イデアの日 あらすじ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イデアの日 あらすじ

2018-07-15 01:10
    こんばんは。オトマルです。
    今日から配信プレイしたSFC用RPGのイデアの日。
    裸ソフトの為情報がなくネットで調べたことをメモする意味で更新させていただきます。

    画像はAmazon.jpから拝借しました。


    さて、このイデアの日。イデアの目じゃないですよ?
    マンガ家の相原コージ先生が原案、シナリオ、キャラデザのゲーム。
    申し訳ないことに不肖オトマル、相原先生は存じ上げませんでした。
    代表作に「かってにシロクマ」がありますが名前を知ってる程度なんです。
    その相原先生が手掛けたイデアの日を配信プレイしています。

    ゲームのあらすじとしては
    主人公には超能力があるせいで幼い頃に誘拐され悪の科学者に生体実験される日々
    悪の科学者は主人公の力を利用しある女性に尽くそうとしました。
    一度だけ主人公の超能力が壊滅的に発揮したのは誘拐時に目の前で両親が殺された時。
    その状況を再現しデータ回収の為に誘拐されても常に一緒だった愛犬ペスが殺されます
    ペスの死を目の当たりにした主人公は怒り狂って我を失い実験台を破壊し悪の科学者を殺してペスの仇を取りました。
    主人公が悪の科学者に近寄ると死に際に「イデア様・・・。」と言いました。
    イデアとは一体何者なのか。両親殺害と関係あるのか真相究明の為に主人公は研究所から旅立ちます。

    先のブロマガで言ったように描写はコミカルでもストーリーはシリアスです。
    愛犬ペスが殺されるイベントは心が痛くなりました。

    「ペスは 死んだ。」

    このテキストはちょっとトラウマになりそうです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。