ネロナムブルを認識できるが自認できない韓国人
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ネロナムブルを認識できるが自認できない韓国人

2020-01-09 00:42
  • 54

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。


さて、本日は日本人が非常に誤解しやすい韓国人の態度について、その原因をネロナムブルで説明していきます。

初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

注意
・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
う思うか」という客観性を常に持ちましょう

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください


「韓国的な態度」を知る上で、ダブルスタンダードやチグハグさを説明する「ネロナムブル」という単語は非常に便利であるのだが、問題は一見すると彼らはこの「ネロナムブル」を自覚し問題を理解しているように見えることにある。


一見すると彼らは問題を自覚しているように見えるが、それにも関わらずダブルスタンダードな態度やチグハグな態度を取ることが多く、韓国的価値観を知らない日本人はここで混乱をきたす場合が多い。


なぜそうなるかといえば、彼らは独特の「正しさ」の概念により「(理由の如何にかかわらず)自分は常に正しい」という前提で思考するため、「なぜ正しいのか」に一貫性がなく、時と場合によって「正しさ」が変化するため、他者のダブルスタンダードには気付けても自身の「それ」には気付けない事が原因となっている。


※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。


1:ネロナムブルの自覚


まず最初に、ネロナムブルという日本人にはあまりなじみのない単語について、知らない方に簡単に説明をします。


これは韓国で数年前より韓国人のダブルスタンダードな態度を「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」と揶揄するようになったのが始まりで、そこから「ネ(自分)」「ロ(ロマンス)」「ナム(他人)」「ブル=ブルユン(不倫)」という新造語が生まれたという背景があります。


そしてこの単語が韓国で流行し、韓国内で頻繁に発生するダブルススタンダードな態度を一般的にそう呼ぶようになったわけです。


そのうえでこちらの記事を

『ソウル症候群』~韓国人が少し嫌いになりそうな108の理由
ソウル新聞(韓国語) 2020-01-02
https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20200103036010

読んでいると顔が赤面して、頭がズキズキしてくる。知られたくない恥部を晒された印象だ。『ソウル症候群』は、韓流に夢中になった日本の女性が韓国で5年間暮らし、嫌韓になるまでの過程を108のエピソードで暴露している。

親しいという理由で、他人のプライバシーを考慮せずに付きまとう。陰口を叩くのが好きで、相手を感情的に非難する。そのくせ、世界で最も情が深いのは韓国人と言いながら、誇らしがる姿が滑稽だ。割り勘する余地すら与えない韓国の男性、口では女性の平等を叫びながら、デートの費用を男性に転嫁する韓国の女性などは苦笑してしまう。

特に実生活で直接経験した事例から、韓国の慢性的な社会問題まで取り上げた部分は手厳しい。普段は安全不感症に陥っていながら大事故が発生すれば非常に驚き、これを為政者のせいにしたまま事がどう収まったのか関心も見せない様子とか、職業を継ぐことを軽視しながら財閥の相続は容認する態度、韓国の見栄っ張りな冠婚喪祭、大人になっても子ども扱いする親と、これを当然に思う子どもなどはじっくりと噛みしめる価値がある。

しかし、韓国のホームレスを見て「韓国人は独立心より依存心が強い」とか、韓国の食べ物に関して「ニンニクと唐辛子粉をマジェマジェしたゴミ」と低く評価して、韓国人の誤った性文化を指摘して、日本の性文化に関しては寛大に思う内容は、読む時に多少考慮する必要がある。


記事は、韓国に5年住んだ日本人が感じた韓国人の矛盾やご都合主義、ダブルスタンダードなどについて書かれた本の紹介なのですが、まさにここに書かれている様々な問題の根底にあるのが「ネロナムブル」です。


「自分は常に正しいのだから問題ないが、他人は間違っているのだから問題だ」彼らはこうした態度を日常的にとるため、態度に一貫性がなかったり結果的にダブルスタンダードな態度になったりするわけです。


