日韓問題(初心者向け)の方針について色々
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日韓問題(初心者向け)の方針について色々

2014-09-27 22:29
  • 24

さて、今回ももしかしたら荒れるかもしれない問題です。


以前「韓国人が日本人から嫌われる根本的原因」で書いたように、日本で嫌韓が発生した原因は韓国が国の方針として行っている異文化・異民族・異人種を蔑視することで自己の優越性を証明する、いわゆる「蔑視ありきの自民族中心主義」にある、と書きました。


そして、反日含め様々な問題がこれを根幹として発生しており、反日は所詮この問題の枝葉でしかないと、そうも書きました。


そのうえで、これは価値観やあり方の違いであって善悪や優劣の問題ではないと、彼らの常識と我々の常識が異なり、日本人には彼らの常識がどうやっても受け入れ難いものであるからこそ発生した問題であると、そういう事です。


しかし現状を見ていると、特に運営さんから動画のヘッドラインで紹介してもらった記事ほどコメント欄に善悪や優劣で韓国との価値観の違いを判断する人があまりにも多すぎます。
そしてそれは私の書いた記事に否定的な人にも同じ事が言えます、批判するのは勿論かまいませんが、結局のところその批判コメントを読んでいると「善悪や優劣」との観点から「韓国を悪く見ている・差別している」という前提でのコメントが大半で、正直一から全て説明するのが面倒なので大半が放置気味です。


これはある意味「日本人の尺度」で判断した結果なので仕方が無いといえば仕方がないのかもしれません、そもそも人は普通「自分の尺度・価値観」でしか物事の判断基準をもてないものですし、私自身日本人と韓国人の間にある決定的な価値観の違いというものに気付くまでは、韓国の行いを善悪や優劣で“なんとなく”判断していましたから、(かなり特殊な)予備知識が無ければある種の「主観的判断」をしてしまうのは必然とも言えます。


だから私は過去自分もそうであったからこそ、そういった意見を頭ごなしに否定したりその人の考えを根本から否定をするつもりは無いのですが、では仕方が無いからそれで良いのかといえばそうではなく、ここへ来た人はまず善悪や優劣と言う「自分の価値基準」をまず取り払って、そのうえで読んでほしいわけです。


ページ右上にあるこのブロマガの紹介欄で「韓国人が日本人から嫌われる根本的原因」を読む事を薦めているのもそういった趣旨からです。


そしてだからこそ、私が韓国の蔑視ありきの自民族中心主義をワシントンポストが行った世界各国の排他性調査の結果国際教育委員会による共生・調和能力をしめす社会的相互作用力指標の調査など、国際的な調査に基く情報から導き出しているので、一見するとこれが世界の常識としての価値観のように見えますが、結局のところこれは「多数派と少数派」という事でしかなく、この世に絶対普遍の価値観など存在せず、調査結果がこうだからと韓国人が間違っているとか劣っているわけではないと、そういう趣旨なのです。


そしてもう一つ。
継続してこのブロマガを読んでいただいている方なら薄々感付いている方も多いでしょうが、実際問題特に最近は私が批判したいのは韓国人じゃないんです。
韓国について書いている部分は要するに「違い」を理解してもらうためのものに過ぎません。


では何を批判しているのかと言えば、大抵文末に「韓国の実情や社会的背景を知ろうとしないまま上辺の友好を訴える日本人」への批判があるわけですが、私が最も批判したいのはこの人達なのです。
結局のところ、そこに至るまでの長々とした文章や引用はそこに至るまでの前置きです、本来そういったものは省いても良いのかもしれません。


しかし、まずここが「初心者向け」としている事から、「読む人は問題に対する知識がない」という前提で書かなければいけないこと、またこと韓国問題になるととにかく差別問題につなげたがる人がいるので、余計な議論をしないで済むようにするために、どうしても長々とした引用が必要になるというわけです。


ですから、上記の前提を了解してもらっているのならば、極端な話最後の10行くらいを読んで貰えばそれで事足りるとも言えます。


最後に、では問題の解決法とは何かという事になります。
これに関してはぶっちゃけて書いてしまうと「根本的な解決法は無い」としか書けません。
「ここまで書いておいてそんな無責任な」と感じる方もいるかもしれませんが、少なくとも私はこの問題に関する解決法というものが一切思いつきません。


なぜか。
それは結局のところ、この韓国の蔑視ありきの自民族中心主義を見なかったことにして関わればより日韓の対立は価値観の相違から深刻化していくだけですし、かといって「韓国人の価値観は間違っている」としてそれを正そうとすれば、それは結局「自己の絶対的正義を疑わず他国に自身の価値観を押し付ける韓国人」と本質的に同じになってしまうからです。


具体的に書けば、たとえば日本海呼称問題、あれは韓国人が世界中の国に「日本海と言う名称は間違いだ、東海に変えろ」と、自分本位の価値観の押し付けを行っていますよね、結局は韓国人に「あなた方の価値観は間違っている」と指摘することは本質的にこれと同じ事なのです。
だから彼ら自身が変わろうと努力するなら別ですが、現状そういった意識は韓国に全く存在しないのですから、根本的解決など無理という事になるわけです。


