ファミコンディスクシステム配信について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファミコンディスクシステム配信について

2019-12-12 03:48
    こんにちは。オトマルでございます。いつもご視聴ありがとうありがとうございます。

    さて、2019年が終わりそうな時、私には「死ぬまでにはやり遂げたい事」として
    ファミコンディスクシステムのソフトの吸い出し(バックアップ)がありました。

    どうしても年内にやり遂げたくディスクシステムを修理
    そして吸い出す為のFDSStickを購入しディスクシステムのソフトを吸い出しました。


    FDSStickで吸出し中


    ニューファミコン、ディスク、FDSStick、PC接続用RAMケーブル、カード等

    レトロゲーム配信をメインとしていると「エミュか」「割れ乙」「偽物違法配信」と言われることがあります。
    そう言った方々に対しては実機じゃない以上レトロフリークを使ってるのもエミュなので「エミュですいません」と謝ってやり過ごしていますが、
    ディスクの吸い出しをニコ生で配信(2019/12/11(水) 24:48 開始)したのを機に「ちゃんとやってるよ!」と言う意味でブロマガを更新しました。

    そして、ここが本題。
    実機で動くソフトがレトロフリークで動かない現象はよくあること。
    それはディスクシステムも例外ではなく、今回「アップルタウン物語」がそうでした。
    (オープニングで必ずフリーズする現象の報告が多数ありました)

    なので吸い出したディスクシステムの配信に関しては動く動かないに関して「VirtuaNES」を使用する場合があります。
    簡単に言えばエミュで有名なツールディスクをプレイします。
    (正確に言うとレトフリでBiosを吸出しVirtuaNESにコピー。実機で吸い出したゲームのみ実機再現率の高いVirtuaNES起動)

    VirtuaNESで配信するとまず荒れますので「ブロマガ見てください」の道しるべとして更新しました。

    PC Engine Emulator の Ootake も同じ事なんですよね。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。