• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【覆面次郎】違う意味での格差 2020/8/5(水)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【覆面次郎】違う意味での格差 2020/8/5(水)

2020-08-05 12:32
     もはや第二波と言っていいほど日々感染症の感染者数は増え、報道を見ながら戦々恐々としている人たちと、それでも外出を与儀されない人たち、そして恐ろしいのがもはや外出することに慣れてしまい、普段と変わらない生活を送っている人たち。
     
     緊急事態宣言が発令されたときよりも、現状は人々の意識の差ってのが大きくなってきたなっていう印象でございやす。
     
     パチンコ店では従業員の方の感染なんかが話題になったりしますが、クラスターは起きていません。これはもちろんパチンコ店の感染症対策がしっかりしているからってのもありますが、緊急事態宣言が出された頃以上に危機感を持たないといけないのが現状のような気がします。
     
     しかし、自粛期間もあってパチンコ店も危機に立たされています。
     大手チェーンでも店舗の閉店という噂をよく耳にするようになり、蓄積したダメージが限界を突破し始めてきているみたいですね、これは……
     
     そんな中で迎える2020年のお盆。パチンコを打ちに行きたいからホールに行くよって人もいることでしょう。
     もちろん、感染症感染のリスクを考えれば自粛していたほうがいいに決まっていますが、打ちに行くのであれば、しっかりと対策を取っている信用できるホールに行きましょうね。
     
     ここんとこのホール状況を見ていて、ホールによって大きく「意識の差」ってのが出始めている気がします。
     
     大小関わらずタブレット型の検温器を導入し、しっかり入店するお客さんの体温を計り、消毒をするホール。
     消毒はするけど、体温は計らないホール。
     もはや消毒液が入口に置いてあるだけのホール。
     台清掃の札はあるものの、見ていると店員さんがしっかり清掃しているとはとても思えないホール。
     
     こういった意識の差によって、ホールの格差が生まれはじめてきているように思います。
     いろんな意見があると思いますが、次郎は行くならしっかり最大限の対策をしているホールに行きたいですね。
     
     ホールがお客さんにできることって、はたして出玉を出すってのが一番なんでしょうか。お客さんの安全を保証したり、健康を案じるってことが一番なんじゃないでしょうかね。
     
     緊急事態宣言下にもかかわらず営業していたホールが潰れるってニュースを見ました。
     これって、そんな状況で営業をしていた……じゃなく、そんな状況でも営業せざるを得なかったってことなわけです。
     
     関東では長かった梅雨も明け、パチンコパチスロファンも日常を取り戻してきているかのように見えますが、お店選びひとつとっても、今一度警鐘を鳴らさなければなりませんな。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ドンキホーテコラム
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。