ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

《約束》についてもにゃもにゃと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

《約束》についてもにゃもにゃと

2015-02-28 23:36
    おはこんばんちは。
    諸々と落ち着いてきましたので、少しだけだぁらだらと書いていきます。


    ↑これの動画編集作業を担当致しました。
    ので動画作成の視点からちょっとお時間いただきます。

    この記事を書き始めたころには35,000に行くか行かないかという頃ですね
    なにそれ、怖い!
    それと同時に実感がないというのも事実なんですよねー。

    千早誕に合わせてやろう!ってなった経緯とこぼれ話はコチラからどうぞ。

    録音し終えて色々な意味で「ヤバイ」と思ったんですが、

    何がやばいって
    1:録音した音源が録音時での「渾身」の1曲となったこと
    2:動画の構想とそれに関連した依頼がほぼ出来ていなかったこと
    3:動画upまでに動画の素材がそろうかどうか言う日程
      (各担当がお仕事であったり修論であったりバタバタとしておりました)

    最初はイラストメインで動画を構成しようと思っていたのですが、
    イラスト担当が作業時間が一番大変なことになるのと、
    折角実写撮ったのでどんな雰囲気か感じてもらいたかった
    (再生数が実写の方が伸びやすいんだよねーと聞いたからでは……)
    それと編集技術がないもので、下手にいじくりまわすよりも、
    そのままをお届けする方が良いだろうという考えもありました。
    一番は期限までに実現可能な最大限効果的な手段をとる!
    を実行しただけなのですがね。

    そんなこんなで動画作成班(自分とイラスト担当と音源担当)による会議を行い、
    今のような形にするという意思統一と確認が行われたのでした。

    そこから動画作成について悩み
    いただいた素材
    ・録画した動画(右・左と1つずつ)
    ・イラスト
    ・音源
    さてとどうお料理するのが一番おいしく仕上がるのか……

    コンセプトとしては音源を聞いてもらうという事が一番なので
    最初からビットレートは音源全振りと決まっていました。
    画質が……とかコメントありましたが、そういうことです。
    そもそも高画質を謳って、見てもらおうという事ではなく、
    聞いてほしいのですから、実写動画はメインではありません。
    メインではないですが、視覚情報というものも動画ですから蔑ろにはできないのです。
    それでも、見る方に集中して聞く方が疎かになる動画は作りたくなかった。
    それ故に、見るだけでは単調とも思える編集になりました。

    一番悩んだのがイラストの使い方。
    ごちゃごちゃと色々と考えましたが、
    一番最初に浮かんだシンプルな形としました。
    誰でも思い浮かぶ場所ですねw奇を衒う必要はないのでこれでいいのでしょう。
    イラストをご覧になりたい方はコチラから

    カメラのスイッチのタイミングですが、
    基本的には主旋律を歌っているパートが写っています。
    一部「b」のために違うところもありますがw
    下手にバーン!とかドーン!とかしても雰囲気違うしグシャっとしてしまうので
    一番シンプルに。

    動画担当するのはとてもプレッシャーでねぇ、
    技術とセンスがないので、出来上がってきた素晴らしいものを
    台無しにしてしまうのではないかと、
    仕上げて納品して、再生数が自分の実感できないくらいになっておる今でも
    動画の仕上げ方がこれでよかったのかという葛藤は正直あります。
    万人に文句ない!と言わせるものはないと思っているけど
    出来るだけ多くの人に8分無駄にしたと思わせない作りにはしたいと思っているので
    終わりない悩みなのでしょうね。

    とは言ってもネタを仕込みたい病は不治の病なので
    フォントサイズを72にしたり文字の縁色をRGB(25,25,72)ニコニコ72とかにしてみたり
    そんなの誰も気がつかねーよwというところでは遊んでいます。


    これからはコメントについてちょっとだけ

    服装についてコメントが多くてビックリしてるんですが
    あくまで練習会で歌いやすい恰好で録音しているからです。
    衣装揃えて歌っている様子をご覧になりたい方は

    コチラから第1回演奏会の様子をご覧ください。
    スーツに担当色のネクタイしてますから!

