韓国人とテコンドー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

韓国人とテコンドー

2021-01-10 01:01
  • 20

さて、本日は毎年恒例となった笑韓ネタ、今回は「テコンドー」についてです。

本日の投稿動画


YouTube版
https://youtu.be/yI_WF1D7HeQ

関連動画


YouTube版
https://youtu.be/fqFHPQtTllg

以下は動画のテキスト版。

注意
・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています

・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません

・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら
どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。

・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

・リクエストは原則受け付けていません

・引用ソースへのリンクが同時掲載のブロマガにあります

・毎週土曜日更新


大口
皆様


レイム マリサ 大口
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


大口
というわけで、新年からはちょっとずれてしまったけど、毎年恒例の「例の企画」をやっていくよ。


レイム
というか、4日にも動画投稿しているじゃない。


マリサ
あれは新年1発目とは思えないひどいオチの動画だったぜ。
だからむしろこっちで仕切り直しだぜ。


大口
ま、まあ「面白くはあった」でしょ?
というわけで、今回も笑韓ネタとお笑いマスコミグランプリをやっていくわけですが、編集時間の関係でお笑いマスコミグランプリは明日の投稿となります。
その点だけご了承ください。


大口
それじゃ本編始まります!


これは韓国と

歴史(友)とのあくなき戦いを描いた

果てしない物語(ストーリー)



テコンドーの実態


マリサ
それで、テコンドーってあのオリンピック競技のテコンドーか?


レイム
そうよ、韓国の国技となっている競技でもあるわね。



マリサ
私の記憶では「韓国発祥の競技」というにんしきだったが、それが違っているって事か?


レイム
それは違わないわよ。
問題は「いつ」「どのように」始まったかが韓国独特の「かくあるべき」によって歪曲されている事よ。


マリサ
なんかいまいちよくわからんな。
どういうことだ?


レイム
まずその前に、テコンドーって1970年代に内紛を起こしていて、国際団体が2つ存在するのね。
一つが国際テコンドー連盟 (ITF)で、もう一つが世界テコンドー連盟 (WT)という組織なんだけど、要するに韓国内の政治対立の結果なので、ここでは詳しくやらないわ。


マリサ
じゃあなんで紹介したんだ?


レイム
テコンドーの「歴史の新しさ」を知ってもらうためよ。


マリサ
というと?


レイム
テコンドーって北朝鮮にもあるわよね。
あれね、「伝統武術だから」あるのではなくて、この分裂の際にカナダに亡命した崔泓熙(チェ・ホンヒ)という人物によって1970年代に伝わったのよ。


マリサ
え?それまで北にはテコンドーがなかったって事か?
共産主義のあれこれで「滅ぼされた」とかじゃなくて。


レイム
どういうことかはこれを見てもらえばわかるわ

テコンドーが空手の影響を受けたのは事実
MOOTO 2001/03/07
http://web.archive.org/web/20060720153453/http://www.mooto.com/kor/webzine/news_view.asp?news_no=1105

- テコンドー初期長老たちは通常は空手功

3月6日、東亜日報の報道によると、国政広報処が韓国関連外国のサイトを調査した結果、韓国の情報がある外国のサイト654個を検索した結果、二重56.4%である369個の515件の誤った情報を見つけたという。この中で、私たちの関心を引くのは、テコンドー関連部分である。

国政広報処は、米国モンタナ大学の格闘技サイト(www.bstkd.com)がテコンドーの起源が日本の空手と紹介していると述べた。報道によると、国政広報処は、さらに、このサイトの運営者に誤った情報を是正するよう要求して関連資料を送るとする。

しかし、国政広報処のこのような措置は適切ではないだろう。なぜならテコンドーが空手の影響を受けたのは明らかな事実であるだけでなく、さらには、テコンドーが空手から派生した武術という主張をしても、これを根本的に否定することはできないからである。

青涛館創立者である李元国(イ・ウォングク)翁など、1940年代後半テコンドーを広めるために先頭に立った多くの元老たちが日本で空手を修練したこれらのというのは、すでに広く知られた事実である。まだこの事実を知らない人はこれに対して、もはや是非を言うべきではない。実際イウォングク翁は、日本の松涛館系譜に今もその名が登録されていることが知られている。

