韓国での「反日種族主義」購読層の考察
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

韓国での「反日種族主義」購読層の考察

2019-12-19 00:14
  • 25

さて、本日は日本でもベストセラーとなった「反日種族主義」の韓国における購読層について、少し考察をおこなってみます。


※注
「反日種族主義」をテーマにするのですから、本来は「民族主義」ではなく「種族主義」という単語を使ったほうがいいのですが、本を読んでいない方には意味が通じないため、ここでは「民族主義」という単語を使用します。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由


注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください


李栄薫教授達の書いた「反日種族主義」は韓国でもベストセラーとなり、当初こうした本を買うのは「保守系の老人」であろうと考えていたが、実態は30代が多いというかなり意外な結果となった。


この30代に多かったという事は極めて特徴的であり、実は文在寅政権の主な支持層が40代であることから考えると、そのすぐ下の世代が親北左派系の「民族主義史観」に少なからず反感を持っている事になるのだが、おそらくその原因は「既得権層との対立」がある。


現在の韓国は貧富の二極化が進み、その反発として文在寅政権が登場したのだが、ふたを開けてみると文政権自体が既得権層でしかなく、そこへの失望と反感が便宜上の左派系の行う民族主義史観への反発につながった可能性がある。



※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。

1:反日種族主義の購読層


まずはこちらの記事から

「反日種族主義」韓国では30代中心にヒット 来日の編著者「歴史は進歩している」
J-CAST 2019/11/21
https://www.j-cast.com/2019/11/21373279.html?p=all

日韓でベストセラーになっている「反日種族主義」(日本版は文芸春秋刊)の編著者、李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大教授が2019年11月21日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見した。

文在寅政権は「反日運動家として非常に訓練されている集団」

著書では、李氏をはじめとする経済史学などの専門家6人が一次資料にあたったうえで、(1)慰安婦制度は公娼制の軍事的編成にすぎない(2)徴用工問題で裁判を起こした人は、「強制連行」などではなく募集と斡旋に応じて日本に渡った、などと主張している。これ以外にも、日韓関係について韓国で通説だと考えられてきた論点に反論しており、曺国(チョ・グク)前法相がSNSで「吐き気がする」などと反発したことも話題になった。李氏は、比較的「反日教育」を手厚く受けた世代に売れているとして、「歴史は進歩している」などと手応えを語った。

「反日種族主義」は韓国で19年7月に発売され、10万部を発行。11月に発売されたばかりの日本でもすでに25万部を発行した。書籍では、いわゆる「反日」の根本には、シャーマニズムに基づく「種族主義」があると説いており、李氏は記者会見でも、韓国の与党「共に民主党」の綱領で「抗日精神を継承している」とうたっていることを指摘しながら、文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党を「反日運動家として非常に訓練されている集団」だと表現。日本企業に対して元徴用工らへの賠償を命じる判決を出した韓国大法院(最高裁)も、「その影響を受けている」とした。
「政治的な攻撃を沢山受けているが...」

読者層については、

「韓国人全体に向けて書いた。歴史的な病の根源がどこにあるのかを書いて、皆さんに読んでもらいたかった」

とした上で、30代に多く売れていることを明かした。「現代の韓国の30~40代は反日教育を受けており、50~60代よりも強い反日感情を持っている」といい、30代に対して好評だったことを「遅い速度ではあるが、歴史は進歩しているとみている」と歓迎した。

さらに、「反日種族主義」には様々な反響が寄せられたことを受けて、反論のための次回作にも意欲的だった。

「私の立場は、これまでの歴史研究における方法論を批判、反省するという意味合いを強く持っている。今後の続編に関する話は、まだ『これ』というふうに決定的に決まったものはないので、今この場では申し上げにくい。政治的な攻撃をたくさん受けているが、今後、私たちの考えは本にまとめて世に出していきたい」


この記事なのですが、私が意外だったのは「韓国では30代中心にヒット」という部分です。


なぜかといえば、記事にもあるようにこの世代は民族主義が過激化していった2000年代初頭に義務教育を受けた世代であり、親北左派系の教員団体「全教組」の行う民族主義史観に疑問を持ちにくい世代という認識があったからです。


実際、これまでこの民族主義史観に反発していたのはいわゆる便宜上の保守系(国粋系民族主義)の老人達であり、30代がそこに同調しているという情報や痕跡はどこにも出ていなかったからです。


