moon
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

moon

2013-09-14 23:20
  • 41
ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、ポケットモンスター・・・。
有名なRPGは、数多く存在します。それゆえに、印象が深い人も多いかと思います。
しかし、私が印象に残ったRPGとして一つ挙げるとすれば、「moon」です。

アスキーから発売された、初代プレイステーション用のRPGです。
現実世界の主人公が、ゲームの世界に迷い込み、その世界の住人と言葉を交わし合います。
このゲームでは、主人公サイドはRPGの定番である「バトル」が存在せず、
代わりに住人達と心を通わせたり、「アニマル」達を救い出すことで得られる「ラブ」で、
主人公のレベルを上げていきます。と、このように、
ぱっと見はハートフルなほのぼのRPGを彷彿とさせます。
しかし、ゲームを進めるにつれて、ゲーム世界ならではの「闇」が見え隠れしてきます。

実は、この世界にも「勇者」が存在します。しかも、主人公と同名です。
この世界の勇者は、皆さんが思い描いているような「英雄」ではなく、
ゲームの住人たちにとっては「迷惑極まりない存在」として描かれています。
「月の光を食べてしまった竜を倒すため」という名目で旅に出てはいるものの、
経験値稼ぎのためにアニマル達を殺し、アイテムを手に入れる為に他人の家を物色するなど、
普段、私たちプレイヤーが行っていることが、風刺的に表現されています。
勇者がアニマル達を殺すのならば、主人公はアニマル達を生き返らせるのを目的とします。

ゲームを終盤まで進めていくと、数ある住人の中に、「自分が何者であるのか」を
薄々自覚している者たちが現れます。その疑問の鍵である「扉」を開くために、
主人公は奮闘するわけですが・・・・。

本作もRPGという位置づけでありながら、あたかも
「ゲーム自体」を皮肉っているかのような言い回しが、本編中でいくつか出てきます。
こういった数々の衝撃的な要素が、私の心を強く打ちました。
その最たるものが、1つはエンディング直前のイベントシーン。
もう1つは、CM中に出てきたと言われるキャッチコピーです。



ーーーーーもう、勇者しない。



広告
他31件のコメントを表示
×
よくRPGやゲームに対するアンチテーゼという解釈があるけど、制作側にはそういう意図は特に無かったらしい
それを知って、自分なりにmoonに込められたメッセージを考えてみたことがある
「直径13㎝・厚さ1㎜のCDの上に構築される、楽しくもちっぽけな1つの小世界に捕らわれるな」
以来、自分の中でこれを明確に超えるRPGはなくなってしまった
それと同時に少しだけ人生観が変わった
今ではこの名作に感謝している
78ヶ月前
×
MOONはやってみたいゲームNo.1
でももう手にはいらねーんじゃねと思ってあきらめてるゲーム。
78ヶ月前
×
話も絵も本当に好きで、学生時代は好きなキャラクターのイベントストーリーをビデオに録画してたなー。パン屋とか電波ザルの演奏とか…懐かしい、またしよう
78ヶ月前
×
未だにこれを超えるゲームが存在しない
他にはない独特の世界観、ユニークなキャラクターたち、自分でBGMを決めて冒険するという素晴らしいシステム
全く予想できなかったストーリー・・・あのころは楽しかった
78ヶ月前
×
moonとかオウガ並に常識だから、出直してこいおks。
78ヶ月前
×
動画でしか見たことないが、これは本当にやってみたい
78ヶ月前
×
西健一さんの名作ですね。
興味がある方は本作の他にDC「L.O.L」GC「ギフトピア」「ちびロボ!」などプレイされてみては。
PlayStation THE BESTでも発売されたタイトルなので、PSアーカイブで配信されたらいいんですけどね。
78ヶ月前
×
moonはてっきりDQFFのアンチテーゼ作品なのかと思っていたけど、それだけじゃなかった。
DQFFとは異なる愛の形を見せてくれる名作。
とはいえ、初見で全クリ狙うにはDQFFより難しいゲームだと思う。
78ヶ月前
×
近くのお店に6000円で売ってた。ビビった。プレミアついてるからなぁ・・・買うべきか・・・
78ヶ月前
×
ゲームアーカイブスで出して欲しい!と言い続けて数年たつゲームだw
78ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。