ソング無関係に立てたベテラン直翁も日本松涛館空手を修練したことが知られているが、自分が立てたソング無関係の「ソング」がまさに松涛館の「ソング」であることが知られている。イウォングクノット立て青涛館の「涛」もまた松涛館の「涛」だ。これは名前を明らかにしないとお願いしたテコンドー元老から直接聞いた話だ。この元老はテコンドーは空手の「イミテーション(imitation)」と述べた。

今は故人となった青涛館出身のオ・ジョンリム将軍は、記者との会話の中で「私は空手をしたし、後で崔泓熙将軍などが主軸になって名前を変えたことを意図」と話した。米国テコンドーの発展に大きな貢献をしたATAの高イヘンウン会長も、自分が最初に米国に行った時「コリアン空手」と自分の武術を紹介し教え、実際のテコンドーと空手の違いはなかったと証言した。これは、すべてテコンドーという武術がまったく存在しなかったが空手を学んだ人々が、解放後塗装を開いて空手の韓国の発音である「空手」を教え込むが、後で「テコンドー」という名前を書くようになったことを物語っている。

これガンウォンシクテコンドー新聞社社長とイギョンミョンチュンチョンデ教授が共同執筆した「テコンドー現代史」でもよく紹介されている。

フィンチ部屋龍仁大教授やキム・ヨンソン延世大講師、アンヨンギュハンチェデ教授なども一様にテコンドーが空手の影響を受けたという事実は認めなければならないという主張をしてき彼らの立場はかなり妥当性を認められている。ガンウォンシクテコンドー新聞社社長も自分が講義する大学院の授業でそう教えているということがある。

これらの主張の核心は、1945年以前に韓国に「テコンドー」という武術が存在しまっいかなる証拠もなく、現実的に初期テコンドー元老たちが皆空手修練育つことを見たとき、現在国技院、世界テコンドー連盟が採択している「2000年の歴史のテコンドー」という公式的な立場は、正しくないということである。だからフィンチ部屋教授は、かつて解放前の「テコンドー社」は「伝統武芸社」に修正しなければならないと主張している。

解放後にテコンドーを修練していた長老たちの話を聞いてみるとテコンドーの用語や技術などすべてが空手と変わらなかったという。いくつかの元老は、それが空手という事実も知ら学んだが、後でガソヤそれ空手と同じだということを知って驚いた話した。

もちろんテコンドーは50年の時間を経過して空手を「克服」してきた。独自のキックの技術を継続的に発展させてきた試合化部門では、オリンピックに正式種目に採用されるなど、注目したほどの成果を収めることもした。しかし、テコンドーが空手で出てきたのは明らかな事実である。これを否定するものでは「歴史を歪曲すること」である。すでにテコンドーは独自に自己のアイデンティティを確保し空手に気後れなくなるほど世界的に伝播された。そしてテコンドーの宗主国が韓国であることを否定する人は誰もいない。もはや「伝統コンプレックス」に陥っている必要がないということだ。

最後に、老婆心から追加ザラザラテコンドーと空手の関係の問題を論じるとき、数千年前の古代史はたち踊れやめようということだ。地政学的に見たとき、中国で韓半島を経て日本に文化が伝播したので、日本の事源流は、最終的にすべて私達がだの空手の源流が誕生した沖縄のような小さな島で騎馬姿勢が出てくるはずがないから、これ馬に乗って通っていた大陸で渡ったことを証明することがだのする言葉だ。これは全く別の説になるからである。


レイム
記事によると、テコンドーの元老である李元国(イ・ウォングク)と盧秉直(ノ・ピョンジク)が1940年代に日本の松涛館流に入門し、空手を学んだことがテコンドーの出発点で、李元国の設立した道場の「青涛館(せいとうかん)」は松涛館から来ているそうなのね。


レイム
更に、アメリカに進出した際も当初は「コリアン空手」と名乗っていたという告発まであり、「1945年以前に韓国に「テコンドー」という武術が存在したいかなる証拠もなく、現実的に初期テコンドー元老たちが皆空手修練者」と指摘しているわ。


マリサ
え?テコンドーって元々空手なのか?


