閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013-08-24 23:09
    青空の下に雲を作り、そこから滴り落ちるもの。これが雨です。
    しとしとと優しく降ることもあれば、集中豪雨のように、洪水を起こしかねないほど
    激しく降ることもあります。先月の初めごろまでは、これに遭遇する機会も
    多かったと思います。それもじめじめしすぎて鬱陶しくなるほどに。
    しかし、最近はこの雨が恋しくなるほどに全く降らない日も少なくありません。

    私の住むところは、8月ごろから激しい日差しに照りつけられるようになりました。
    風も全く吹かず、午前中から汗だくだくの日となっていました。
    コミケに行った時も、日差しと共にすさまじい熱気が私を襲いました。
    常に飲み物を持って飲んでいなければ、即熱中症になりかねないほどでした。

    その中で、たまに曇りの日や雨の日に出くわすと、心なしか心地よく感じます。
    風が吹き、暑い日差しもない状態だと、いつもより涼しいです。
    弱い雨の時は、自ら雨にあたりに行くこともあります。当然適度に。
    そのため、たまにはこういう日もいいなと、考えています。無論雷はNGですけどね。

    夏も峠を過ぎているので、後は涼しくなるのを待つのみですが・・・
    その日が来るのはいつになることやら。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。