そして注目すべきは、記事で「読んでいると顔が赤面して、頭がズキズキしてくる。知られたくない恥部を晒された印象だ。」と書かれている事です。


この文を読むと韓国人はこの問題を認識し自覚しているように見えます。


また以下の記事にあるように


韓国人、ともすれば「まず、あなたがちゃんとしろ」 東亜日報 November. 26, 2005


「ネロナムブル」という単語ができる10年以上も前から、彼らは韓国社会に存在するこうした問題を自覚していた事がわかりますし、以下の記事では


原則は妥協できない 東亜日報 September. 17, 2019


韓国人は物事の考え方に一貫性がないからこそ「韓国社会全体が「ネロナムブル(自分がやるとロマンス、他人がやると不倫という意)」に陥ったのは、このような姿勢が足りないからである。」と書かれています。


またこちらの記事を読んでもらうと


【中央時評】映画『パラサイト』と今年の四字成語=韓国 中央日報 2019.12.12
表蒼園・民主党議員、総選挙不出馬を宣言 東亜日報 October. 25, 2019


文政権の問題としてネロナムブルが指摘されており、そうした単語ができるほどなのですから当たり前といえば当たり前ですが、韓国社会においてネロナムブルの問題は深刻であり、多くの人が問題であると認識している事がわかります。


実際問題、日本でも話題となった「曺国(チョ・グク)前法務部長官」の件も、要するに権力者の不正を批判して政権についたのが文在寅大統領であり、曺国氏は韓国の司法制度を改革し不正をなくすことを訴えていたにも関わらず、彼自身が不正の温床であったことが発覚したからこそ「ネロナムブルだ」と問題になったという背景があります。


ここまでの話を総合すると、韓国人はダブルスタンダードな態度である「ネロナムブル」が韓国社会における社会問題であると自覚しているという事がわかります。


2:自覚がない


ここで疑問がわきます、ここまで社会問題として自覚がありながら、「なぜ同じことがずっと繰り返されるのか」という事です。


彼らは頻繁に社会の矛盾やチグハグでダブルスタンダードな態度を非難しているわけですから、日本人の感覚で考えると自覚があるなら問題は改善に向かうはずですし、韓国の事をあまりよく知らない日本人が「韓国人も変わってきているのだ、そんな変な人たちばかりではない」と発想するのは、実際問題そこまで不思議なことではありません。


しかし実際には以下のように


「韓国の独立活動家たちも生やしていたではないか」 口ひげ論争に悔しさ吐露するハリス大使 中央日報 2019.12.31


駐韓米国大使のハリス氏が口ひげを生やしていることを、韓国人たちが「口ひげは韓国人を侮辱するためにあえてはやしているのだ」「ハリス大使の口ひげが植民支配時期を思い出させる」と難癖をつけ、それに対してハリス氏から「韓国の独立活動家も口ひげを生やしていたが、これについては注目していないようだ」と反論されています。


典型的な韓国人のネロナムブルです。
なぜこうなるのかといえば、まずハリス氏はこの少し前に「文政権には親北の人々がたくさんいる」と発言しており、それが韓国内で話題となっていました。


これを文政権の支持者たちが「米国大使が文政権の劣等性の指摘をした」と認識したことが事の発端です。


以前も何度か説明したように、彼らはその独特の価値観によって、他者の劣等性から自己の正しさや正当性を見つけ出すという発想をします。

※独特の正しさの概念

彼らの正しさの概念は独特であり、根拠を必要としない。
また「この世には最初から一つの正しさが存在する」と考えられており、自分はその正しさを常に選択していると考える傾向にある。

