お疲れ様安倍総理、に噛みついた「石垣のりこ」という喧嘩押し売りマシーン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

お疲れ様安倍総理、に噛みついた「石垣のりこ」という喧嘩押し売りマシーン

2020-08-30 12:01
    この度、長期政権記録を塗り替えるまで任期を務めた安倍総理が、病状の悪化と、それに伴う政治能力の低下を考慮し、辞任という形に。

    まずは、お疲れさまでした、個人的に一言。

    旧民主党政権時代の負の遺産と戦い、日経平均株価が8000円台だった頃を乗り越え、円高問題に関連する経済立て直しに尽力し、その他色々な政策を、数多くの災害で足踏みや後退を余儀なくされつつ、それでもコロナ騒動までは一定の安定を見せ、外交に関しても、諸外国からの評価は高く、隣国との数多くの問題を、認識という最初の一歩に持っていくなど、私個人としては優秀な総理の辞任を残念に思っております。(安倍総理の功績の功罪云々に関してはこれ以上長くなると蛇足なので、今回は割愛とさせて頂きます)

    で、本題。

    現在絶賛叩かれまくりの「石垣のりこ」参議院議員。
    ご存知の方は、ああ、またか。といった評価でしょうこの方。
    以前からあちこちに噛みついて、自身の主張を正当とする悪癖がありましたが、今回の発言に関しては個人的にちょっと看過できない意見だったので、今回記事にする事にしました。

    結論から言えば、病気関連の人間全方位に喧嘩売ってる訳です、この人。

    ちょっと考えてみましょう?

    現在、日本で年間何人が病気で職を辞するのか?
    病気が原因で就職が出来ない、働けない人間がどれほどいるのか?
    更に、そういった人達を治療する医療従事者の存在と、就職支援をする団体等々。
    そういった人達に「危機管理能力の無い人物」とか、「医療責任、復職責任」を問うべきとか、そういう事言ってるようなもんです。
    さすがにカチンと来ました。

    いまだに「うつは根性で治せる、精神力が弱い!」という理屈振り回してるようなもんです。
    政治家として以前に、一般常識とかの部分から駄目でしょう。
    しかも、一国の総理で難病指定の人があれだけ頑張って、こういうこと言えるあたり、政治家としては駄目でしょう。
    というのが個人的な意見ですね。

    そりゃ個人の主義主張、党としての方針、諸々で安倍総理への何らかの負の感情や認識が有ったとしても「それはそれ、これはこれ」と、きちんと切り替え、使い分ける政治力が無い事を露呈しちゃったなぁ、って。

    で、私も病気関連に関して色々ある立場であったため、今回この「石垣のりこ」参議院議員という病人軽視の喧嘩売ってる人間に対して、意見させて頂く運びとなりました。

    政治関連の話とかまで言い出すとキリが無いし長くなるので、とりあえずここらへんで区切らせて頂こうと思います。
    もうちょっと、色々配慮できないもんですかね・・・。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。