• 師匠のAftereffects

    2020-01-17 19:27
    ↑のyoutubeチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UC56AZLqyU4bHA0IqzrX-liQ

    パチンコ制作等されていたのでパチっぽい表現を勉強したい方等にオススメです。
    ほぼAEチュートリアル。初心者用の動画も有り。
    ただの宣伝です✌
  • 広告
  • unityめも(後で更新します)

    2020-01-17 18:48
    素晴らしきunityサイト様
    libro様
    https://www.tuyano.com/index2?id=2716003
    テラシュールブログ様
    http://tsubakit1.hateblo.jp/
    DoRuby様
    https://doruby.jp/categories/64
    unityユーザーズマニュアル(2018.3)(ご本家)様
    https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/UnityManual.html

  • Element 3d v2.2 新機能まとめ (追記2015/11/11)

    2015-11-02 17:11

    ※公式の動画みるの面倒くさい人向け(というか自分用※筆者は英語が分からないぞ気をつけろ!!!!)

    もくじ--------------------------------------------------------------------------------
    1:新機能その1【対象作成】
    2:新機能その2【グループダイナミックリフレクション】
    3:新機能その3【反射の設定】
    4:新機能その4【アルファ】
    5:新機能その5【AOで影響を受けたAdd設定のモデルのゴミを消す】

    新機能その1【対象作成】-------------------------------------------------------------

    Scene Setup>Group Folder(右側の菱型のアイコン)

    (X,Y,Z)にチェックを入れるとそのグループの対象を作ります。
    モデルの座標が(0,0,0)の時は同じ所にできて分かり難いので座標ズラして試してみましょう。

    ※グループフォルダをグループフォルダに入れることによってさらに対象物を作成出来ます。
    (良いマシンじゃないとめっちゃ重いぞ気をつけろ!!!)

    新機能その2【グループダイナミックリフレクション】--------------------------------------
    Group Folder>Reflect Mode>Mode>Mirror Surface
    グループ単位でMirror Surfaceが適応されてくれるよって事だと思います。

    グループの設定をしておくだけで全部Mirror Surfaceの設定になります。

    自分でやってみたほうがわかりやすいと思います。
    あと罠なんですがMirror Surfaceしかグループ設定出来なかったので他のEnviromentやSphericalなんかは全部モデルに設定しないとアカンようです。若干変わるきもするけどなんでや・・・どういうこっちゃ・・・。
    あとめっちゃ重いから設定一時的に切りたいねんって時は下の赤く囲ってる部分のチェックはずせば消えます。(AEの方の設定で)


    新機能その3【反射の設定】-------------------------------------------------------------
    マテリアルの設定>Advanced>Matte Shadow / Matte Reflection
    Matte Shadow・・・影だけ残して消える
    Matte Reflection・・・反射だけ残して消える
    左はチェックオフ右はチェックオン

    モデル邪魔だから消したいよって時はOutputの設定をDynamic Reflectionにすると消えます。


    新機能その4【アルファ】--------------------------------------------------------------
    マテリアルの設定>Advanced>Matte Alpha
    実はちょっと良くわかりませんでした()が!従来とは違い綺麗にアルファ抜いてくれる機能だと思われます。
    前verだとAlpha Thresholdで「ジャギがやべぇ!」とか言いながら試行錯誤してた記憶があるんですが(もっと何か便利なものあったかもしれんが)
    今回のMatte Alphaはチェックオンすればアルファチャンネル付きのPNGデータであれば綺麗に抜いてくれます。

    まずはアルファ付きのPNG画像を用意します。


    Element3dに行き平面にこの画像を貼り付けます。(手順は割愛)


    そしたらここをポチッとな


    すばらしく綺麗にアルファ抜けてる!!!


    ちなみにAlpha Threshold(0.5くらい)でジャギがやばい比較画像もご用意

    合わせ技でも結構綺麗になるのでMatte Alphaのチェック入れてAlpha Thresholdで調整が良いのかもしれん・・・

    新機能その5【AOで影響を受けたAdd設定のモデルのゴミを消す】(追記2015/11/11)---
    マテリアル設定>Advanced>Invisible AO/Glow

    ご本家ムービーの状態を再現する事に時間が掛かって内容がやっぱり良くわからなかったですが!!!!多分「AOの設定をオンにしてるとAddの設定にしているモデルから黒い板のゴミみたいなのが出るからこのチェックボックスで無くすることが出来るよ」って事だと思います。

    まずはご本家の状態を再現します。間に合わせ感はんぱないけどとりあえずこんな感じ。


    黄色いエフェクティブな部分は
    マテリアルの設定>Advanced>Blend Mode
    からAddに設定します。


    AEの方にもどってAOの設定をオンにします。そうすると・・・

    なんか・・・なんか見える・・・・
    多分黄色いエフェクティブ部分の黒板がAOの設定オンにすることで影響受けてるんだと思います。(英語で解説入ってたかもしれないけど英語わからぬ)

    ここでScene SetupからまたAdvancedの設定の方へ
    マテリアル設定>Advanced>Invisible to AO/Glow
    Envisible to AO/Glowのチェックボックスをオンにします。


    それでAEの方に戻ってみてください。
    黒板の影が無くなっていると思います。
    あとご本家だと上画像の中にある「AO Mode (On)」を「On」から「Ignore」に変えてたりもしましたが何が変わったのか分からず・・・教えて偉い人・・・

    ご本家ムービーを見ると新機能もう一個ありましたがよくわからなかった!
    2.2になって便利機能と動作が早くなったのでかなり嬉しいですね!何かあったらまた追記します。