そして正しさ同士がぶつかった場合には、(曲解でも捏造でもその件と全く関係なくともなんでもいいので)相手の劣等性を指摘する事でそれを自己の正しさの担保とする。

また相手の劣等性を指摘した時点で自身が指摘された問題は相手の問題にすり替わる。


youtube版
https://youtu.be/PvEa1FjkkEw


※蔑視ありきの自民族中心主義

韓国の自民族中心主義(エスノセントリズム)は非常に特殊であり、通常の自民族中心主義が自己の優越性の肥大化から異民族や異人種を蔑視するようになるのに対し、彼らの価値観では「他者を蔑視する事で自己の優越性を証明する」通常とは逆のプロセスになっている。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因


youtube版
https://youtu.be/StPglNFdHxE



そのため、とにかく曲解でもこじ付けでも難癖でも嘘でも何でもいいので、「ハリス大使の劣等性の指摘」をしようとして口ひげの件を持ち出し、それが韓国の独立運動家の口ひげの件とネロナムブルとなったわけです。


典型的な「自分は常に正しいのだから問題ないが、他人は間違っているのだから問題だ」という態度です。


また次の事例のように


中国の韓国ゲーム締め出し、韓中首脳会談で一言も触れずじまい 朝鮮日報 2019/12/29
1/3ページ) (2/3ページ) (3/3ページ


中国が韓国に配備された米軍のTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)の件での報復として韓国に対して様々な経済報復をしているのですが、その一環として韓国のゲームを3年近くにわたって締め出しているにもかかわらず、文政権は中国に対して明確な抗議をしていない事を批判する記事です。


これなのですが、日本に対してはそもそも実際の損害が出ていないにも関わらず、輸出優遇措置解除の件であれだけ大騒ぎして未だ猛抗議をしておきながら、中国に対しては実際に何年にもわたって損害が出ているにも関わらず、まともに抗議すらしないのです。


典型的なダブルスタンダードな態度です。


そして両者の事例とも、当人たちはこれが「ネロナムブルである」と一切自覚していません。


なぜそうなるかといえば、結局のところ韓国人の「ネロナムブルの指摘」には、「自己」が常に含まれていないからです。


彼らが「ネロナムブルだ」と批判するのは常にウリとナムの概念における「ナム」に対してなのです。

※ウリとナム

ウリ(自分達)ナム(それ以外)
自他の境界が非常に曖昧な概念であり、彼らはウリである場合自身と全く同じ正しさと感情を共有しており、「ナム」はそれ以外、或いは正しさを理解しない劣等な相手と認識される。
また、このウリの範囲はその時の都合で自身を中心に拡大縮小する。

韓国人独特の「ウリ」と「ナム」という概念


youtube版
https://youtu.be/Zk4XP6QbfEo


分かり易く書けば、ほとんどの事例で彼らのネロナムブルの指摘自体が「ネロナムブル」なのです。
なぜなら自分は常に正しいのだから、間違うのは常に他人のはずなのです。


その結果以下のようなことも発生します。


中国、韓国政府に「破虜湖」の名称変更を求める 朝鮮日報 2019/05/28


韓国が朝鮮戦争において中国軍を撃退した戦闘にちなんでつけたダム湖「破虜湖」の名称を、中国側が不快であるとして名称変更要求をしている件に関して、「韓民族の勝利の記録を中国側の思い通りに変えろというのだ。」と反発しています。


そのうえで、日本海呼称問題で「日本海という名称を東海に変更しろ」と要求している事には何一つ矛盾を感じていません。
自分達のやっている事が、本質的に中国のやっている事と同じであると理解できないのです。


自分は常に正しく、間違っているのは常に他者だからです。


3:日本人の錯誤


このように、彼らは「自分は常に正しいのだ」という前提、つまり何がどう正しいのかではなく、「自分のやることは常に正しいのだ」という前提で主観的に思考するため、ちぐはぐな態度や矛盾、ダブルスタンダードが発生します。


だから最初に紹介した韓国在住日本人の著書のように「陰口を叩くのが好きで、相手を感情的に非難する。そのくせ、世界で最も情が深いのは韓国人と言いながら、誇らしがる」という態度になるわけです。