また以下のデータを見ると


韓国国民の63.6%「幸せ」…81.9%「韓国は暮らしやすいところ」 中央日報 2019.12.09
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/260345

青年の75%が「韓国を離れたい」 ハンギョレ新聞 2019-12-15
スマートフォン版
http://s.japan.hani.co.kr/arti/politics/35243.html


「韓国人に生まれて幸せ」「韓国は暮らしやすい」という回答をする韓国人が多いにも関わらず、「韓国を離れたい」という韓国人が多いという一見すると矛盾する統計データが存在します。


これはどういう事かといえば、民族主義教育によって「かくあるべき民族の姿」を誇らしく思っているが、実生活では「(自身の正しさ)かくあるべき」が実現されず生き難いため、「移民したい」と考える青年層が多いという事です。

※独特の正しさの概念

彼らの正しさの概念は独特であり、根拠を必要としない。
また「この世には最初から一つの正しさが存在する」と考えられており、自分はその正しさを常に選択していると考える傾向にある。

そして正しさ同士がぶつかった場合には、(曲解でも捏造でもその件と全く関係なくともなんでもいいので)相手の劣等性を指摘する事でそれを自己の正しさの担保とする。

また相手の劣等性を指摘した時点で自身が指摘された問題は相手の問題にすり替わる。


youtube版
https://youtu.be/PvEa1FjkkEw



つまり、反日種族主義の主な購読層となった韓国の30代も、しっかりと民族主義教育の影響下にあることは間違いがなく、民族主義史観に疑問を持つ環境とはかけ離れたところにいるはずだからです。


また、現在の韓国は2000年代初頭より更に民族主義が過激化していっており、


教科書執筆から審議まで…左派偏向教授・全教組出身者がほぼ掌握 朝鮮日報 2019/12/16
仁憲高校、政治教師暴露した生徒に社会奉仕措置…保護者にも特別教育 朝鮮日報 2019/12/17 (1/2ページ) (2/2ページ


現在はより一層疑問を持てるような環境ではなくなっています。
あらゆるデータが「30代が主な購読層になりえない」という数字となっているのです。
しかし実際には最初の記事にもあるように「30代に対して好評」だったのです。


2:既得権層への反感


このように、公的なデータをいくつ突き合わせても実際問題「なぜ30代なのか」という事に答えを出せません。
しかし私は思い当たる節があります。


どういう事かといえば、実は韓国の30代はおそらく「現政権で最も不利益を被っている世代」だからです。


背景としてまずこちらの記事を


文大統領「40代の雇用不振は心痛む…政策の準備を」 中央日報 2019.12.17
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/260591


現在韓国では文政権による経済政策の失敗から失業率が上がっているのですが、その被害を最も受けているとされているのが40代です。
「では現政権やその歴史観などに不満を持つのは40代なのでは?」と考える人もいるでしょうが、実は違います。


たしかに、現在韓国では40代の失業率が最も高く30代はその次くらいなのですが、実は週52時間労働制と所得主導成長(最低賃金の大幅アップ政策)で最も利益を得ている「既得権層」も40代なのです。


どういう事かといえば、40代といえば会社では中堅クラスであり、当然相応の地位と賃金を得ているわけですから、最低賃金の上昇と週52時間労働制による恩恵はかなり多いです。
つまり、たしかにリストラされる人々も多いが、それ以上に文政権の経済政策の恩恵を受けている世代も多いのです。


しかも先ほどの『文大統領「40代の雇用不振は心痛む…政策の準備を」』で書かれているように、文政権は40代に対して優遇政策を準備中です。


なぜかといえば、文政権の支持が最も多い層がまさに40代だからです。


そしてもう一つ、40代といえばマイホームなども持つようになる時期ですが、実は文政権では「土地ころがし」を煽るような政策を続けた結果、マンションなどの価格が高騰、


【コラム】不動産暴騰は文在寅政権の庶民搾取ではないのか(1) (2) 中央日報 2019.12.16
スマートフォン版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/260564


おそらくある程度資金力のある40代は、弊害よりもこれの恩恵のほうが大きかったのです。


ではそれに比べて30代はどうかといえば、この世代は過去「88万ウォン世代」と呼ばれ、低賃金(88万ウォン=約7万円)から抜け出せず、大学に進学するよりほかない社会で卒業後も学生ローンなどに縛られ、社会に出てから不利益ばかりを被ってきました。


