ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

fhána メジャーデビュー1周年 おめでとうございます!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

fhána メジャーデビュー1周年 おめでとうございます!!

2014-08-21 00:00
    本日8/21fhánaメジャーデビュー記念日!

    ということで、fhánaの1周年に寄せていろいろ書いてこうかなと
    よかったら長文お付き合いください

    最初にfhánaを知ったのは
    「有頂天家族」ED
    「ケセラセラ」


    ポップセンスあふれるメロディと
    透明感の中にクセのある歌声が
    自分の音楽の琴線に触れました。
    ただ、このときはあくまで注目のバンドが出てきたなくらいの感覚。

    「ぎんぎつね」OP
    「Tiny lamp」


    今後も注目せざるを得ないことを確信しました。
    「ケセラセラ」とは異なった
    疾走感あふれるメロディが
    伸びやかなボーカルと重なり、
    なんとも聴き心地のよい曲に仕上がっていました

    そもそもfhánaというグループは
    かつてバンドとしてデビューしていた
    佐藤純さん
    ボカロ曲をニコ動にアップしてた
    yuxuki wagaさん
    そしてネットでエレクトロユニットとして活動していた
    kevinさん
    という世代の異なる3人の
    サウンド・プロデューサーにより結成され、
    自主制作盤の制作を経て
    towanaさんという女性ボーカルが加わったユニット

    そんな、fhánaというグループの
    名刺代わりともいえる曲が
    「ウィッチクラフトワークス」OP
    「divine intervention」


    デジタルサウンドとバンドサウンドが
    見事に融合しており現時点での
    fhánaの個人的最強曲
    完全にドはまりしましたねw

    この曲からの
    「ぼくらはみんな河合荘」OP
    「いつかのいくつかの、きみとのせかい」


    では、これまでとは一味ことなる
    ピアノサウンドが美しい
    ミディアム調のポップスを聴かせてくれました。

    fhánaに関しては、ことしに入ってから
    ずっと生で聴く機会をうかがっていたのですが
    まぁ、スフィア5周年や美菜子のツアーなどがあって
    ようやく聴けたのが6月末のポタフェス

    正直、こんな衝撃を受けたのは初めてというくらいの
    素敵なライブでした
    けして整ってはいないステージで
    デジタルサウンドを使いながらも
    これだけ迫力のあるサウンドを奏で
    歌力のあるボーカルを聴かせられては
    千の言葉を並べても足りないくらい
    「好き」から「推し」へと変わるのに時間はいりませんでした
    まぁ、towanaさんから爆レスもらったのも
    少なからずハマった理由ではありますが。。。


    yuxukiさんのエモーショナルなギター
    kevinさんの想像を超えてくるデジタルサウンド
    towanaさんの透明感あふれるボーカル
    佐藤さんのそれらを支えるピアノと
    ポップセンスあふれるメロディ
    すべてが融合し、fhánaという魅力あふれる
    グループを作り出しています。

    さらに、佐藤さんだけでなく、yuxkiさん、kevinさんも作曲をし、
    それぞれが方向性の異なる曲を作るのですが
    それをfhánaの曲として落とし込む
    佐藤さんの舵取りもすばらしいんです
    ぜひ、
    「innocent field」
    divine interventionのc/w、yuxkiさん作曲)、
    「ARE YOU SLEEPING?」
    いつかの、いくつかのきみとのせかいのc/w、kevinさん作曲

    2曲も聴いてもらえれると、fhánaの多様性が感じられると思います

    また、彼らの魅力として、
    アニメ作品に寄り添う歌詞があると思います
    メジャーデビューしてからの歌詞は
    すべて林英樹さんが書いています
    メジャーデビュー前からfhánaの作詞を手がけ
    fhána
    を理解し、主題歌となる作品を理解しているからこそ
    これほどまでにアニメの魅力を引き立てる歌詞が書ける
    彼の作詞があってこそ、よりfhánaが輝くのだと思います

    耳なじみのよいメロディと
    それを奏でる、音数の多い次世代的サウンド
    そして、作品に寄り添う歌詞と
    それを伝える、聴き心地のよい透明感あふれるボーカル

    それらが高次元で折り重なれば
    当然、魅力あふれる曲になります
    そんな曲をfhánaはこれまで届けてきてくれました

    そんなfhánaを、今後も全力で推していきたいと思います

    そして、メジャーデビュー1周年を経て
    つぎの1周年では
    アルバムのリリースワンマンライブ
    期待したいな~なんて。

    その前に
    秋アニメ「天体のメソッド」ED
    「星屑のインターリュード」11/5に発売されますので
    そちらのほうよろしくお願いしますw

    最後にあらためて
    fhána メジャーデビュー1周年
    おめでとうございます!!




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。