比較的に慰安婦問題に対する関心は大きく減った。日本政府関係者は「昨秋以降(両国の)外交協議では元徴用工訴訟が最大の懸案になり、慰安婦問題はほとんど取り上げられていない」と朝日新聞に明らかにした。 レイム 慰安婦合意によって設立された財団からの和解金を受け取る意思を示した人達を放置しているうえに、そもそも慰安婦合意に反対しているのはナヌムの家などに所属するいわゆる「活動家」だけなのに、それが「慰安婦の総意」みたいな態度を取っているのよ。 マリサ おいちょっと待て、この有様であの政権は「被害者の意見が尊重されていない」とか言ってるのか? レイム そうよ、この問題の実態は単に文在寅政権が、自分達が煽って先鋭化してきた韓国内の民族主義を制御できなくなって、日本に問題解決を丸投げしようとした結果起きた事なのよ。 マリサ グダグダすぎるだろ。 今回のまとめ ・この件は「日本側の個人補償提案を韓国政府が拒否した」という事実が、韓国内や日本のメディアなどで完全に無視されていることが最大の問題。 ・今回の韓国側の提案は、過去に提案され韓国政府が拒否した案から、韓国政府の負担を除外しただけの内容。 ・韓国政府は「当時者達の意見を尊重する」と言いながら、当事者の意見を無視している。 マリサ これあれだな、この有様で日韓の企業が拠出金を出して解決しようとしても、慰安婦合意と全く同じ結果になるだけだな。 レイム その通りよ。 結局この問題って、どこまで行っても単なる韓国の国内問題でしかなくて、その問題を韓国政府が「日本に解決してもらおうとしているだけ」なのよ。 マリサ これ、文大統領が考えを改めない限り、仮にG20で首脳会談しても問題が悪化するだけじゃね? レイム その通りよ。 しかも後編で詳しくやるけど、そもそも韓国政府が責任転嫁し続けているのも、日本のメディアにサポートしてもらいながらなんとか日韓首脳会談にこぎつけようとしているのも、全ては「日本に国内問題の尻拭いをしてもらうため」でしかないのよ。 徴用工問題以外のものも含めてね。 マリサ 無茶苦茶だ… レイム そんなわけで今回の本編はここまでになるわ。 レイム   マリサ ご視聴ありがとうございました。 大口 おつかれ~ 大口 おまけは次週のpart2でやる予定なので今回は無いです。 多分。 マリサ 多分ってなんだよ、あともっと私の出番増やせ。 レイム じゃあ今回はここで終わりね。 レイム   マリサ   大口 またらいしゅ~ お知らせ。 このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。 そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「 @ooguchib 」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。 人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。 クリックで人気ブログランキングへ 以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。 韓国人が日本人から嫌われる根本的原因 日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う 【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない 日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う 日韓問題(初心者向け)の方針について色々 【河野談話】韓国政府が自爆しました フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因 「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります 韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓 嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか 嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた 「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い 韓国視点から見たヘイトスピーチ メアリー・スーとネトウヨ論 日韓問題とイデオロギー論争 韓国では異論が徹底的に排除される 日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編 日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編 初心者でも解る韓国対策 動画版マイリスト 番外編マイリスト
日韓問題(初心者向け)
日韓問題を良く知らない・何か難しそうという方向けに可能な限りわかりやすくなるよう、問題を扱っていきます。



まず2014年6月投稿分の「韓国人が日本人から嫌われる根本的原因 」を読んでいただけると、恐らく他の投稿もより問題を深く知ることが出来るのでお勧めです。



twitterやってます、何かご意見・感想・批判要望等ありましたらどうぞ

@ooguchib