そして現在は、その境遇から恋愛、結婚、出産をあきらめた「三放世代」と呼ばれているのが現状です。


またこの世代は、「ヘル朝鮮」という単語を作り出し、朴槿恵政権における国政壟断事件において、


「影の実力者」の娘チョン・ユラさん「親を恨め、カネも実力だ」 朝鮮日報 2016/10/20


崔順実の娘であるチョン・ユラが、自らの特別待遇を批判する人々に対して「親を恨め、カネも実力だ」と言ってのけたことが発覚、これが自身の境遇や「ヘル朝鮮」また「富裕層は生まれながらにして「金の匙」を持って生まれてくるのだ、それに比べて自分達は土の匙を持って生まれてくる」という不公平な境遇と重なり強い怒りを持ちます。


結果、この世代も当初は文政権を強く支持し、保守系を既得権層として対立していたわけです。


しかし、彼らが望んだ文政権が実際に何をしたかといえば、いわゆる正社員層にとって利益となる政策ばかり行い(理由は文政権の主な支持母体が労組だからです)、非正規や低賃金で働く30代は文字通り無視されました。


そのうえチョ・グク騒動では


韓国名門大2校で法相の辞任求める集会 高麗大と延世大 聯合ニュース 2019.09.19


チョ・グクの娘による不正入学事件が発覚、文政権の政策の恩恵を得られない世代にとっては、これがチョン・ユラの「親を恨め、カネも実力だ」という発言と重なり、強い反感となったわけです。


メディア等ではこれに反感を持ったのは主に20代とされていますが、境遇から考えれば実害の大きい30代=三放世代が最も強い反感を持ったでしょう。


そして、このチョ・グク騒動を皮切りに文大統領やチョ・グクらの386世代を既得権層と考える人々が増えていきます。


※1990年代に30代で、1980年代の民主化運動に関わった1960年代生まれの者

チョ・グク事態を見つめる目、86世代と若者で異なる理由
ハンギョレ新聞 2019-10-29
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34794.html

(一部抜粋)
 チョ教授が見るところ、学生運動を直接・間接的に経験した86世代はチョ・グクが攻撃されるのを「民主化の成果そのものが否定される」状況として受けとめた。彼らが検察改革という「一般の民主主義的な」要求に熱く反応したのも、これと無関係ではなかった。一方、20~30代がチョ・グク政局で切実に感じたのは階級的剥奪感だった。制度的民主化がある程度実現した時期に青年期を送った彼らとしては、「民主改革」という抽象的な議題よりも、自分たちが直面した社会経済的脆弱性に一次的な関心を傾けるほかなかったということだ。


そして386世代と三放世代との間で世代間対立へと発展したわけです。
この386世代が中心となって進める民族主義史観にも三放世代は反感を持ち、それが反日種族主義の主な購読層となったのではないでしょうか。


3:日本とは相いれない


ではこの韓国の30代は、李栄薫教授が「30代に対して好評だったことを「遅い速度ではあるが、歴史は進歩しているとみている」と歓迎した。」というように、日本との歴史問題を終了させられる原動力となれる世代でしょうか?


結論を先に書けば答えはNOです。
まず問題として、これまで書いてきたようにこの世代はあくまで文政権に対する反感から「対立する派閥」の側についているだけです。
つまり、文政権の「劣等性」を探しているだけなのです。

※蔑視ありきの自民族中心主義
韓国の自民族中心主義(エスノセントリズム)は非常に特殊であり、通常の自民族中心主義が自己の優越性の肥大化から異民族や異人種を蔑視するようになるのに対し、彼らの価値観では「他者を蔑視する事で自己の優越性を証明する」通常とは逆のプロセスになっている。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因


youtube版
https://youtu.be/StPglNFdHxE

またこれも過去記事などで書いたように

実は韓国人は反日より親日のほうが厄介な場合が多い


youtube版
https://youtu.be/PMegiTa_NNU


韓国人はその独特の価値観から他者を蔑視することで自己の正しさを証明する価値観を有しているため、仮に民族主義史観を脱して「親日」になったとしても、その価値観から問題が発生する可能性が高く、結局のところは相いれない可能性が高いです。


