慰安婦をなぜ映画にした
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

慰安婦をなぜ映画にした

2019-10-30 17:40
    もう、いい加減日本人の堪忍袋の緒は細切れであろう日韓問題。

    その先鋒が慰安婦(個人的にはこの単語が一発で変換できる時点で腹が立つ)問題。

    今回、慰安婦問題にケリを付けるとまで豪語した予告まで出している映画「主戦場」が、上演中止の事態と相成った。

    理由は出演者が「上映差し止めを求め、訴訟を起こしている」事が大体の理由。

    訴訟の理由は、出演者の意図した意見等を編集された事等による名誉棄損。

    大変真っ当な理由である。
    なにせ(自称)ドキュメンタリー映画で、識者の対談、質問形式というものである。
    出演者の意見を編集するのは、その映画の形式と趣旨に反する。
    識者の意見に識者が責任を持つ形式だ。
    しかし、その意見を偏向されれば、その意見の責任を識者が持つという形式も崩れる。
    しかも、この取材や撮影に関しては、上映の了解を出演者から得ていない、とまで言われている。
    上映できる段階に無い、と判断するのは妥当ではなかろうか。

    多少見やすくするために手を加えるくらいなら良いとしても、意図を偏向させる編集を行うのは、出演者への無礼であり、ドキュメンタリーではなくプロパガンダやアジテーションになってしまう。
    過激な思想や価値観を持った人間の暴走を危惧する理由は揃っている。

    で、今回の問題としてはそこじゃない。
    この映画を上映すべきと主張する、一部の映画関係者にある。

    是枝裕和監督、まぁ名前くらいは自分も聞いたことがある。
    俳優の井浦新という人も、一緒に発言している。(以下引用)
    主張は「主催者としてあるまじき判断で、作り手への敬意を欠いている。どういう善後策を取れるか考えてほしい」
    「都合が悪いから上映を中止するという考えは映画を楽しむ人も作り手も自由を奪われる危険な行為だ」
    「上映に伴うリスクは主催者だけでなく映画祭を作るみんなで背負うものだ。まだ何も起きていないのに行政の懸念だけで上映が取りやめになるのは言語道断だ。川崎市は懸念を表明するのではなく、共催者として懸念を払拭(ふっしょく)するために行動するべきだった」

    とのこと。

    いちいち突っ込むのが面倒なくらい、ツッコミどころしかない。
    ・作り手への敬意「出演者、視聴者、上演者への敬意は?」
    ・都合が悪いから上映を中止する「当たり前では?」
    ・映画を楽しむ人も作り手も自由を奪われる危険な行為だ「視聴者や出演者、上演者を危険に晒す事を正当化する理由にはならないのでは?」
    ・リスクは主催者だけでなく映画祭を作るみんなで背負うもの「それは関係者全員が理解と納得出来ている事が前提なのでは?」
    ・何も起きていないのに行政の懸念だけで上映が取りやめになるのは言語道断「起きてからじゃ遅いし起きた場合誰か責任とれるの?」
    ・共催者として懸念を払拭するために行動するべき「だから出演者の訴訟等といった問題の清算を待つなり、相応しい場所や人間に視聴を限るなり検討した結果じゃないの?」

    どうなの?

    上記の主張は、基本的に個人的な見解に拠っていて、問題の解決に関して繋がっていないという事を自覚できていない、と自分は考えている。(個人の感想です)
    要は「視聴者を危険に晒しても、出演者の尊厳を踏みにじっても、上映は行われるべき」と言っている訳ですな。

    危機意識が足りない上に無責任と言わせて頂きたい。

    題材が慰安婦問題な訳で。
    国家間の話し合いでも解決できてない問題で。
    多くのトラブルが現在進行形で起きてる内容、と。
    慎重に対応をするのは当然でしょう。

    で、ここでタイトルに戻る。
    この様に、上映も碌にしてない時点ですでに問題が起きている(ネット上でのあれこれを見るなら氷山の一角どころではない)訳で。
    慰安婦問題を映画にするべきでは無い、と思う。(下手すればまた攻撃材料の槍玉に上がりかねない)
    資料に基づき、事実を確認するのみに留める。

    日韓問題の多くは本当にもう、調べれば調べるほど、知れば知るほどうんざりとする過去と現状である。
    民間レベルでの~云々という段階はとうに過ぎ去っていると考え、国際裁判に出てこない相手に対し、粛々と対応すべきである(個人の意見です)。

    比較対象にライダイハン問題を出す人も居るが、自分は朝鮮進駐軍の問題を挙げたい。
    日本は一貫して被害者とさえ言えるレベルなので。

    今回は内容が内容なので、色々とわき道に逸れ気味だったが、文章の体裁を気にしなければこんなものかと思う。
    本当にこれらの問題はなー。
    淡々と書ける人を尊敬する。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。