【三十路女の埼玉63市町村一周旅】鬼アタック!?不動岡不動尊節分会【加須市(不動岡)】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【三十路女の埼玉63市町村一周旅】鬼アタック!?不動岡不動尊節分会【加須市(不動岡)】

2018-02-08 01:22


    前回の節分旅の続き(白岡編)から。

    埼玉旅節分編へ行きますよー!




    不動岡不動尊へ






    白岡でケーキをいただいた後は、不動岡不動尊こと總願寺 の節分会へ向かいます。
    埼玉を巡る旅人ことなたーちゃです。









    駅からとても華やかなお飾りがお出迎えしていました。
    芸能人も来るというし、町をあげてのお祭りなのかも。これは期待!
    節分の様子は動画からチェックしてね。

    Youtubeから見る方はコチラ→






    ニコニコ動画から見る方はコチラ→





    帰りの町歩き


    前回加須に行った時は、鴻巣よりの騎西町に行きました。
    不動岡のある方は、加須駅の北側になります。




    ↓南側が騎西(前回の奇祭ハロウィン編 参照)

    加須ってどんな町?

    ①加須はこいのぼりの町


    加須は青縞の生産が盛んだったそう。
    また、すぐお隣は、雛人形で有名な鴻巣もあったりして、伝統工芸品の生産が盛んな模様。
    町をあげてこいのぼりの町をPRしているよ!



    駅トイレがこいのぼり






    こいのぼり焼き。あつあつでおいしい。





    繊維業が盛んなのか、白衣(スクラブ)も作っている模様。白衣×こいのぼりという新しい萌えをいただきました





    鴻巣も近いし、雛人形も作っているみたい。

    天皇陛下御献上品のなどもあったり、伝統工芸品の町でもあるんだね。








    見えにくいけど2月でもこいのぼりがありました。


    ②加須は五家宝の町



    加須のお土産といえばコレ、五家宝









    不動岡不動尊の近くには、なんと創業155周年という、五家宝の老舗・武蔵屋さんがありました。加須婦人の不動岡高校の話に続き、これは驚き!




    五家宝というのは、もち米と水飴をからめたものにきな粉をまぶした昔ながらの味わいのお菓子です。
    武蔵屋さんでは加須産の大豆を使用したきな粉を使用しているそうです。メイドイン加須!

    ③加須は有名高校の町




    不動岡高校。夜でも部活に励む生徒の声が聞こえていた

    加須婦人が言ってたけど、不動岡不動尊近くの不動岡高校は、なんと、創立130年以上の歴史を誇る学校。それも、県知事さんが輩出されているそう。

    そしてなんと、2017年の甲子園で優勝した野球強豪校・花咲徳栄高校も加須市にあります。
    すごぉい!



    加須高校生は放課後どこで遊ぶんだろう。ボーリングとかで遊ぶのかな?

    不動岡商店街

    帰りに不動岡の商店街を歩きました。
    商店街のほうでもお祭りモードでお店を出したり、不動岡の町をあげてのお祭りのようでした。



    不動岡の商店街にいたセクシーなネコ。寒そうで撫でて欲しかった模様




    門前町特有の商店街。お寺を中心にお店の並びが形成されている。


    町をあげての節分会。商店街もたくさんの人が通っていたよ


    加須婦人が言ってたけど、この節分会は町で一番人が出るので、町をあげてイベントをやっていたり、お祭りに近い儀式のようでした。
    宗教だけど、町の中心としての寺社仏閣の機能があると思いました。

    福豆と福銭はありがたくいただきました。
    (※煩悩が多すぎてなかなか出会いはまだない。)



    (2016年2月3日来訪)


    余談:じつは、加須へ来る前に久喜に寄りました。(なので豆まきに遅刻しそうでした)
    ※というのも、久喜ってもしかして、九鬼って漢字と関係あるのかと思ったんです。
    でも後で調べたら全然そうじゃないらしいし、適当にバスを降りたら本気で道ロストして畑のど真ん中をしんどいくらい歩くことになってしまい、加須に着くのが遅くなってしまいました。
    久喜に鬼はいなかったよ!





    畑は好きです。でも間期の畑はちょっと物悲しい。(あ、茎(くき)か)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。