オトマルメモ 妖怪屋敷編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オトマルメモ 妖怪屋敷編

2019-12-22 04:12
    こんにちは。オトマルです。

    昨日からプレイしているファミコンディスクシステムの「妖怪屋敷

    固定画面探索系のアクションゲームでMSXの移植となります。



    ■ストーリー■
    町のはずれに誰も近寄らない古びた屋敷があった。その名も妖怪屋敷。
    一度足を踏み入れて生きて帰った者はいないという…。

    ある日、リカちゃんがお化けの写真を撮ろうと妖怪屋敷に行ったきり戻らないという事件が起きた。
    このことを知った同級生のコウジ君は勇敢にも一人で屋敷に向かった。

    暗い墓場の奥にある屋敷にはコワイ妖怪がうじゃうじゃ。
    コウジ君の武器は懐中電灯一本だけ。
    迷路のような屋敷の中をリカちゃんの残したお札をたよりに、
    おそろしくて、長~い、妖怪アドベンチャーの旅が始まる。

    ■Wikipediaより■



    これがなかなか難易度が高い。ブロック、地形、敵の配置など同じ物が多く迷います。
    しかも、脈略もなしにワープをするのでこれも高難易度の原因かと。
    ファミコン時代故のノーヒントで「見えないハシゴ」を見つけたりするのは至難の技です。

    なので、攻略サイトはないので自分でマッピングしながらオトマルメモを作ってます。


    ステージ1は「首」 ステージ2は「叫」


    ステージ3は「凶」 ステージ4は「死」

    面白いのがマップの形が「」「」「」「」になってること。
    こう言った手法で世界観をしっかり伝えているのは好印象。
    人間も命は一つしかないので死んだらゲームオーバーも納得出来ます。

    徳間書店から攻略本は出ていますが
    攻略ルートの記載はないテクニックブックでしたのでちょっと肩透かしでした。
    簡単に言えばお得情報的な本でした。


    妖怪屋敷はあくまでも「テクニックブック
    エンディングはキミの目で確かめるんだ!的な本。

    とりあえずオトマルメモを作って一回クリアするまで再配信はお預け。
    年内にはクリアしたいところです。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。