自分は何も変わらない、相手が変わり受け入れよ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分は何も変わらない、相手が変わり受け入れよ

2019-11-21 00:09
  • 42

さて、本日は最近の韓国による対日、対米での特徴的な考え方と態度について、それが非常に分かり易く表れている記事がハンギョレ新聞に掲載されたので、その件について手短に書いていきます。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください


※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。


まずはこちらの記事から

[寄稿]“防衛費圧迫”根本解決法は南北平和条約
ハンギョレ新聞 2019-11-18
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/34992.html

パク・ハンシク米ジョージア大学名誉教授 
「米国が戦時作戦統制権も委譲せずに 
分担金の莫大な引き上げだけを要求するのは 
商人が品物を渡さずに代金を払えというようなもの 
 
インド太平洋の覇権を得ようとする 
米国の利益は韓国の利益と相反 
米中が参加する南北平和条約が 
強大国に振り回されない対応策」

 韓国に対する米国の防衛費分担金引き上げ要求が激しい。米国は、現在の分担金総額の5倍に達する6兆ウォン(約5600億円)程度を要求しているという。特に、ここにはグアムやハワイなど朝鮮半島外に駐留する米国の戦略資産展開費用まで含まれていると見られる。また、米国が南シナ海やホルムズ海峡で作戦を遂行する時、韓国の派兵や金銭的支援を要請することがでありうるという話も聞こえてくる。

 米国の要求に対して最初に考えなければならない点は、戦時作戦統制権(戦作権)問題だ。米国は韓国に戦作権を委譲していない。にもかかわらず韓国に過度な防衛費分担金を強要している。市場で商人がお客さんに品物は渡さずに代金だけ払えというようなものだ。韓国が戦作権を保有していない状態で、防衛費分担金だけ払うというのはありえない話だ。

 米国の不当な要求に賢明に対処するには、より大きな枠組みで問題を眺める必要がある。国際政治の世界で、国家の行為を決める最も重要な基準は「国家利益」だ。米国の過度な防衛費分担金要求は、米国が追求する国家利益から派生したものだ。一つは、いわゆるインド・太平洋戦略を手段に中国を牽制することであり、もう一つはインド・太平洋地域での覇権を維持することだと言える。

 しかし、米国のこうした国家利益は、韓国が追求すべき国家利益とは正面から相反する。韓国は中国と経済的パートナー関係にある。それにもかかわらず米国の国家利益を追従する手段に編入され、中国に対し軍事的に敵対的立場を取るならば、中国が黙っているだろうか?米国が韓国を助けるだろうと考えるかもしれない。だが、THAAD(サード、高高度防衛ミサイル)配備の時に中国が韓国に対し経済報復を加える状況で、米国はどんな立場を取ったのか?さらに言えば、韓国の国家利益はインド・太平洋地域で覇権を追求するところにはない。

 韓米同盟を“韓米血盟”と理解する人々は、こうした意見に反論するだろう。しかし、同盟とは、あくまでも各同盟当事国の国家利益に符合する場合にのみ存在理由がある。特に“動物王国”とも言うべき国際政治の世界で、自国の国家利益に反する路線を歩むことは、すなわち自滅の道という事実を肝に銘じなければならない。

 米国のホルムズ海峡派兵要求も、米国ではなく韓国の国家利益を基準に判断しなければならない。中東は、米国ですらどうにもできない火薬庫だ。韓国がホルムズ海峡に派兵して、中東紛争にかかわればどうなるだろうか?今年8月、イランは韓国に対しホルムズ海峡派兵を望まないとの公式立場を伝達した。韓国の国家利益に献身する政治指導者ならば、イランの立場を軽視してはならない。
 韓国が周辺強大国に振り回されずに朝鮮半島の平和を恒久的に定着させるには、北朝鮮と不可侵条約や平和条約を締結しなければならない。韓国は米国と同盟関係にあり、北朝鮮は中国と同盟関係にあるので、絶対に米国と中国が参加する平和条約を締結しなければならない。先に南北の首脳が会って始めることができる。今がその適切な時期だと考える。南北の平和条約締結に米国と中国が反対しなければならない政治的・歴史的根拠がないためだ。何よりも南北の平和条約が締結される場合、朝米間の慢性的敵対感を解消し、正常な国家関係を樹立することができるはずだ。また、そうなれば地球上の最後の冷戦地帯である朝鮮半島は、ついに平和地帯として新たに踏みだし、世界に新しい平和のモデルを提示できるのではないだろうか?
パク・ハンシク米ジョージア大学名誉教授