そのうえで彼らは、ナムの矛盾やダブルスタンダード、つまり自己の利益と関係ないところや、あるいは自己に対して不利に働く矛盾やダブルスタンダードには敏感であり、それが「ネロナムブルの指摘」となるわけです。


ですから、最初の記事の感想部分「読んでいると顔が赤面して、頭がズキズキしてくる。知られたくない恥部を晒された印象だ」というのも、実際にはその中に自身は含まれていないのです。


単に「(自分を除いた)韓国人が問題だ」という意味なのです。


そして問題は、こうした背景はかなり慎重に長期間観察していないとわかり難いため、韓国人たちが「韓国社会のネロナムブルに嘆いている」と、それを見た日本人は「彼らは自省しているのだ」と勘違いしてしまうわけです。


とにかく日韓の友好ありきで思考する「日韓友好論者(韓国人が言うところの良心的日本人)の中には、こうした背景を持つ人々がかなりの数いるのではないでしょうか。


予備知識がなければ、韓国人による韓国人のネロナムブルの問題提起には、「自身も含まれているように見える」ため、「韓国人も日本人も価値観は変わらない」と錯誤してしまうといううわけです。


そして、今回はネロナムブルを例として出しましたが、おそらく他の様々な事例もこうした韓国社会における「客観的視点の希薄さ」からくる問題を起点とした「錯誤」が様々な事例で起きているのではないでしょうか。


もちろん、問題を理解したうえでイデオロギー的な動機などから意図して無視している人々も中にはいるでしょうが。



お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策




動画版マイリスト



番外編マイリスト




広告
他44件のコメントを表示
×
>>41
返事が遅くなってしまいましたが、そうすると過去記事や動画の「ウリとナム」で解説したように、「ウリとは自身と全く同じ考えを持っていると、主観で当人が思いこんだ相手の事」という内容で説明できるのではないでしょうか。

結局は主観の思い込みでしかなく、実際に当人の正しいと思う考えを他者が完全に受け入れているわけではないので、結局のところウリとは幻想や勘違いの類でしかなく、その矛盾を成り立たせているのが「徹底した序列社会である」という事です。

そのため、ウリ同士であっても実際には対立や批判が起きるが、当人の「かくあるべき姿」のなかではすべての「ウリ」が自身と同じ考えであるという事になっていると。
6ヶ月前
×
>>51
ご回答ありがとうございます。

>「ウリとは自身と全く同じ考えを持っていると、主観で当人が思いこんだ相手の事」

自身と全く同じ考えを持っていると思っていたが、「実は違う」上位者がいた場合、恨を溜め込んでその場は終わりというのが韓国流だということは重々承知します。下位者なら徹底的に叩くこと、ナムならそもそも同じ考えでないからそれ相応に敵対的に扱うことも。
ですから、私は主様の考えが間違っていると主張したいのではないことは、ここまでも述べたとおりです。

ウリは多義的な言葉です。だから「ウリだから許される」「ウリだから許されない」という説明が動画毎に別の意味で登場するのは、説明として不親切だというだただそれだけ指摘なんですけどね…。
6ヶ月前
×
>>52
それならば「ウリとは自身と全く同じ考えを持っていると、主観で当人が思いこんだ相手の事」としか説明のしようyがないですが。
6ヶ月前
×
弱者且つ被害者であるはずの韓国が日本に謝罪を求める(ここでは嘘が含まれていてもいい。敵でナムだから)

強者かつ加害者であるはずの日本が謝罪に応える

韓国は、日本が甲乙の立場において乙の立場であると認め、韓国の考えに同意する最底辺のウリになったと、解釈する。

韓国は、日本が最底辺のウリかつ乙の立場として、韓国に今後一切逆らうことが出来ないと勝手に考え、無理な要求や主張を追加で行う(忠誠心や信用の確認のため、甲の横暴で服従度合いを試して裏切らないか確認する)
韓国は弱者で被害者で甲だから日本に対して何をする必要もなく、日本は強者で加害者で乙なのだから韓国に対してできる事は多いはずだ。道徳的優位者として日本に対して精神的債権を保有できたのだ!利息を含めて取り立てよう。