レイム
そうよ。
それと、長すぎる文章の上にまとまりがないので、ここでは言及するだけにして同時掲載のブロマガにリンクを貼っておくけど、韓国の月刊誌「新東亜」の2002年4月号で、国技院副院長のイ・ジョンウという人物が


李鍾佑国技院副院長の「テコンドー過去」衝撃告白!
新東亜(韓国語) 2002年4月号
https://web.archive.org/web/20021002221325/http://www.donga.com/docs/magazine/new_donga/200204/nd2002040010.html


レイム
さっきの記事にあるようなことと共に、カナダに亡命した崔泓熙(チェ・ホンヒ)が軍人時代に韓国初代大統領の李承晩の前で空手の演武を行ったところ、李承晩から「それは韓国伝統のテッキョンか?」と聞かれ、「日本の武道である空手とは言えず、自らが創設した武道だ」と嘘をつき、そこからテコンドーとしての歴史が始まったと証言しているわ。


レイム
しかも「当時の民族的風潮」を考慮し、更に「歴史があるという事にした方が見栄えがいい」ということで、「原型は朝鮮伝統のテッキョン」という事にし、今回証言した李鍾佑(イ・ジョンウ)国技院副院長も過去に「テコンドーの原型はテッキョン」と書籍に書いていたそうよ。


マリサ
おいちょっと待て。
空手だって元は中国の武術だし、別に「空手から派生した格闘技」じゃだめなのか?


レイム
以前韓国の「外華内貧」について説明したでしょ?
彼らにとっては「中身よりも表面的な結果」の方が重要なのよ。


マリサ
なんだかなぁ。


レイム
そして現在の韓国では「李元国(イ・ウォングク)が幼少期にテッキョンを学び、その後日本で空手を学び、中国では功夫を修練した」「テッキョンは三国時代の花郎にまで遡る」等の話が広まっていて、世界テコンドー連盟 (WT)系の全日本テコンドー協会のページでは

テコンドーの成立
一般社団法人 全日本テコンドー協会
https://www.ajta.or.jp/taekwondo/history/

創始者である崔 泓熙(チェ・ホンヒ)氏が、朝鮮半島の古武術(テッキョンやスバック)や中国武術、そして崔氏が日本留学中に学んだ松涛館空手を基礎とし研究を重ね、独自の技術体系を確立。1955年にテコンドーと命名しました。

漢字では跆拳道と表記し、「跆」は“踏む・蹴る・跳ぶ”を意味し、「拳」は“拳(こぶし)で突く”こと、「道」は“正しき道を歩む精神”を意味します。

テコンドーの原形は、古くは高句麗時代の遺跡にある壁画に、その姿を見ることができます。


レイム
「創始者である崔泓熙(チェ・ホンヒ)氏が、朝鮮半島の古武術(テッキョンやスバック)や中国武術、そして崔氏が日本留学中に学んだ松涛館空手を基礎とし研究を重ね、独自の技術体系を確立。1955年にテコンドーと命名しました。」なんて書かれているわ。
ちなみに崔泓熙(チェ・ホンヒ)がテッキョンを学んだという客観的記録は一切ないし、「創始者である崔泓熙(チェ・ホンヒ)氏が」の実態はさっき説明した通りよ。


マリサ
んな無茶苦茶な…。
というか「壁画」ってなんだ?


レイム
それは現在の北朝鮮地域にある「高句麗古墳群」の中の安岳3号墳に描かれた手縛図と呼ばれるこの壁画の事よ。






マリサ
というか手縛ってなんだ?


レイム
中国の古い表現で「格闘技」って意味よ。
ちなみにこの壁画は「手縛図」という名称が当時から使われていたのではなく、現代の韓国人達が勝手にそう命名しただけで、本来は詳細不明よ。


マリサ
おいおい…。


テッキョンの真実


レイム
それでね、ここで重要となるのが「テッキョンとは何か」という事ね。


マリサ
ああ、それは一番気になってたぜ。
テッキョンってなんなんだ?


レイム
まず韓国文化財庁の説明を見ると

韓国文化財庁
https://megalodon.jp/2014-1210-0048-08/jpn.cha.go.kr/japanese/html/sub4/sub13.jsp

テッキョンは韓国伝統武術の一つであり、しなやかな動きで手足を素早く伸縮させる弾力により相手を制圧し、自らを防御する武術である。

高句麗の古墳壁画にはテッキョンの様子が描かれているので、三国時代からすでにテッキョンが行われていたことが分かる。高麗時代には武官の間で盛行し、発展した。朝鮮時代には大衆化し、武官のみならず一般の人々の間にも広まった。

テッキョンの修練
① 一人で学ぶ:基本姿勢、立つ姿勢(型、羽の動き、足と手の動き)、前に進む姿勢(羽の動き、手の動き、足の動き)
② 防御
③ 対決(テゴリ、キョヌムス)に分けることができる