また上記に関係しますが、一連の輸出優遇措置解除問題などを見ていると、この世代も「日本が不当な経済報復をしてきた」と考えている人々が多く、


「NOジャパン以降、韓国の消費者の83%が日本食品の購入を放棄」 朝鮮日報 2019/12/11

(※1)
韓国人60%「日本製品不買、少なくとも1年続ける」 世界日報(韓国語) 2019-12-09


彼らが非常に扇動されやすい特徴を持っている事もあり、結局のところ「現在の問題」でも対立するしかないのは明白です。
また、李栄薫教授らがことさら李承晩を肯定的に解釈しているところも非常に気になり、将来的に「別の形での反日の火種」になる可能性があります。


なので反日種族主義を韓国の30代という、比較的若い層が主な購読者となっていたとしても、それが日韓関係の改善にはつながらないというのが私の考えです。



お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト





(※1)
韓国人60%「日本製品不買、少なくとも1年続ける」
世界日報(韓国語) 2019-12-09
http://www.segye.com/newsView/20191209505926

韓国人10人のうち7人は、日本産製品不買運動に参加したことが分かった。約半分は日本の報復性輸出規制問題が解決するまで、不買運動に参加するという意志を示した。韓国人の約60%は、日本産製品不買運動が少なくとも1年は続くと予想した。

■ 韓国13歳以上6800人、「日本産不買賛成」

9日、韓国農村経済研究院(KREI)の『日本製品不買運動と食品消費』の特別調査結果によれば、韓国の成人・未成年の81.5%は、日本製品不買運動に賛成した。賛成の理由は『日本の輸出規制政策が不当だ(34.3%)』、『日本の右翼・メディアの嫌韓発言などに腹が立った(28.8%)』、『日本政府が過去史に対して責任のある態度を見せない(26.7%)』などの順だった。

農村経済研究院は去る6~8月、成人6176人と中学生以上の未成年610人を対象に行った『2019食品消費実態調査』で、日本製品不買運動に関連したアンケート調査を同時に進行した。日本製品不買運動に反対した回答者は5.8%だったが、その理由は、『日本関連の国内事業者などが被害を受けると思う(48.9%)』、『事態の解決に役立たない(18.2%)』などだった。

実際に不買運動に参加した回答者は70.4%だった。これらが購入を拒否した日本製品(複数回答)は、食品(83.9%)と衣類(58.7%)が大多数を占めた。食品類の中ではソース類(43.4%)と酪農製品および氷果類(21.9%)、ビールを除くその他の酒類(18.6%)、ビール(16.0%)などの順で購入を控えていた。

■ 昨年夏の日本系飲食店の売り上げ78%ほど影響

不買運動によって、日本関連の飲食店を訪問した回数も大幅に減少した。『日本の企業と韓国に進出した飲食店』の訪問を減らしたという回答者は33.0%で、『寿司やラーメンなど、日本食を売る飲食店』での食事を減らしたという回答は29.6%、『日本の名前が入った飲食店』の購入減少は28.2%だった。 これらの飲食店で減少した消費量はそれぞれ77.8%、79.3%、77.0%だった。

日本旅行(34.2%)や化粧品(32.6%)、生活用品(30.7%)などの不買の比重も大きかった。一方で日本産自動車・バイク(11.5%)、ペット関連(11.7%)、育児用品(12.0%)などは相対的に低かった。

回答者の49.2%は、『輸出規制問題が解決するまで』不買運動を続けると明らかにした。26.6%は輸出規制問題が解決しても続けるという意志を明らかにした。『不買運動がいつまで続くと思うか』という質問には、回答者の34.4%が『1~3年』と予想した。『3年以上』と答えた消費者は、25.9%だった。続いて『4~6か月(18.2%)』、『7~12か月(17.2%)』などの順だった。

在来市場の食品の購入は半分、大企業のスーパーマーケットは2倍

一方、在来市場で食品を購入する世帯は11.5%で、3年前(24.8%)の半分の水準に過ぎないことが分かった。 一方、大企業が運営する中小スーパーマーケットでの購入割合は2016年8.9%から今年19.4%で2.2倍に増えた。 大型量販店で食品を購入するという回答者は、昨年(35.6%)より2.0%ポイント増の37.6%であり、「近所の中小スーパーマーケット」は、昨年(32.2%)より2.8%ポイント減の29.4%だった。

