【三十路女の埼玉63市町村一周旅】三峯神社#1【埼玉県秩父市】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【三十路女の埼玉63市町村一周旅】三峯神社#1【埼玉県秩父市】

2015-01-03 21:23
    みなさんこんにちは、埼玉を巡るおすしです。
    もてない・独身・アラサー・と三拍子揃ったので、傷心を癒すために2015年ごろから埼玉一周の旅に出てみました。
    トロいので、動画作りも嫁に行くのも遅れがち()ですが、頑張って埼玉の良いところを見つけにイクゾー!

    記念すべき第一回目は、奥秩父の山深くにある三峯神社。
    霊験あらたかな秩父の風を感じに、霊峰・三峰山山頂(標高1102m)へ登っていきます。(徒歩とは言ってない)



    池袋から秩父までは黄金の西武鉄道レッドアロー号で。秩父までおよそ1時間20分の特急列車を楽しみます。




    ちょっと遠出気分を味わえる西武鉄道レッドアロー号。
    池袋駅から西武秩父駅までおよそ80分の列車の旅。今春、豪華な食堂車バージョンが出る模様!





    西武秩父駅から西武バスで三峯神社行き乗車(約90分)。

    この日はお正月だったせいもあり、新年参拝する乗用車が神社周辺の道路を埋め尽くし、超渋滞していました。
    途中でバスを降りた方が早いらしいので1キロくらい歩いて入り口に着きます。




    山の入り口では、色々美味しそうなものが売られています。全然山らしい道はまだ登ってないけど、もうお腹が空いてきたので、とりあえず売店のうどんを食べておきます。(例の腹が減っては何もできない理論)





    (左)もりそば (右)豚肉つけ汁うどん 
    ちょっとした売店と思いきや…の旨さ。
    雪が積もる参道を通っていくから体あっためとかないとね。






    この日はお正月参賀日だったためか、特別に吉田町の方から和菓子を売りにご夫婦が来ていました。
    出店の位置があまりに寒すぎるので、ガチガチ手が震えていたご夫婦「早く帰りたいから、100円でいいよ!」という剛毅な売りっぷり。よし、5個ほどいただきます!





    (左)とちの実大福・お正月バージョン(吉田屋・本店は秩父吉田)






    こ、これは美味い!! とちの実の甘い匂いが香る生地が柔らかく、ひんやりと冷えた大福にマッチ。中の餡もほどよい甘さでとても美味しい。家族参拝のため同行のマッマも(糖尿病の癖に「あと3個食べたいわねえ〜」とぼやいていた。ちなみに、中に入ってるとちの実も、秩父で採れるらしいです。



    さて、ここからいよいよ神社に入っていきます。
    雪残る山道を歩いて本殿へと参ります。神社の方が雪かきしてくださっているようですが、念のためスノーブーツなどを履いておくと良いかもしれません。

    比較的寒い(2度くらい)のですが、寒さとは異なる霊気を感じます(霊感:見えないけど、わりと感じるタイプ)。
    山の聖なる気でしょう。本殿へと近づくにくれて、なんだか身体に染みついた邪気が祓われていく……気がする。













    神聖な本殿へと続く坂道。うっすら雪の残る山道を歩くと、びりびりとした霊気を背に感じる。


    もうすぐご本殿。狛犬ではなく、三峯神社ゆかりの狼様が並んでいます。


    寒すぎて手水舎の水道管が凍ってお水が出ないので、このフサフサ(ぬさ?)で手を清めます。



    大勢の参拝客で賑わう拝殿。

     

    人々が並んでいるのは、鎌倉時代の武将畠山重忠公が奉献したご神木。
    手で触れると不思議な気が流れ込んでくる。




    三峯神社では、狼が神聖な神様として奉られているため、ワンちゃん連れの参拝客も多いです。





    さて今年の恋愛運は……。






    新年特別抽選会をやっていました!まさに福引き。






    入浴剤が当たった! これで初ブロ入るゾ~。


    今年こそ結婚できるように………………

    いや、ちゃんと無事に、埼玉県63市町村を回りきれますように!

    (2015年1月3日来訪)





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。