テッキョンの特徴
第一に、手足と体の動きが筋肉の動きと一致し、柔軟で自然な動きの武術である。
第二に、テッキョンは音楽的で舞踊のようなリズミカルをもっているため、芸術性が高い。
第三に、攻撃よりは守備に重きを置き、足を多く動かす。

テッキョンは山河のようにしなやかに、まるで舞踊のように動き、一瞬、弾力的に体を動かすことによって攻防する。軒下の風鈴を鳴らし、消えていく風のように余裕をもって、軽く相手を制圧する。また、一つの攻防に固執せず、静止の姿勢を保つこともない。この武術は、相手を倒すためのものではなく、人を活かすための武道であり、精神修養の面を強調するという点において、格闘技とは異なる。
1983年に「重要無形文化財第76号」に国が指定・保護している。保有者は鄭景和(チョン・ギョンファ)であり、朴万燁(パク・マニョプ)とパク・ヒョスン が伝授教育助教として活動を行っている。また、テッキョンを伝授している韓国テッキョン協会では、テッキョンの原型を保存し、活発な普及活動を行っている。



レイム
韓国の伝統武術で「高句麗の古墳壁画にはテッキョンの様子が描かれているので、三国時代からすでにテッキョンが行われていたことが分かる」と説明されているのだけど、この壁画ってさっきの壁画の事よ。


マリサ
いやいやいやいや、あれ正体不明なんだろ?
というか、半裸の人物が両手を広げて向かい合っているだけの絵からなんでそこまでわかるんだよ。


レイム
さあ?


マリサ
おい!


レイム
知らないわよそんなの。
大体今の韓国では、文献に「手縛」等格闘技を連想する単語があると、それを全部テッキョンにこじつけてしまうから、いくらでも「テッキョンの歴史」を作り出せるのよ。
しかもこの絵を見て


レイム
19世紀に朝鮮で描かれた「大快図」という絵なのだけど、韓国の説明では上で向かい合っているのが韓国相撲の「シルム」で、下側で向かい合っているのが「テッキョン」だそうよ。


マリサ
そういう注釈がついているのか?


レイム
この絵に一切の注釈はないわ。


マリサ
おい、どこから突っ込めばいいんだよ!


レイム
そもそもこれ、双方が「別の競技をしている」という解釈自体相当無理があるわよね。
というかテッキョンって、そういう単語があっただけでそれが格闘技であったかどうか不明なうえに、それどころかテッキョンの現在明確に「テッキョンの事」と確認されている最も古い記録では、19世紀に「ソウル郊外での子供の遊び」として書かれているだけなのよ。
ちなみに、日本や中国の記録にもテッキョンやそれに類する朝鮮の格闘技の記録は一切ないわ。


マリサ
それが何をどうなったら格闘技でテコンドーの原型って事になるんだ?


レイム
さあ?


マリサ
わたしはどうしたらいいんだぜ。


レイム
わたしに聞かれても知らないわよ。
それでね、最初の方で「テコンドーの起源は三国時代(紀元前1世紀から紀元後7世紀頃)の花郎に遡る」としていたわよね。


マリサ
ああ、そういやなんかあったな。
ところでレイム、私は


レイム
それでね、これ「花郎軍事組織説」という、20世紀初頭に日本の歴史家池内宏、鮎貝房之進、三品彰英が主張した説がベースにあるのだけど、あまりにもこじ付けが過ぎるので今では韓国以外では誰も真に受けていないのね。


マリサ
おいレイム、せめて最後まで言わせるんd


レイム
そして花郎という単語が最初に書かれた記録を見ると

三国史記 新羅本紀

真興王三十七年〔五七六〕春はじめて源花を奉じた。はじめ君臣たちは人材を見わけることができないのを憂い、おおぜいの人たちを集めて遊ばせてその行儀を観察してからこれを登用しようとした。ついに美女ふたりを選別したがひとりは南毛といい他は俊貞といった。仲間が三百余名集まるとこのふたりの女はその美貌を争って相嫉妬した。俊貞は南毛を自分の家に誘って むりに酒を勧めて酔わしめ彼女をひきずって行って河水の中に投じて殺した。そのため俊貞は死刑にされ彼女の仲間たちは和を失って分散した。