記事はいわゆる米軍駐留費の分担金問題について書かれており、いろいろと突っ込みどころの多い記事ですがそれらは今回省略し、今回問題にするのは「同盟とは、あくまでも各同盟当事国の国家利益に符合する場合にのみ存在理由がある。」と書かれている部分です。


これを普通に考えると2種類の見方ができます、「同盟という前提での利害調整交渉をする」というパターンと、「同盟国(アメリカ)よりも中国との関係を重視する」というパターンがありますが、韓国はどちらも想定していません。


ではどういう事かといえば、韓国が行う北朝鮮との平和交渉はいずれ上手くいくはずで、米中が朝鮮半島の平和条約に賛同すれば朝鮮半島に恒久的な平和が訪れ、アメリカとの分担金交渉も中国牽制への協力要請も必要なくなると考えているのです。


何を言っているのか意味が解らないかもしれませんが、こういう事です。
アメリカの考えは単に「自分達の利益」のためでしかないが、韓国は「普遍的正しさ」を選択しているので、韓国が望むことこそすべてにおいて正しい行為なのだと、そしてそれを実行すればすべてがうまくいくと、そう考えているのです。


いわゆる「理気二元論」に基づく考え方です。


参考記事
韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?


ですから、アメリカとの間で利益がぶつからないよう調整し交渉をするという事ではなく、ましてや同盟よりも中国を優先するという事でもなく、韓国政府が望んでいる事を実行する事こそ「正しい行いである」と書いているだけなのです。


つまり、「同盟とは、あくまでも各同盟当事国の国家利益に符合する場合にのみ存在理由がある。」とは、韓国人が正しいと考えている事を実行する事こそが普遍的な利益であるのだから、韓国の国家利益の追求に反する行為はしなくてもいい、それだけの事なのです。


これはつまり、「アメリカの国家利益の追求が韓国の国家利益の追求とぶつかったら、韓国はアメリカの要求にこたえなくともいいが、その逆、つまりアメリカが韓国の要求を拒否するパターンは”想定していない”」という事です。


そんなご都合主義が通るわけがないと考えるかもしれませんが、ハンギョレ等の現政府に近しい人々の考え方では、これこそが「非の打ちどころのない完璧な案」なのです。


以前から書いているように、彼らは「その時の自身の感情的利益」をこの世の普遍的な正しさであると考える傾向にあるわけですが、この考え方には「客観的視点」とか「第三者視点」という考え方が存在しません。


そのため彼らは「これをしたら相手がどう考えるか」という事を一切想定しておらず、常に「自分がどう考えているか」のみを判断材料としています。


ですから、アメリカとの分担金交渉で韓国が頑ななのも、GSOMIAの件で日米に頑ななのも、それは彼らに何か策があってそうしているわけではないのです。


文大統領、米国防長官の面前でGSOMIAを拒否 朝鮮日報 2019/11/16


「自分達は常に正解を選択している」という前提で思考するため、そもそも「相手が拒否する」という事を最初から想定しておらず、想定外の拒否をされたため対応できなくなり、自分達の言い分を繰り返すだけになった、それだけの事なのです。