韓国食品の消費者は農経研が進行した「今年の食品の消費行動調査」で、食品株の購入場所を選択する理由に距離・交通(33.6%)、品質(26.1%)、価格(17.9%)、様々な商品(8.8%)順に挙げた。 農経研は「昨年と同じレスポンス世帯を対象とした購入場所の選択理由を分析した結果、価格と品質の割合が高くなった」とし「オンライン・モバイル販売増加のためと思われる」と説明した。

◆国民78% "ショッピングカート体感物価上昇」

実際、インターネットで食品を購入する家具の割合は、継続的に増加している。 今年の場合、応答家具の44.6%がオンラインを介して食品を購入するとした二重73.5%は、スマートフォンアプリを介して購入することが分かった。 Gマーケットのクパンのようなオープンマーケット・ソーシャルコマースでの購入割合は51.1%であり、大型量販店のオンラインストア購入の割合は30.7%、マーケットカーリーなどのオンライン食品専門モールは12.1%であった。

今年1回の平均食品購入額は5万9792ウォンで、昨年(5万6001ウォン)より3800ウォン増加した。 前年より食品の消費支出額が増えたという世帯は31.2%であった。 応答家具の59.9%は、食品の消費支出額が変化した理由で「食品物価の変化」を挙げた。 「カート体感物価が上昇した」は、回答率は77.9%で、朴槿恵政府執権3年目だった2015年の調査(48.6%)よりも約30%ポイント増加した。

ソンミンソプ記者





広告
他15件のコメントを表示
×
>>15
そのバランスをとるのが「ネロナムブル」や「おかげとせい」なのでしょう。
矛盾が発生し問題が起きれば「自分は正しいはずだ、なのに問題が起きるのは相手のせいだ」と転嫁できてしまうので、いくら矛盾が発生してもそれを自己に原因があるとは認識しないわけです。

実際最近も以下のようなことがありました。

ソン・シギョン、日本の料理を推薦し袋叩き…「歴史意識が曲がった人間ではない」
朝鮮日報 2019/12/17
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/17/2019121780228.html

和食を推薦した芸能人をバッシングしながら、

韓日8地域の知事、21日から長崎で会議
ⓒ 中央日報日本語版2019.12.20 11:10
https://japanese.joins.com/JArticle/260743

韓国人の日本での就職を斡旋する会合には何も言わず、さらには

『孤独のグルメ』年末スペシャル、釜山料理を紹介
ⓒ 中央日報日本語版2019.12.20 12:03
https://japanese.joins.com/JArticle/260748

「孤独のグルメ」の撮影誘致を進めているのです。
一貫性や整合性がまるでなく、すべてがチグハグなわけです。

>>16
それはないです。
なぜなら反日種族主義の件はあくまで影響力が購読者に限定されますが、2004年の件は元々韓国政府は「日本は何の保証もしなかった」と国民に説明していたにも関わらず、実は「日本側が提案した個別補償を韓国政府が拒否して一括請求を請求した」と発覚、それを韓国の主要メディアが大きく報じたわけですから、その影響力には桁違いの差があります。

>>17
その件なのですが、これはあくまで最初のJ-CASTで李栄薫教授が述べた「主要購読層は30代である」という前提の下、「ではその原因として何があり得るのか」を考察しているものですので、そのコメントもその前提での延長線上として、「何があり得るか」という推測になります。
そもそも李教授に具体的になぜ30代が多かったと確認できるのか、また彼がそれをどう判断しているのかという部分が見えませんから、そのあたりは最も高い可能性を「推測」するしかないわけです。
2ヶ月前
×
はじめまして。
ブロマガは読めていませんが、一連の動画を視聴させて頂きました。

>>19
記載の芸能人バッシングの記事で、バッシングされている芸能人のコメントが「動画で解説されている典型的な韓国人の思想」であることに驚きました。

ところで、韓国にとって日本は「序列の低いウリ」とのことでしたが、北や米中、欧州などについて、彼らはどのように認識しているのでしょうか? 韓国的価値観だと、日本に限らずほとんどの国が「序列の低いウリ」になってしまいそうですが……。
2ヶ月前
×
>>20
まず、ウリの範囲に関しては状況次第で自信を中心に拡大縮小するため、固定化された概念ではありません。
そのうえで、日本人の場合には「自分達よりも道徳的に劣った存在である」という教育などによりほぼ固定化された認識があると同時に、韓国人は日本人に強い恨(ハン)の意識を持ちながら「日本人とは朝鮮人から枝分かれした存在である」という民族主義に根差した認識があるため、「序列の低いウリ」とされる場合が多いわけです。

