ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

hari.さん のコメント

kissの行方・・・これ転調で見事に化けたなって思った。間奏からのギター→ウインドチャイム→鍵盤+鈴で雰囲気変わるのは読めないサウンドツボだったw
雰囲気変わるの「おおっw」ってなった。

Song 4 you・・・これは最近だよね。改めてじっくり聴いてみたが曲壮大だけどしっかりビート刻んでる。あと頭がっつり鍵盤サウンド、ギターメインにちりばめてる鍵盤と所々のハープがキレイ。

瞳の中の迷宮・・・売って変わって今度はまたコテコテなの来たなぁ。しかしキック多すぎるだろw
キックとデジタルサウンド感が強すぎる曲だなww
あとVo.はちょっと幼い感じだね。

そしてreasonか。なるほど定番なのくるねw・・・てか自分この頃いくつだっけ?←
evolutionもだけど・・・ここら辺聴くと今でもわかるし思い出す。自分も好きだなw

てか今でも夢中になるし、聴いてるとあっという間に時間忘れるww
個人的にkissの行方の手のひら返しの転調ツボだったw

とりま、オッサンとの知識の差がスゴいコトがわかったww流石です。
中途半端な自分は逆に知識が欲しくなってくるなw
次回マニアックな語りにも期待してるよb
No.4
99ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
浜崎あゆみ ファンを長年やってきた結果、思うことがある 初期~中期のころの楽曲が良い意味で今のアニソン臭いというw アレンジやってるHΛLが今で言う fripSide みたいなソレっぽい音作りだからなんだろうけど このコッテコテなデジロック具合がアニメと合ってるなぁw そして、あゆ×あゆの元祖ともいえるMADがニコニコにあった このMADが出来たのが2000年位かな? この時代でこのCGは何気に凄いと思う 上記のMADのmonochromeは退廃的なトラックといい 発売された当時は中二病も併発してたのか、いろいろと衝撃をうけたもんだ。懐かしい。 浜崎あゆみのアレンジを担当してたHΛLの曲でもペタリ HΛLを脱退してソロで活動してる中野雄太のアレンジ 同じくHΛLを脱退してソロ活動のats-(佐藤あつし)のアレンジ やっぱりここらへんのアレンジが90年代サウンドが好きなオッサンにはツボですw
アラサーのオッサンが加齢臭漂わせてるBLOG
小室哲哉さんの事が大好きなオッサンの自己満足空間

I'veやfripSide、90年代のavexの音楽もそこそこ好きであり、けいおん厨の、とある困った人のBLOGという名の落書帳

大好物は平沢唯