これは日本に対しても同じです。
GSOMIAの件を持ち出しアメリカを引き込めば、アメリカが日本に圧力をかけて日本が引くはずである、彼らは本気でそう考えていただけなのです。
「非常時にはアメリカが常に助けるはず」という考えに基づいているのです。


一見すると、米韓同盟を壊し中国側につくために意図的にやっているかのようにも見えますが、実際には彼らはそこまで意図していません。
文正仁特別補佐官のような過激な思想を持つ人々もいるにはいますが、おそらく文大統領も含めほとんどの政府内の人々は米韓同盟の破棄など想定すらしていません。


実際以下の記事のように、親北のハンギョレ新聞ですら在韓米軍撤退に批判的な記事を掲載しています。


[コラム]在韓米軍が撤収したならば ハンギョレ新聞 2019-11-19


彼らの一連の動きは、計画されたことを計画通りにやっているわけではないのです。
その時の感情的利益に基づき、正しいことをしているのだから周囲はその正しさを受け入れるはずだ、そう考えているだけなのです。


そのため彼らは「自分達は何も変わらない、相手が変わり無条件に受け入れるべきである」という態度をとり続けるわけです。


最後に、少し日本も注意しないといけないことを。
この考え方はおそらく儒教の考え方に基いているのでしょうが、そのため日本人も「正しい行いをしていればいずれ周囲はわかってくれるはずだ」と考えがちです。
韓国との違いは、その態度が受動的か能動的かです。


結局これは単なる独りよがりであり、相手にわかってほしければ「自分の意見を相手に納得させられるだけの考え」を自身が有していなければいけません。
これは「自分の言いたいことを言えばいい」とも「相手の間違いを指摘できればいい」とも違います「持論がなぜ正しいのか」を客観的に証明することが必要です。


そしてこれは非常に大変で地道な作業であり、近道も簡単な攻略法もありません。




お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト




広告
他32件のコメントを表示
×
やっぱりなって感じ。
大方の予想とは反対に動く。
輸出管理に関しては、3年も韓国が無視し続けた会議から始めるべきだろう。キャッチオール規制の厳格化、違反企業の公開と厳罰化も必要だ。
その実績が明らかになるまでは日本での管理方法を変えるべきではないだろう。
3週間前
×
>>35
失効したら、ボジョレーで祝杯をあげようかと思っていたが中止に。あ、いやいやそういう考えではいけないっと。
3週間前
×
でもまあ、凍結とか条件付き猶予だとか、保留みたいな都合のいいことを言っているのだから。
「撤回するんだろうな?」みたいなアメリカの圧力と「日本が~。輸出規制が~」という韓国の駄々。という生殺しの状態はまだまだ続くんでしょうね。
ある意味、韓国の政府関係者にとっては、撤回しないよりも辛い道の気もする。
3週間前
×
 引用記事後4行目<これを普通に考えると、「自国の利益に符合するような交渉を同盟国とするという事」か、あるいは「同盟国よりも中国との関係を優先するという事」と判断するかもしれませんが>自分が分かり辛いと感じただけですが…。
 前文での引用<「同盟とは、あくまでも各同盟当事国の国家利益に符合する場合にのみ存在理由がある。」>この文面だけをそのまま解釈すると、「同盟当事国同士の国家利益が重なった場合のみ同盟関係が成立する(要は利益共有が出来る時だけ協力するのが同盟)」という意味になるのではないかと。
 同じくこれを記事の文脈上で普通に解釈するならば「韓国の国家利益に適わなければ(同盟関係であろうと)米国を軽んじ、中国を優先していい」(原文と殆ど同意ですが、ハンギョレの記事では「同盟国」という言葉を使っていないので、我々とは概念や認識が違う可能性があります)といった書き方にする方が分かり易いのではないかと思います…。
3週間前
×
>>26
それなのですが、動画や記事でも解説したように現在の韓国における朱子学や性理学はオリジナルから離れローカル化されており、そのローカル化された解釈のうえでの理気二元論となっています。
李栄薫氏は、そのローカル化の事をシャーマニズムや種族主義と定義しているのではないでしょうか。

