• 映画「デビルマン」の感想

    2020-09-22 23:26


     原作漫画が好きな人には申し訳ないのですが、特に退屈はせずに最後まで見られました。序盤はパーソナル程度の問題であったのが、時間と比例的に大きくなっていき、最後は世界滅亡という流れは、大枠で言えば悪くなかったです。鑑賞後に調べてみると、どうも原作漫画全巻を無理矢理1つの映画に収めた作品らしく、そのあたりは原作に助けられた気がします。まあ、駆け足になるのは、映画公開前から話題作だった(らしい)ハリポタの映画ですら結構な駆け足だったりしますんで、特に違和感はなかったです。

     また、この映画の公開時には考えつかなかったことですが、新型感染症の流行によるパニックを経験する2020年の人間視点では、世界に比べて対応が遅れる日本政府やら、悪魔になった子の家が悪質な嫌がらせに遭ったりだとか、なかなかのリアル描写が存在していることに驚かされます。自警団気取りの一般人達が悪魔狩りで、悪魔でもない人までをも手にかけていくのは、関東大震災朝鮮人虐殺事件を想起させて恐怖を感じさせます。

     序盤は公権力がそれなりに丁寧に対処していたのに、どんどん民衆の暴徒化が止まらなくなり、終盤には放置された人の亡骸がゴロゴロと転がっているのは、確かにパニックホラーという見方もできなくはありませんでした。

     …と、まずは持ち上げてみましたが、ほぼ全編にわたって「は?」「は?」「は?」がエンドレスに続くので、やはりこの映画はダメだったとしか言いようがありません。あくまで大枠としては良かっただけで、ひとつひとつの描写が論理力皆無の脚本と、主要出演陣のどうしようもない演技で、「一体どうしてこんなものを…」となるのは必至です。

     確かにCGは良かったです。アニメーションと合わせた演出は目を見張りました。でも、活かせてないんですよねえ…。しかも短いし。

     ぶっちゃけ日本の映画なんて、この映画よりは少しマシな程度のものが非常にゴロゴロしてたりしますが、その平均と比べて更に1段落ちる程度の脚本です。(それでもまだ「1段」というのが悲しい。)「え?それでいいの?」が連発します。とりあえず、バイク運転初心者がいきなり2人乗りするのは誰か止めなかったんでしょうか。

     主要出演陣も、聞きしに勝るひどさというか、まず発声が弱いです。これじゃあ日本語わからない外国人が聞いてもアカンとわかってしまいます。

     「まあ低予算だったんでしょ」と同情する納得の仕方もあったりしますが、この映画に関してはムダな有名人起用の異様な多さが気になります。どうでもいい通行人役に小林幸子を使うぐらいなら、その分のお金で主要出演陣を合宿に連れて行って演技指導でもしてたほうがマシじゃありませんか。私はよく知らないんですけど、何故か英語で日本向けに話しているっぽいニュースキャスターがボブ・サップという当時有名だった格闘家らしくて、「え?この世界では、日本はGHQに日本語廃止にされて、でもほとんどの人は公用語の英語おぼえられなくて日本語使いつづけてる設定なの?」などと超解釈をしていました。後で調べたら、このボブ・サップは世界向けのニュース番組のキャスターで、世界の動向を説明する役割だったらしいです。全然わからなかった…。

     そういったわけで、この映画には全編にわたってレベルの低さに唖然とするばかりでした。まあ時間に比例的な変化が起き続けていたので退屈こそしませんでしたが、そのひとつひとつの描写の不可思議さに気を取られて、まともに楽しむのはほぼ不可能でしょう。
  • 広告
  • 映画「アニーよ銃をとれ」の感想

    2019-11-28 21:34
    劇場に行っていない関係もあるのですが、最近映画を見るだけ見て感想書くのを忘れていました。というわけで、久しぶりに。(本作以外にもいろいろ鑑賞できましたが、ちょっと書くモチベが出なさそう。)

    「アニーよ銃をとれ」はそこまで有名ではない部類みたいですが(少なくとも私は知らなかった。)、ミュージカル映画だけあって、今でも見応えたっぷりで面白かったです。

    とにかくほぼ半分以上は歌っているので、そこからすごいですね。それでいてアクションもしっかり入れているのがまたすごい。

    ただ、脚本は今ではありえない差別表現等が見られ、今だと時代に合っていない部分が多々だったりしました。特に驚いたのが、アニーが好きな男性より狙撃が上手で、それが原因ですれ違いとなり、ラストに周囲の親切でアニーが狙撃勝負に敗れてめでたしめでたしとなる展開。

    「えーーーー!男性に好かれるためにわざわざ相手に劣るのーーーー!」といった、衝撃的な展開でしたが、これが時代っていうやつでしょう。アップデートの積み重ねでこんなの今では考えられなくなりました、多分。

    この作品のアニーには実在のモデルがいたそうですが、どうも小柄な女性だったらしく、それを演じた女優さんは、ん、んーーー、けっこうな恵体のような。(どうでもいい)


    ともあれ、とっても良い映画でした。こうやって書いた通り、今では時代に合わないのが残念ですが、鑑賞して損は決してしないでしょう。


  • 映画「ジャンヌ・ダルク」(1999年)の感想

    2018-07-29 19:15




    前々から存在は知ってたけど実際に目にしたことはなかった映画。なんか昔テレビでもやってたらしいですね。けっこう唐突にグロがちょくちょく来たりしましたけど、そのあたりはさすがにカットされたんでしょうか。

    前半とかジャンヌ・ダルクをリアル的に描くのかなとか思ったんですけど、終わってみたらフィクション感が強くて、監督の思想の押し通しにつきあわされた感じ。

    「ジャンヌ・ダルク伝説なんて虚飾だ!」を通り越して、「ジャンヌ・ダルクなんて大した奴じゃなかった!」になってて、何もそこまでやらんでも。

    ジャンヌ・ダルクなんて10代後半なんだから、もっと優しく見てあげたらいいじゃないと、まあそう思いました。