だから結局、「韓国とは近くて遠い国のまま必要最低限の交流にとどめるべき」という、消極的な解決法を度々書いていると、そんなわけです。
これが「日韓問題(初心者向け)」というブロマガの基本方針となります。


今回は以上です。



広告
他14件のコメントを表示
×
>>3
呉善花さんの著書にあるのですが、
韓国人は絶対的な価値観があるという前提を持っている為
それ(自分達の価値観)以外を間違いとみなして認めないのだ、と。
あるのかもしれない、ではなくあると確信しているがゆえに
我々との間で齟齬が起きるのだそうです。
59ヶ月前
×
ここまで価値観の違う人種との付き合い・・・
これほど難しいものはないですね。
仮に日本が最低限の交流にとどめようとしても、韓国側からすり寄ってくる。
そして、国内の所謂「良心的日本人」が内部からそれに関わろうと仕向ける。
外からも内からも責められる訳で結局逃げ場がなく相手をしなきゃならなくなる。
こんなに理不尽なことはないと思う。
59ヶ月前
×
価値観がどうとか交流がどうとかの前に、もっとシンプルに考えましょうよ。
韓国人の生態はウイルスとよく似ています。日本は現在風邪をひいてしまってるんですね。
そう考えると、「韓国とは近くて遠い国のまま必要最低限の交流にとどめるべき」という発想は、うがいや手洗いといった風邪の予防策でしかないんですよね。
風邪を治すのは、体内のウイルスを退治する人間の免疫システムです。国家でいうと公安や法整備になるでしょうか。
それらを今現在のものから見直して、不貞な韓国人や反体制日本人を国内から退治できるものにしていかないと、この国か侵されている病は半永久的に完治しないと思います。
59ヶ月前
×
>>14
勿論、それができればそれにこしたことはないんですが。
以前別のところでも書きましたが、何をするにしても現状は知名度が低すぎるんです。
出版社も商売ですから、定期的な購読者が少なく、どれだけ売れるか解らないようなものを出版する博打紛いの事はしたくないでしょうし。
59ヶ月前
×
>>17
ウィルスはよく言われますね。生態は寄生に近い様でいて、特に播種する事もなく宿主を死に至らしめる点があまりに非生物的で、地球外生命体の疑いもあるとか言われますよね(笑)
日本の場合、癌の様に患部を切除してしまうのが乱暴でも一番手っ取り早いでしょうけど(笑)

反体制だと民主党の様な政党が政権を取った時まともな人間が排除されてしまうのでは…。体制に反対する思想も思想・信条の自由ですよ。
反日本国等の方が良いのでは?

あと、単純化すると、記事にもある通り「差別ガー」になるから記事主さんはちゃんと説明しているのだと思いますよ
59ヶ月前
×
>>13
確かに行動を批判は出来るでしょうし、必要でもあるのは私も同意見です。しかし、あくまで今記事で批判している対象が明確にされた以上、「韓国の利する日本人」について言うべきではないし、私個人の考えでは「したところで意味がない」です。何故なら、あえてそういうことをすることで自分にも利益があるからこそ、その人はやっているわけです。その人を批判したところで改心して止めると思いますか?法律に触れてない以上止める筈がない。だったら、韓国のことを知らない人に説明して、納得させた上で個々人に判断させるべきです。
記事主さん、数度の長文失礼しました。
59ヶ月前
×
>>20
>>13だと分かりづらかったようなので、簡潔に言いますね。

我々が批判したところで「韓国を利する日本人」はその行動を止めない、とは私も思います。
しかし、そういう人たちを批判したり、こういう場所でそういう人の存在をはっきり示すことで、初心者の方、或いは「実情を知ろうとせず友好を謳う日本人」が見たときに、気づきや自分で調るモチベーションのきっかけになるのでは、と思います。
59ヶ月前
×
>>21
ただ問題は、あまり直接的な事を書くと先鋭化する人がいることなんです。
だから常に、「先鋭化する人」「極端に走る人」も出てくる“かもしれない”とういう前提で、表現に注意しないといけないんです。
ただでさえ、「自分の伝えたいことが相手にそのまま伝わるとは限らない」ので。
まあこれは私の文章力や表現力の問題でしょうけど…

結局、そういった先鋭化は現状マイナスにしか働きませんから。
59ヶ月前
×
>>22
そこに関しては容赦はいらないよ。
ここであなたが言ってるとおり、「価値観の違いは分かり合えないこともある」んだから、そういう人たちが発生してしまうのも仕方ない。
各記事を見た後にどうあるべきかを判断するのは受け手の問題。沢山の引用を使って誤解を防ごうとする方針だけで十分。
59ヶ月前
×
書籍化ですか。

今、いくつかの事例で成功を見てるクラウドファンディングなどであれば書籍にはできるんでしょうが、
それだとほしい人にだけ届く本になってしまいますね。
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。