ウリとナムの概念に関しては、こちらの記事か動画を参照してください。
記事
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar883280
動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm31815129

恨(ハン)に関しては以下を

記事
http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar843226
動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm32098678

2ヶ月前
×
 小見出し2の29行目<「ヘル朝鮮』>鉤括弧の種類を揃えた方が読み易いと思います。
 〃終わりから14行前<蓋を開けてみれば文政権が何をしたかといえば、>「蓋を開けてみれば」に「実態は=実際に何をしたか」といったニュアンスが含まれるので、どちらかを省いた方が読み易いと思います。例えば前段を受けて「しかし、彼らが待ち望んだはずの文政権が何をしたかといえば~」などと繋げるのも良いかと。
 〃終わりから11行前<ググ騒動では>誤字です。
 〃終わりから9行前<被り>個人的意見ですが、硬めの文章なので「重なり」などの方が良いと思いました。
 〃終わりから5行前<ググ騒動~チョ・ググら>誤字です。
 小見出し3の11行目<結局とのところ>衍字です。
 本文終わりから2行前<行動者>購読者の間違いではないでしょうか?
2ヶ月前
×
>>20
ここのブログを見ていると、中国とアメリカに対しては事大主義を行っていますが、恨をため込んだりなんだりしながら、自分は被害者であるという認識が強いみたいです。中国は、まぁ歴史を見れば千年単位で奴隷同然の扱いでしたし、アメリカには朝鮮戦争に巻き込まれた的な考え方をしているようです。実際にはそうでないはずなんですが、韓国的儒教は「その時その瞬間の気持ちこそが全て(徳が高い)」という、すごいJAZZな生き方をするようですので、彼らの中ではそれで決着が付いちゃってる感があります。
大雑把にまとめてるので、詳細は大口さんが参考に挙げているブログや動画を見てみるとより分かりやすいかと思います。

で、ヨーロッパのほうの国々に対しては自国の歴史にほとんど関係のない国が多いために恨は発生しづらいし被害者加害者にもならないので、韓国特有の思考方法、道徳やら価値観に沿った行動がとれないので、已む無く国際法にのっとった当たり障りのない関係を取ります。それ以外にどう関係やリアクションを取ればいいのかわからないのでは?というのが大口さんたち韓国ウオッチャーの見解みたいです。
ちなみに第二次安倍政権はヨーロッパ、とくにイギリス式の塩対応で韓国に接しているために韓国は意味不明な対応をしているのが今の日韓関係です。
変な話ですが、日韓関係を正常な距離感でかつお互いが国際的ルールにのっとった対応ができるようになるためには「とことん韓国を突き放す」ことで、「日本に何しても無駄だ」と理解してもらうまで続けることが肝要であり、実際起こった事例・記事なんかも紹介されているので、過去一年分ぐらいで良いので、興味がわくタイトルがあったら流し読みしてみるのも一興かと思います。土日つぶれるかもですがww
2ヶ月前
×
反日種族主義の読者が4〜50代よりも30代の方が多いというのは、おそらく誰にとっても意外だったことかと思います。
その理由に既得権益層に対する反感から来ているというのは、あまり納得できません。その理由もあるかもしれないですが。
では何なのだ言われても困るのですが、仮説を二つ上げてみます。

1.30代の方がより徹底した反日教育を受けている。だからこそ、それを嘘だという本はいったいどういうことなのだという興味がある。つまり興味本位。で、読んでみたら少なからずショックを受ける。あるいは何らかの防衛機制を発動させる。

2.40代はあまり洗脳されていない、あるいは反日教育の内容に関しても半信半疑なところがある。だから、反日種族主義のように、嘘だと告発していても、まあ、そんなものだろうと、半ば知っていることだから、あえて読もうとまでは思わない。