その後 ふたたび美貌の男子を選び 化粧させたり着飾って花郎と名づけて優遇すると おおぜいの若者たちが雲のように集まってきた。あるいはたがいに道義を練磨し あるいはたがいに歌楽をもって楽しんだ。景色のよい山や川を訪ねて遊び楽しんで遠くとも行かない所はなかった。これによってそのひととなりの正邪を知ってそのうちからよい者を選んで朝廷に推挙した。それ故金大門の『花郎世紀』は「賢い補佐の臣と忠臣がここから育ち 良将と勇卒がここから生まれた」といっている。

崔致遠の『鸞郎碑序文』は「わが国には玄妙な道があり これを風流という。この教えを設けた源は『仙史』にくわしく述べてあるが 実にこれを三教を包含したもので多くの民衆に接してこれを教化した。かつ 家にあっては父母に孝行をつくし外に出でては国に忠誠をつくすというのが 魯の司寇の趣旨である。なにもしないことに安んじ言葉に現れない教えを行うというのが周の柱史の宗旨である。

もろもろの悪事はしないでもろもろの善行だけを君命にしたがって行うというのが笠乾太子の教化である」と書いてある。唐の令狐澄の『新羅国記』は「貴人の子弟で美しい者を選びだして 白粉をつけ飾りたてて名づけて花郎といいこの国の人たちはみな尊敬している」といっている。安弘法師が隋に行って仏法を修め 隋の僧 眦摩羅など ふたりの僧たちとともに帰ってきて稜伽勝鬘経と仏舎利を王に献上した。


レイム
元々大勢の人を集めて行儀を観察して選別し、2人の女性を(新羅の王が)登用したのだけど、互いに嫉妬して殺し合いをし始めたそうなのね。
そこで今度は「美貌の男子を選び」「化粧させたり着飾って花郎と名づけて、歌や観光でその人物の気品を審査し優秀な者を登用した」と書かれているのね。


マリサ
これ「軍事集団」なのか?


レイム
記録によると貴族の子弟から花郎になる人が多かったので、「女装貴族の互助会ではないか」と言われているわ。


マリサ
ちょっとまて、なんでそれが軍事集団ってことになるんだよ。


レイム
実は、花郎から軍人になったという記録のある人物が5人いて、それをもって「花郎は軍事集団でありテッキョンを修練していた」という話に飛躍したっぽいのよね。
ちなみに花郎は一時代に複数人選抜され、歴代の花郎の中から軍人になったのはこの5人だけ


斯多含(シタガン)
金庾信(キンユシン)
金令胤
官昌
金欽運


レイム
そのなかで軍人として具体的記録のある斯多含(シタガン)と金庾信(キンユシン)についてなのだけど、斯多含(シタガン)は「渋る王に従軍を願い出て、武官の地位を与えられて出陣した」と書かれていて、このことから花郎が軍人になることは「一般的ではなかった」事がわかるわ。
しかも斯多含(シタガン)の武功とされるものは「捕虜に寛容な扱いが賞賛された」というもので、戦功ではないのよ。


レイム
そして金庾信(キンユシン)についても、一応軍を指揮したという記録はあるけどそれは彼が34歳ころのことで、しかも「剣術を修めた」という記録がある事が証拠とされているけど、花郎が軍事集団ならなんでわざわざ「剣術を修めた」事を書くのかという矛盾があるのね。
しかも修めたという剣術は、今でいう「呪術」のようなのよ。


マリサ
魔法剣士か?
「魔法剣二刀流サンダガみだれうち」でオメガを倒すのか?


レイム
ハイハイ。
ちなみに、こうした一連の「嘘」はテコンドーが有名なこともあって世界的に広まっていて、韓国人は色々と「はぐらかす」事が多いわ。


マリサ
じゃあもう「テコンドーは空手から派生し独自進化した韓国独自の競技です」といえばいいじゃないか。
そこに何の問題があるんだよ。


レイム
韓国はもう「引っ込みがつかない」のよ。


マリサ
どういうことだ?


