【136・ファイプロ】1/14PPV後の展開等
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【136・ファイプロ】1/14PPV後の展開等

2018-01-17 13:41
    1/14PPV枠が終了し、今後の展開等です。


    タキについて
    女子総合王座戦でララァにフランケンシュタイナーをした直後にダウンしてしまったタキですが、首に大きなダメージを負った為、長期欠場とのこと。
    尚、新王者になったララァはGMとの話し合いの結果、一度返上し、新王者決定戦にて再度狙いに行くとのこと。

    紲星あかりの次なる相手は?これまで恐ろしい強さで試練の七番勝負を3連勝している紲星あかりですが、次の対戦相手は金剛に決定とのこと。
    但し、金剛戦の結果次第ではその次は榛名になる予定。

    あきつまるゆの挑戦はまだまだ続く
    なかなか勝ちきれないあきつまるゆですが、次の対戦相手は月野うさぎ&火野レイとの対戦が決定。

    ROYAL RUMBLEが残した爪痕
    大波乱の結果となった今回のROYAL RUMBLE。
    男子はオロチが、女子はジャイアンの母ちゃんが勝ち、それぞれ3月31日(土)予定のPPV枠で王座戦に臨みます。
    そのロイヤルランブルで様々な出来事がありました。

    4人抜きをして波乱の立役者を演じた比叡はシングル戦線に照準を絞り、来週月曜の本線で元女子ユニバーサル王座のコツメカワウソとシングル戦が決定。

    ボイロ軍のゆかり・ずん子・マキは、サプライズ選手として出てきた神姫軍と特別試合を行うことに。
    18日のハウスショー枠では結月ゆかりとアーンヴァルとシングルマッチ。
    来週月曜の本線では東北ずん子&弦巻マキはアーンヴァルとストラーフ選手とタッグマッチが決定。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。