>>28
情報ありがとうございます。

>>34
GSOMIAにそうした取り決めはないです。
そして韓国は1年ごとの更新の事を「保留だ」と強弁しているだけなので、実質GSOMIA破棄前に戻っただけです。
現実問題として、今できないことが1年後にできるわけがないので。

>>38
私も読んだ当初はそう考えたのですが、よくよく考えると同盟国同士であっても利害関係があり利害調整の交渉をするという事は何も特別なことではなく一般的にみられる現象です。

例えば日本の場合でも、米国からのホルムズ海峡への派兵要請に対して、完全には賛同せず交渉によって問題を解決するといった事例がそれです。

ですので、普通に考えれば同盟国間での利害調整交渉と考えらえるが、そうではないという意味です。

上記のような意図のないようですので、少し書き方を変えてみました。
3週間前
×
>>29
GSOMIAの方も撤回じゃなくて保留だからまだグダグダなんかやる気なのかもしれませんよ、しかも既に韓国側の発表と日本政府の見解に齟齬があるらしいし、韓国も何処に行きたいんだか。
直前に中国との防衛協定なんかを結んでいるところを見るに、単にコウモリをつづけたいだけなのかもしれませんが。
3週間前
×
>>39
 個人的な印象でしかありませんが、その表現の違いが日韓の「約束の概念」の差と似ている気がするのですよね…(同盟もある種の約束なので当然かもしれませんが)。日本で言う所の「同盟国」は「国家」に依拠した同盟関係であって、仮に当事国の権力者が変わっても、維持が既定路線という印象です。多少の不利益も「貸し」や「借り」という形で次に別の形で返させるといった交渉が出来ます。
 韓国が使う「同盟関係」という表現はいつでも変わる可能性のある「関係」という部分が、約束の概念で仰っていた「同じ席に着いて話をした程度の意味」と同じ、軽い印象を受けました。引用記事の文章も自国利益(自己)の都合で何とでもして良い、という彼らが約束を反故にする時のそれですし…。「少しでも不利益があれば(自分達の正しさが通らないなら)協力しないし、敵方とでも結ぶ」というのは、前述した貸し借りの交渉が出来ない点で日本の同盟の概念と違う気がしたのです。まぁ原文(朝鮮語)のニュアンスが分からないので下衆の勘繰りですが(笑)
3週間前
×
>>41
結構良い読みしてると思いますよ。
条約だろうが同盟だろうが自分の気分でコロコロ変わる、という点は
ただ、ロシアも日本に対してやりましたし、ヨーロッパの歴史を見てみると条約や同盟の破棄などザラにあります
逆に日本は押し付けられた憲法9条をいまだに変えられません。
この点に関しては日本がマイノリティではないのかと思う時があります。約束ごとに固執することに関して。
ま、不利益受けてることもあるかもですが、おかげで信頼も受けてるでしょうし、一長一短ですかね
3週間前
×
>>42
 政治や行政の中枢はどうか分かりませんが、一般の日本人(自分含む)は同盟に武士道といった特有の価値観を持ち込んでいるのかもしれないと個人的には思っています。それは国際的には異端なのかもしれませんね。
3週間前
×
幾つかの未開国や独裁国家や、アメリカやロシアや中國なんて、
国内問題や不公平や政情不安や安保問題を理由に、条約や合意を破棄撤回することを国力国威独裁を用いて行ってますからねぇ…
「相手が破っても、不利でも約束契約条約は守ろう」「保障報復の裏付けがなくても約束は守ってくれるに違いない」という考え方は、日本特有の美徳であり国威であり、弱点であるとも思います。
だから、九条が変わらん。
「相手が変わらないんだから、自分が変わればいいという考え」は悪いばかりじゃないが、国力のある国の考え方じゃないよなぁともおもったり。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。