レイム
まずね、韓国でこの花郎武人説を広めたのは李承晩と朴正煕政権、つまり「政府主導」で既成事実化したという背景があるの。
その結果、韓国陸軍の精鋭部隊の事を「花郎部隊」と呼ぶようになったり、韓国陸軍士官学校の別称が「花郎台(ファランデ)」になったり、韓国武功勲章4等級の事を「花郎武功勲章」と呼ぶようになったの。


マリサ
つまり、テコンドーの原型が空手で、「花郎は女装貴族の互助会でテッキョンとまるで関係なし」と公式的に認めてしまうと、精鋭部隊出身の人や士官学校卒業者や国から勲章を授与された人たちの経歴が色々悲惨なことになると…。


レイム
そう、韓国って中国と同じで面子を何よりも重視する社会だから、こんなこと認めたら色々と大変なことになるから、もう後には引けず、更に「新たに気付いた人」も黙るしかないのよ。


マリサ
つまり、「王様の耳はロバの耳」状態って事か…。


レイム
そう。
何より、ここで最初の方で紹介した、テコンドーの実態を告発した李鍾佑(イ・ジョンウ)国技院副院長は、あの後テコンドー界から追放されてしまったしね。


マリサ
うわぁ…。


レイム
こうして、テコンドーの歴史の真相は「韓国内でのみ」闇に葬られたというわけね。


マリサ劇場


マリサ
レイム、ひらめいたぜ!


レイム
またなの?簡潔にまとめてさっさと終わらせてね。


マリサ
時代は今から600万年前、銀河系に君臨した二大勢力である「銀河帝国唐」と「スペース百済」の歴史に遡るぜ。


マリサ
当時超光速航行の技術を発明したスペース百済と銀河帝国唐は、瞬く間に銀河を二分する勢力となったわけだが、銀河帝国唐とスペース百済はしばしば銀河の覇権を争う戦争を起こし、そのさなかにスペース百済が「無重力下での格闘技術」として生み出したのが「宇宙テッキョン」だぜ。


マリサ
宇宙テッキョンでは、無重力下で打撃を与えても双方とも吹っ飛んで威力が相殺されてしまう問題を解決するため、腕は相手をつかむためのみに使用し、相手をしっかりとホールドした状態で打撃を与えるため、蹴りを主体とした格闘技として進化したぜ。


マリサ
またさらに、無重力下では軸足を作ることができないため威力を出しにくいことに注目、足にレーザーブレードを装着することで問題を解決したんだぜ。
なので今のテコンドーの試合も「クリーンヒット」よりも「ヒットさせること」に重点を置いているわけだ。
レーザーブレードなら蹴りに体重をかける必要はないしな。


マリサ
また無駄にピョンピョン飛び跳ねているように見えるのも、実際には無重力下での屋内戦闘では「全ての壁」を着地点にできるため、素早い跳躍が必要だったからで、無駄に見える全ての動きが実は「ゼロG戦闘」を目的としているんだぜ。


マリサ
こうして、銀河帝国唐との激しい戦いのさなかに生まれた宇宙テッキョンが現代に伝わり、今のテコンドーになったというわけだ。


レイム
マリサ、もう終わった?


マリサ
もうちょっと真剣に聞いて欲しいんだぜ。
私の力作なんだぜ。


レイム
そんなわけで今回の本編はここで終わるわ。


レイム マリサ
ご視聴ありがとうございました。


こうして、韓国人による強敵(歴史)(友)とのあくなき戦いは
これからも続いていくのであった。


大口
おつかれ~


マリサ
ところで、世間ではまた慰安婦問題で騒動が来ていたりしてあわただしいが、うp主はどうするんだ?


レイム
そういえば、慰安婦訴訟の判決が韓国で出たわね。


大口
それなんだけど、明日3本目を投稿とか不可能だから、一応次の土曜にその関係やる予定だよ。


マリサ
つまり、明日の投稿はちゃんと「お笑いマスコミグランプリ」をやれるんだな?
朝日さんの新ネタ披露がちゃんとできるんだな?


大口
まあ、よっぽどおかしなことが起きない限りはその予定になるね。
そんなわけで明日も動画を投稿するのでそちらもよろしく~。


レイム
それじゃあ今回はここで終わるわ。


レイム マリサ 大口
また明日~



お知らせ。
引用について
・個人の利用であれば「引用」の範囲での転載は自由にしてもらってかまいません、報告も必要ありません。
・企業・団体等の場合は必ず私の方へ事前連絡いただき、許可を取ってから行ってください。
・イデオロギー色の強い団体等に関しては、理由の如何に関わらず引用は「原則禁止」とさせていただきます。


