【三十路女の埼玉63市町村一周旅】鴻巣花祭り行ってみた【埼玉県鴻巣市・1巡目】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【三十路女の埼玉63市町村一周旅】鴻巣花祭り行ってみた【埼玉県鴻巣市・1巡目】

2015-05-16 18:24



    鴻巣といえば

    みなさんこんにちは。人生枯れ女まっしぐらな三十路こと、埼玉を巡るおすし(なたーちゃ)です。人生に一筋のうるおいと可憐な花を求めて、今日も旅に出ました。









    埼玉県民が鴻巣市と聞けば、8割強の人が「免許センター」と答えると思うのですが、鴻巣には四季を通じてたくさんの町歩き型お祭りイベントがあるんだ!

    鴻巣といえば、昔から続く宿場町ですから観光地としてもとても楽しいところ。

    ということで、今回は、春の鴻巣のお祭り、「鴻巣花祭り」に行って来たよ。




    会場前に十万石

    メイン会場に行く前に、飛び込んでくる十万石の文字…



    埼玉県民ネタでは常にイジられる存在である。
    実はこの日が自分にとって初十万石でデビュウ戦ですね。



    花まつりに合わせて(?)感謝祭をしていたみたいです。


    町じゅう花だらけ

    会場近くの市役所まで来ました。






    市役所近くの会場では、プランター寄せ植えのお花がたくさんお出迎え!
    街をあげて「花の町・こうのす」ブランドを推しているんですね!







    行かなかったけど、お花を育てているふつうのお宅のお庭訪問もできちゃうらしい。












    遊び心のある寄せ植えもあります




    会場では鴻巣近辺で栽培している花農家さんも、お花を売りに来ていました。
    商業用の花も多く育てられているのかな?








    会場でゆるキャラ祭り



    埼玉県北部のゆるきゃらが大集合していました。
    いい感じに写真も撮れたのでご紹介も。



    おすしの出身は横浜なんですが、市町村への帰属意識なんてこれっぽっちもありませんでした。でも埼玉県民の子は、「わたし浦和住んでるー」「うち越谷」と、嬉々として自分の市町村に愛着をもっていることに気づきました。

    ゆるキャラはその市町村の顔なんです! ゆるきゃらが大事なんです!(力説




    行田市のゆるキャラ、こぜにちゃん(右)とフラべぇ(左)


    左から、ニャオざね(熊谷市の熊谷のゆるきゃら)、オケちゃん(桶川市)、アッピー(上尾市)
    うしろにちょっと見えてるひなちゃん(鴻巣市)



    第二会場へイクゾー!



    ポピーまつりといえば、皆野町・天空のポピー回でも絶景花畑を紹介しましたが、鴻巣のポピー祭りでは川幅日本一!の荒川で有名な場所。



    畑や森の中を歩いて河原のほうへ行きます。
    会場間はバスがあるのですが、降りてからやや歩きます。自然の多いところだあ。



    ポピーが見えて来たけどここは序の口…





    この広い会場いっぱい、さく花を…!って、咲きすぎぃ!












    雄大な川の流れのほとりに咲くポピーもまた、ちがう魅力があって素晴らしいです。

    河原特有の広い道幅を全面に使ったポピー畑、素晴らしくないの?

    空が広くてお花がたくさん。これは川のまち鴻巣ならではの花畑ですね!







    謎の放置カブくんがいい味出してた




    河原の会場でも出店がありました






    とりあえずこの後も何度かお祭り目当てに鴻巣に行くことになるのですが、花だらけタウン鴻巣、楽しいぞ〜。
    (2015年5月来訪)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。