3.40代にとなると、自説を曲げようとはしない。支持政党も変わらない。自説や韓国の通説を覆すようなものは面倒なので避ける。40代頑固説。それに対して、30代は洗脳教育を受けているにしても、まだ自分の考えに自信がなく異説を受け入れる余地がある。受け入れるかどうかはともかくとして、異説に対する興味がある。まあ、1.の興味本位説と似てるか。

どうなんだろうな。
なお、韓国で2週間仕事してきて今帰国する所です。
韓国大手企業の会社の最終バスが23:30というのには驚いた。まあ残業規制のせいか大半は6時頃に帰っていたが。
2ヶ月前
×
>>21
ご回答ありがとうございます。そうでした、ウリとナムも常に変わるからウリにもナムにもなるし、その定義が変化することを韓国人は疑問に思わないと……。
共感は論外として、理解も簡単ではないですねー。

>>23
返信ありがとうございます。
旭日旗問題の所で、「アジア人差別をされた」云々という主張が(撤回されたみたいですが)あったので、そういう形で欧州にも被害者意識を持ってたりするのかと思いましたが、そうでもないのですね。あったとしてもそれほど強くはないのかな?
記事の方は膨大なので、少しずつ読み進めていきますw
2ヶ月前
×
>>19
世代別購買層比較は、
・386世代(民主化運動を申請氏し反米左翼が多い世代。日本で言う団塊の世代や学生運動世代。日本より10年若い)
・88万ウォン世代(IMF危機の時に就職難を味わった世代。日本でいう就職氷河期世代)
・三放世代(恋愛、結婚、出産、を諦めがちな世代)
・少子高齢化
・購買能力や興味や疑念の有無
・ネットで情報を得る能力があるかどうか
・年や愛国心や社会的立場のためにイデオロギーが固まりすぎて是正する気も能力もないかどうか
・全教組(日本でいう日教組)による左傾教育および民族主義の強化
・20代の若者からの、右派政権や既得権益者への反発と失望、左派政権への期待と支持

も絡んでいるので、むしろ30台以外があまり買わなかった理由についてのほうが理由は多く、
そちらで推察したほうがいいかもしれません。
2ヶ月前
×
>>24
30代が多いのは、日本でいうところの「ネトウヨ系ケンモメン」に類する輩が韓国にもいるという事だと思います。
韓国の30代と嫌儲板にいる元ネトウヨと思われるケンモメンの感性似てますし。
2ヶ月前
×
>>22
指摘ありがとうございます、修正しました。

>>24>>26
まず30代の件なのですが、本を読み問題意識を持ったのなら、あれだけでデモ好きな民族ですので、以下のような李承晩tv関連のデモに少なからず参加していそうなものなのですが、参加するのは毎回高齢者ばかりなのです。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/21/2019122180020.html?ent_rank_news

という事は、実際問題歴史問題そのものにはあまり関心がない可能性が高いのです。

次に30代のほうが40代より過激な教育を受けているかどうかなのですが、韓国の場合政権によって教育方針がころころ変わるわけですから、これは金大中と廬武鉉、どちらの政権がより過激かという事になるのですが、これは間違いなく30代のほう、つまり廬武鉉政権のころのほうが過激でしょう。
民族主義の先鋭化が目立ちだしたのもその頃ですし。

ただし、韓国の40代と30代の意識の違いを観察していると双方にはかなり大きな差があり、40代は子供のころに民主化が起きたせいか、現在の自由韓国党などを既得権層とみる認識が強く、それが文在寅政権への強い支持につながっているのに対し、30代は386世代を既得権層と見る認識が強く、支持率が比較的低いです。
認識の差はこれが原因と私は考えます。

またもう一つ、南北統一に関しても認識に差があり、40代は比較的統一に積極的な意見が多いが、30代は消極的な人が多いという傾向があります。
これもおそらく、上記の傾向の延長線上にあるのではないかと私は考えます。

こうして情報を一つ一つ比較していくと、30代と40代の左は「世代間対立の相手の違い」という姿が見えてくるため、私は記事のように考えました。

そして20代になると、そもそもこの世代は教育熱の過激化から小学生の頃より夜11時まで学習塾で勉強をして大学に入学し、その後は就職のためと学生ローンの返済であくせくするという層であるため、おそらく自分の事以外にはあまり関心がなく、チョ・グクの件では不満を持ったが歴史問題に関しては漠然と「日本が悪い」程度に考え、あまり深い認識がないのではないかと見ています。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。