    ピアノについては……
    アイマス合唱部ではピアニストを
    大募集しております!!!!!


    「b」
    いい笑顔でしょw編集している間も毎回こっちまで笑顔になってしまう。
    狙い通りといえば狙い通りなのですが、
    ここまで反応していただけるとは思ってなかったですw

    お褒めいただいたり合唱に少しでも興味持っていただけたなら
    とてもうれしいし感謝です。ありがとうございます。



    んじゃ、ここから歌っている方の視点から

    正直、その当時は、「約束」を披露してよいレベルまでに詰めることをこの短期間で無理。
    と思っていました。
    結果は動画でご確認ください。

    これだけの短時間でできたことは
    録音に参加した全員が乗ったわけではないですが、
    昨年やらせていただいた第1回演奏会が大きいと思います。
    演奏会前はぎゅうぎゅうに練習詰め込んだからねぇw
    加えて全員が「約束」の背景や楽曲の持つ意味などを最初から理解していたこと
    これは大きいと思います。
    ただその思いや理解はそれぞれ異なるので、表現をする際には合わせる必要がありました。
    各々で話をしてみたり、「約束」制作当時の裏話の乗ったムックを持参して回し読みしたり
    そして実際に練習してそれぞれの歌い方を聞いて寄せて行ったり、
    指揮者の提案(指示とはあえて言いません)に合わせてみたり。
    普通であれば長い時間かかりそうなものが、今回はみんなの集中力と意識が段違いでしたね。

    20話にしても9th東京2日目にしても
    思い出すだけで涙腺が崩壊しそうなのにもかかわらず
    演奏会の客演ステージで「約束」をやらかしてくれて
    ただでさえ浮き足立っている心をかき乱すは演奏会を持っていくはで
    シュビさんは未だに許していませんので。
    という、思いで補正までかかり、感情を込めすぎると泣くので、
    自分の感情はひっこめつつ、千早へ優しく手を差し伸べるように
    一緒に歩こうと前を向いてほしい気持ちを伝えるように。
    よくもまぁ録音時泣かなかったなぁというのは今でも思います。
    ある意味では演奏会本番よりも集中していたかもしれません。

    私はbassで歌ってたわけですが、
    重くなり過ぎないようにという気持ちで歌っていました。
    前を向くこと 歩いて行こう 歌って行こう
    というのですから、下ばっかり向いていないで顔をあげて前を向いて
    どん底から上がるだけなのです。
    録音を行った第41回練習会は
    最初どん底にいるかのようにみんな緊張してガチガチでした。
    空気が明らかに違う。程よい緊張を通り越して重い。
    それは誰もが感じてはいたようで、鬼門をどうするかとなっていたtopは特に。
    ふだんの空気はこんな感じですよ。

    それを指揮者の
    「今日はアイマス愛がたりなくないですか」
    ってこの一言すごい強烈で、そこから空気も変わってきたからねぇ
    topに向けての言葉だったんだけど、みんなそれそれ感じるところはあったのでしょう。
    そこからは緊張感から重さが取れていい雰囲気になり、
    あの録音となりました。
    技術的には私は言えることはないです!
    アイマス合唱部に参加してから合唱を始めたような人間なので。

    長くなってきたのでこのくらいでいいかなー。
    書くの疲れましたわー。
    誰かほかの人も、自分のブロマガや合唱部公式ブロマガで色々と書かないかなー。
    楽しみに待ってるんだけどなー。

    最後に、
    改めまして多くの再生、コメント、マイリスト、広告ありがとうございます。

    アイマス合唱部@関東、@関西にご興味持たれた方
    練習会に参加・見学をお気軽にどうぞ!
    雰囲気はまこぺろ寄りの真面目時は約束みたいな感じです。
    なので両方なんども動画ご視聴いただいて雰囲気を確認していただけると
    参加・見学してからちょっと違うなぁ・・・は起きにくいかと。

    はたまた関東も関西も遠いけど、
    名古屋とか博多とか仙台とか札幌とかとか立ち上げてやるよ!!というのも応援致します!

    その他お問い合わせご用命などは公式アカウントまで。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。