大相撲「不祥事」場所、大一番。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大相撲「不祥事」場所、大一番。

2018-12-06 18:49
    もう題名の通りではありますが。

    えー、2回目の投稿で相撲に関して書くとはこの海のリハクの眼をもってしても云々。
    意見には個人差があるという前提で読む人はご容赦ください。

    なにやら貴ノ岩が付け人に暴行を起こした、と。
    そういった内容を聞いたけれど、加害者が被害者に、とかなんとか。

    自分は当事者でもないし詳しい事情も知らない。
    あっても都合の悪い情報なんて出てこないだろうし。

    ただ、個人的な意見を言うなら「相撲協会が下手を打った」と言いたい。
    相撲協会が暴行に関して、再発防止の取り組みをしてた云々という話は出てるが、それがどの程度の物なのか分からない以上、結局「誰が」というより「また」起きたという現状は、相撲協会の指導力や管理体制、対応力といった点の脆弱性が浮き彫りになったと言わざるを得ない。

    そも、貴ノ岩はあの日馬富士から暴行を受けた被害者で、その後も親方の引退や部屋の解散に移籍と、心身にトラブルの種があるのは予想できたでしょうに。
    相撲協会は貴ノ岩に、しっかりとメンタルケア諸々の手配や、事前の目配りを十全に行えていたのか?
    そういった疑問がどうしてもある。
    もちろん暴行した人間が一番の問題だとしても、以前の事件から今回の事件までの、相撲協会の動きや対応を見るに、予防措置といえる行動は期待できないと思う。

    上記したように、相撲協会の現状は、組織として脆弱であると考える。
    力士達の不祥事を防げない、指導・管理能力の不足。
    貴乃花元親方という一代年寄の離職を防げない運営基盤。
    つついてあげればうんざりする問題の多さ。
    普通に考えてアカンと思う。

    個人的に相撲は好きなのですよ。
    武道の王道とまで呼ばれ、「押さば押せ、引かば押せ」と言われる基本理念。
    必要以上に相手を傷つけず、しかして相撲特有の手練手管と技量と駆け引き。
    一瞬で勝負が決まる、でもその10秒~1分くらいの間の濃密なやり取り。
    面白いに決まってる。

    で、そんな大相撲の現状は、もう惨憺たるスキャンダルの嵐。
    結局改善も改革も出来ていない惨状を表してしまった、という訳ですなぁ。

    まぁ貴ノ岩に関しては、これからまたマスコミを中心にあれこれ騒がれるだろうけど、現状は言った通り。
    相撲協会が下手こいてる、と。
    今回の貴ノ岩に対し、どういった対処をするかで、上記の部分が証明されるか訂正されるかが分かる訳で。
    また、しばらくは様子見ですね。

    純粋に相撲を見て楽しめる様に早くなってもらいたい。
    お願いしますよ、本当に。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。