しかし、日本は考えが違うと判明したり、韓国に同意同調しないことを表明する←日本が謝罪しない

韓国は、日本が韓国に嘘を付き騙し裏切ったと勝手に見なす。韓国を弱者かつ被害者に置き、日本を強者かつ加害者に置き、恨をためる。

騙した(に違いない)日本へは、裏切り嘘つき報復しても、韓国には正統性があるので、構わないと勝手に考える。

くらいの思考経緯なんですかねぇ。中国が朝鮮にやってきた事と大差がないけど。
6ヶ月前
×
…考えるだけ無駄かもな。
対ベトナムでの態度はまるで違うし、
「自身が弱者被害者で善で責任がなく、相手が加害者で悪で責任がある」
という「自利と責任転嫁」を得られる結論のために、
事実も名分も時系列も入れ替えるんだから…一つの自称、一つの事象だけで考えるのではなく、複数事象を取り集めて、共通点を抜き出して考えるのが妥当か。
韓国が主張する名分そのものには全く意味がない。同情を得られるかどうかの道具でしかない。
6ヶ月前
×
初心者さんはやっぱり勘違いしてる様子。
「ウリ」は多義的じゃないですよね。範囲が変わるだけで意味は変わってない。
もし範囲が変わる事を多義的だと言ってるのだとしたら、多義的の使い方間違えてます。

読み取るに、正当化される範囲が「ウリ」だと思ってません?
正当化されるのは結果であって、「ウリ」の意味として内包してないですよ。
「ウリ」は自己、それも自他の境界がゆるゆるな自己を示す言葉でしかないでしょう。
(これまでもそういう説明しかなかったと思いますが。。。)
そこを勘違いしてるから頓珍漢な主張になっているのでは?
6ヶ月前
×
確かに、「多義的」というのとはちょっと違いますね。
例えば英語のYes、Noも日本語では「はい」「いいえ」で大体の場合は訳せますが。
状況によっては、日本語の「いいえ」を「Yes」に訳さないといけない事もありますし。

これを以て、YesやNoが多義的かというと、そうではないです。あくまでもYesはYesという意味であり、NoはNoという意味でしかない。
これは、YesやNoとはそういうものなのだと理解するしかないです。

同様に、ウリやナムもそういうものだと理解する。また同時に、そう説明するしか無いと思います。
でなければ、例えばYesを「いいえ」と訳するのが適切な場合が混じっていたときに。『Yesがその時々で「はい」と「いいえ」で逆の意味で使われるのは不適切だ。』みたいな、訳の分からないことになります。
というか、b_hunterさんの主張はそれくらいに無理を感じます。
6ヶ月前
×
 小見出し2の15行目<指摘ををした」>衍字です。
 〃17行目<価値観から他者の劣等性から>「~から」という表現が連続しているので、読点や括弧で区切るとか、「価値観によって」などの表現にすると、より読み易くなると思います。
 〃30行目<猛抗議をしているにも関わらず>「関わらず」を含んだ前後の二文が対句の様な形になっているのでこの部分は「関わらず」にするべきではないと思います。例えば「猛抗議をしておきながら」などでしょうか。
 小見出し2の終わりから9行前<自分は常に正しいのだから、間違うのは常に他人のはずだからです。>「~だから~だから」とするのは特別な意図が無い限り好ましい表現では無い(「○○だから××、××なのは○○だから」など一つの結論に対して一つ)と思います。「自分は常に正しい(とする)ならば~」などが文章としては妥当ではないかと。
6ヶ月前
×
 タイトルも気になりますね。「認識(自覚)できるが、自省できない」とか、「○○できない」と何か言葉が欲しくなりますね。
 何かの矛盾ネタみたいな意図のあるものなら無視して下さい。
6ヶ月前
×
>>60
指摘ありがとうございます、修正しました。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。