人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事です、もしよかったらこちらもどうぞ。

韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
日本人の考える反日と韓国人の考える反日は違う
【韓国起源説】日本人の反論は韓国人に通じない
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
日韓問題(初心者向け)の方針について色々
【河野談話】韓国政府が自爆しました
フランスのJapan Expoから韓国がいなくならない原因
「Japan Expoに寄生しないで独自のコリアエキスポやればいいのに」→過去にやった事があります
韓国人の差別意識の特徴とタイの嫌韓
嫌韓の出発点、2002年日韓共催ワールドカップで何が起きたのか
嫌韓を「排外主義者=ネトウヨ」と考える人達に対する考察をしてみた
「韓国に対して謝罪すれば解決する」は大きな間違い
韓国視点から見たヘイトスピーチ
メアリー・スーとネトウヨ論
日韓問題とイデオロギー論争
韓国では異論が徹底的に排除される
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 前編
日韓問題基礎知識簡易版まとめ 後編
初心者でも解る韓国対策
韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?
【再現】2002年日韓ワールドカップ Public Viewing in 国立競技場


動画版マイリスト



番外編マイリスト





広告
他10件のコメントを表示
×
>>7
韓国相手はそれでいいと思いますが、
国際社会に対しては何れ分かるとかいう態度を取ると不味いので説明は必要だと思いますよ。
もっとも、今回は別ですが。なにせアメリカ巻き込んで最終的な解決とした条約ですし。

>>8
もうあるかどうかは知りませんが、韓国に対する優遇政策を全て無くすとか。
とりあえずサッサと出来そうな制裁(w と言うとそのくらいしか思い浮かばない。
1ヶ月前
×
>>9
>何をやってきているかを知れば、正直関わりたくないな・・・と大体の人は考えると思います。

「正直関わりたくないな」と考える人が増えることを願う一方です。ただ、「韓国め、クソ許せない。なんとかぎゃふんと言わせたい」みたいな韓国的思考の日本人が増えることは望みません。泥沼のLOSE-LOSEゲームの始まりだからです。
1ヶ月前
×
>>11
各国への説明、周知も必要ですが、より重要なことは、各国の民衆を日本の味方につけることです。
(このための手段として日本文化の普及、日本固有の質の高い製品を各国へ提供することなどが考えられますね)
また、各国にて、民意が正確に各国の議会、政府へ反映できるシステムとなることです。
そうすれば、日本への攻撃が事実上できなくなります。(恐らく現実もこれに近い)

ただし、いざという時のために武力(軍)は必要です。
日本人の能力の高さ、精神の気高さから言えば、まず間違いなく世界最高の軍になると思ってます。
その手始めとして、憲法改正が必須と考えます。

>>12
そのために重要なのが日本古来の価値観の復古(保守化)だと考えます。
神々を敬い、祖先を大事にし、他者を慈しみ、日本人である、という誇りを国民一人一人が持つことです。
私は日本人を信じています。
いずれにせよ、1/20以降、世界は変わっていくと思います。
1ヶ月前
×
>>11
>国際社会に対しては何れ分かるとかいう態度を取ると不味いので説明は必要だと思いますよ。

私は日本が対外的に説明を多くすべきだとする立場です。私がすべきでないとしているのは、感情的な制裁措置です。
もし、No.11の文章が私に対する反論として書かれているとしたら、何か誤解が有ったのだと思います。
1ヶ月前
×
>>13
>>重要なのが日本古来の価値観の復古(保守化)だと考えます。

大変恐縮ながら、私は日本の伝統がどうであるから、そこに立ち戻るべきみたいな考え方はあまり好まないです。
日本、韓国がそれぞれどんな伝統に有ろうと無かろうと人として正しい道は自ずと決まっています。
ドラゴンボールの孫悟空やワンピースのルフィの振る舞いが良い振る舞いであり、カイジの安藤や北斗の拳のジャギの振る舞いが悪い振る舞いなのです。

現在、日本人の方が孫悟空的な振る舞いを多く行い、韓国人の方がジャギ的な振る舞いを多くします。ただ、日本人であれ、韓国人であれ、ジャギ的な振る舞いをしないように生きるのが良いことだとしか思いません。
1ヶ月前
×
>>16
>>日本、韓国がそれぞれどんな伝統に有ろうと無かろうと人として正しい道は自ずと決まっています。
同意します。目指している先は同じ気がしていますが、表現内容で誤解を生んだみたいですね。
お手間をとらせてすみません。
1ヶ月前
×
No16に対して先程まで返信が有ったのに削除されてしまって残念です。

