ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3- #3 ~ライブレポin千歳・前編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3- #3 ~ライブレポin千歳・前編~

2016-11-16 00:09
    飲み会で深夜帰宅後の出勤を乗り越え…
    当日は移動時間往復3~4時間を駆け抜け…
    なかなかの過酷スケジュールの中、無事生還致しました。
    どうもota2kkyです。

    さて、11/13(日)待ちに待ったfripSideのライブに参加致しました!!
    記憶に残るあの夏の音楽フェスから、ほぼ半年。
    そのワンマンでのライブパフォーマンスは想像以上でした。
    (DVDで昨年のを予習しているんだけどね)

    なお今回はμ'sのファイナルを共にライブビューイングした戦友、ウチノボーカルクン(仮)を有無を言わず連れてきた。
    おかげで運転が気楽でした^^
    一人でのドライブは1時間が限界ですw
    なにより彼のトークはなかなかおもしろく、飽きずに運転していられました。
    やはりラジオのゲストで呼ぶ他ない!
    と、脱線気味になる前に本題に戻ります。

    fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3-
    in
    北海道千歳市 ライブレポ!! (前編)

    ※以下、一部セットリストの内容を語ります。ネタバレとなりますのでライブを控えている方はご注意ください。



    さて、前回JOIN ALIVEでは3時間の立ち見を敢行、最前列を確保し、南條さん登場で(近すぎて)見事に泣きましたota2kkyでした。
    今回の千歳文化ホールでは2階という微妙さから「前回5m前だったのに…」とやや落胆。
    しかしほぼ最上段席だったそこは微妙な位置と予想しながらも、真ん中の座席群から少し外れてはいたものの、全体を見渡せて、端の席という事もあり、圧迫感もなく快適な席でした。


    そんな、予想に反して良席から、待つこと数十分。
    暗転するホール、ステージに浮かぶ「fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3-」の文字。
    アルバム・ツアータイトルの「infinite synthesis 3(以下IS3)」OPを飾った、インスト曲「2016-Third cosmic velocity-」が流れ、徐々にサポメンが音を合わせていく。
    その中で、八木沼Pがまさかエレキギターを抱え、最上段から登場したのには面食らいましたw

    OPが終了し、最上段にライトアップ!!
    南條さん登場!!
    アルバムのままの流れで当然「Luminize」かと思いきや…

    ー誰にも負けない君の心を

    まさかの「crescend-version2016-」には思わずテンション上がりました!
    90年代サウンドのような「crescend-version2016-」は、IS3で一番気に入っていたので、まさか最初の方で聴けるとは思いませんでした!!

    南條さん登場。
    最近ハマった好きな曲。
    今思い返しても泣いていい条件でしたが、テンションの高まりに涙腺は緩むことなく、右手のサイリウムをひたすら振っていましたwww

    「determinatio」
    「way to answer」
    と続き、ここで先ほど予想から外れた「Luminize」がきました。
    「LEVEL5-judgelight-」
    「white forces-IS3 edition-」
    「1983-schwarzesmarken-(IS3 version)」
    予習した甲斐もありすべて知ってる曲が続き、テンション上がりまくりングwww
    途中にMCもあったと思いますが…
    しっかしfripSideのMCは面白いですね!! MCだけでも聴いていられるwww
    MCに関してはまた後ほど覚えている範囲でまとめます!! あとセトリも!!

    ウチノボーカルクンとも話していたのですが、サイリウムの振りや声だしを見事に行うガチ勢様が今回もご降臨。てか多っwww
    μ'sファイナルLVでもそうなのですが、サイリウム使うライブでは大変お世話になっております。
    こういったコールあるライブはガチ勢様の存在が不可欠。

    もとい

    ありきです。


    そんな感じで、ここまでfripSide得意のスピード感あるデジタルロックが続き…

    ーはら はら 舞い散る

    不意に南條さん作詞のバラード曲「Answer」で泣きそうになりました。
    これはもう、反則。
    (IS3のバラードでは「one and only」の方が好きなので、後者だったら即死だった)

    変わらない時間の早さも 変わらない過ぎて行く人も 変わらない街の喧騒も それでいい 痛んでも ああ 変わらない明日へと

    南條さんの歌詞は本当に滲みます…。

    fripSideの本格的なファンになってまだ数ヶ月。
    アルバム数枚聴いて思うのが、もっとバラードやってほしいということ!!
    音数の多いシンセサウンドとディストーションの掛かったギターサウンドが盛り上げるデジタルサウンドが真骨頂ですが…
    あえて僕は言います。
    バラード。特に南條さん作詞のものは必聴であると!!


    そんな事を思いつつも、サイリウムは気づけばメインカラーのオレンジから、水色に変わっていた(たしかね)。
    今まで散々暴れていたガチ勢(声だし等のリードありがとうございます)も落ち着いていた。
    会場の、ファンの、一体感。今思うと本当に素晴らしい。

    しんみりした所でアルバム通りの流れ「Two souls –toward the truth-」でテンションを再熱!!

    ~長くなったので次回に続く~
    2.5時間のあっという間のLIVEをまとめるとなるとそれ以上時間かかるのはなぜなんだぜ…。


    *fripSide参戦の音楽フェスについて語ったラジオ*


    *おたラジ まとめ*


    *歌ってみた まとめ*



    *以下、R2.5.10 編集*

    おたけラジオまとめ*mylist/64203519

    ota2kkyオリジナル楽曲*mylist/65453110

    Twitter*https://twitter.com/otakky2?lang=ja

    メール*nagomine.p@gmail.com





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。