ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

こくしょえぶりでい
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

こくしょえぶりでい

2015-08-26 23:37
    この夏は、日中の気温が30度を超えることが当たり前になり、
    時には、40度近い気温になることもあります。
    これと湿度の組み合わせによって、体内の水分が、汗や吐息として大量に放出され、
    時には水分不足を引き起こして、熱中症の原因にもなります。

    ところで、気温の高さを端的に表す為の言葉は、御存じでしょうか。
    おそらく、ほとんどが知っているかと思いますが、「夏日」「真夏日」とかいうものです。
    主にニュースなどで耳にしますが、どういったものがあるのでしょうか。

    ・夏日・・・25度以上の気温の日。
    ・真夏日・・・30度以上の気温の日。
    ・猛暑日(酷暑日)・・・35度以上の気温の日。
    ・熱帯夜・・・深夜の気温が25度以上の時の呼称。

    ちなみに、酷暑日というのは、猛暑日の俗称で、一般的な語ではありません。
    ちょっと前までは、40度以上の日の事を、酷暑日というのかなー・・・とか考えていました。
    まあ、日本で40度以上になる日って言うのは、そんなに多くないんですけどね。

    しかし、この際ですから、40度以上の日を「酷暑日」として、
    位置づけてもいいんじゃないかと、最近では思い始めております。
    猛暑日だけもう1つ呼び名があるって、何かややこしいじゃないですかー。

    と、、ここまで話してきましたが、最後に1つ、夏の共通点を挙げます。
    それは、「冷たい飲み物が、とてつもなくうまい」ということです。
    ・・・・関係ないですね、御免なさい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。