私が「日本、韓国がそれぞれどんな伝統に有ろうと無かろうと人として正しい道は自ずと決まっています。」と書いたのに対して、国家間の価値観の違いを無視した言説は危険だという指摘をもらっていたと記憶しています。

私が上記のように書いたのは、日本と韓国の文化的差異を踏まえた上で「敢えて」であったため、その意図を説明させてください。

日本では性善説がまあまあ通じる一方、欧米ではあまり通じず、中韓においてはほぼ通じません。そういった各国の特徴を踏まえないで外交方針などを立てるのは有ってはならないことです。

また、各国の文化によって美徳とされるものは微妙に異なったりします。イスラム圏では女性は肌の露出を最低限に抑えるのが美徳ですが、イスラムでない国においてはその美徳はあまり理解されません。
ただ、これは「善し」とされるもの自体が違う例と言えましょう。

しかし、韓国政府や韓国人がよく行う「ジャギ的言動」についてはどうでしょうか?韓国では孫悟空よりもジャギが善なる模範として尊ばれますか?
違います。韓国においても嘘は良くないこととされているのです。パラサイトは日本を含めた全世界でもてはやされましたが、それは嘘つき一家が結局その報いを受けるからだと思います。
あのままあの一家が金持ち一家を乗っ取ってめでたしめでたしだったら、韓国人も日本人もアメリカ人も皆、この映画をもてはやさなかったでしょう。

韓国は自らが考える美徳が「実践出来ていない」人たちが多く集まった国だと言えます。
そこをどうしても強調したかったというのが狙いです。
1ヶ月前
×
>>19
失礼しました。自分でコメントした後、内容に誤りがあったと考え削除しました。
入れ違いになり申し訳ないです。

ご意見はよく分かりましたし理解できます。
特に韓国に向けた部分として、世界的、公的な理解を得る事は可能だと思います。
1ヶ月前
×
保守・革新云々の事例なのですが、私のスタンスとしてはそうした考え方は「時代に合っていない」というものです。
どういうことかというと、こうした「色分け」は団結力を増すことには効果がありますが、それと同時に思考を限定し選択肢を狭めてしまうというデメリットがあります。

つまり、「保守だから」とか「革新だから」という「名前に縛られてしまう」わけです。
過去にはそれでもよかったかもしれませんが、今のように「誰でも広く発言ができ、誰でも広く情報を集められる」現代においては、自らの行動の選択肢を狭める行為は致命的な問題になりかねないからです。
なので私は「保守だから」という考えには一切賛同できません。

>>1
私もそれには同意です。
重要なのは、「国際法を大義名分」にする事であり、「大義名分が作り出せない」状況での制裁には反対です。
ただし、今現在できることもあり、以前も何度か言及していますが、日本は韓国に対してこれまで様々な「厚遇」をしており、更に「韓国だけの特例」のようなものもいくつもありますから、それを「一つずつはぎ取っていく」という手法は可能です。

例えば一連の輸出優遇解除の事例などが典型的でしょう。

また、これまで日本は韓国が国際的なトラブルに陥った場合などに「仲介者」として手助けしてきた背景があるため、それも一切取り払うのも効果があります。
恐らくですが、去年のニュージーランドの事例や今起きているイランの事例、また今月末に行われるアメリカでの「韓国による北朝鮮ビラ禁止法に対する聴聞会」などは、「日本が一切仲立ちしなかった」結果起きた事である可能性が高いです。

やり方はいくらでもあるわけです。
1ヶ月前
×
>>22
大口様ありがとうございます。

>「韓国だけの特例」のようなものもいくつもありますから、それを「一つずつはぎ取っていく」という手法は可能です。

おっしゃるとおり、日本政府には上記のようなのを常にやり続けてほしいなと感じます。

ただ、2019年の輸出管理の強化についてはあまりいいやり方をしていないと思います。マスコミの報道の仕方によっては、まるで日本が不当な圧力をかけているかのように受け取らせることが可能だからです。

新宿会計士さんがよく唱えていることではありますが、日本政府にはサイレント制裁的なものを徐々に実施してほしいなと考える次第です。

そして、日本に「派手な制裁で憎き韓国に一泡吹かせたい」的な考えを持つ人が少なくなり、政府が行うサイレント制裁の状況を淡々と確認し、小声で「よし」とつぶやく人が増えることを願います。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。