時のオカリナ3D All Dungeons No Doors 日本語解説 2/3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

時のオカリナ3D All Dungeons No Doors 日本語解説 2/3

2019-12-08 08:55
    この記事は2019年12月に公開された動画             『OoT3D All Dungeons No Doors』について書かれたものです
    *工事中。とりあえず何をしているかだけ先に書いて、細かい説明は後から加えていきます。

    大人になったところから。

    本格始動

    大人で操作可能になったらセーブワープ。時の扉は閉ざされたままだ。
    ここでセーブワープすると前頁で述べた通り時の神殿のワープパッドから再開する。

    一路カカリコ村へ。
    ポケットタマゴを入手して墓地へ。もちろん目的はフックショットだが、まずは別の墓石の下に入り宝箱からハイリアの盾を入手。そしてダンペイレースを経てフックショットをゲット。
    先は風車小屋へと続いているが時のブロックをどうすることもできないので、ここではシャッター(?)に挟まれることで入口に復帰。
    カカリコ村へ戻る前にポウからダメージをもらっておく。

    村へ戻ったらアイテムをセットしつつスタルチュラハウスの前へ。ここでⅡに先ほどもらったタマゴをセットしているのは超重要。

    トリッキーなジャンプをキメてハウスの前の柵に乗り、そこからフックショットで的当て屋の上、そしてインパの家の屋根へと移り、家の中へ。フロルの風を貼って退散。

    小石の下から虫をビンに確保したら村を出て、ハイラル平原を南西の方に進む。

    木立のあたりにきたらビッグポウを出現させてハイリア湖の方に向かう。ビッグポウは出現位置が決まっている。ここでX、Yにフックショットと先ほど確保した虫をセットするのを忘れない。

    隠し穴の前まで来たら、ビッグポウの炎を受ける。
    一定時間で体力が減っていくので0になるのを見計らってデスホール。ゲームをやめてデスホールモードへ。

    先ほどはインパの家であったが今回はみずうみ研究所に現れる。

    003F デフォルト ⇒ 隠し穴 (ゴシップストーン、水たまりのある隠し穴)
    0043 ハイリア湖 ⇒ みずうみ研究所


    さてゲームオーバーから復活するなり、なにやら虫を取り出したり、水に飛び込んだり、今度は盾を構えたと思ったらビンを振ってさっき出した虫を捕まえてみたり。
    何がしたいのと思われるかもしれないが、これらによって『Bで使えるアイテムの剣が、ビンに上書きされ』た。そしてBにビンがセットされるのと同時に中身に虫が入ったことによって、"RBA (Reverse Bottle Adventure)"というメモリ書き換えバグが生じている。虫を捕まえた直後からリンクの腕に紫色のグローブがついているのがわかるだろうか。ポケットタマゴをⅡにセットした状態でのRBAにより得られるColored Gauntletsと呼ばれるもので、金のグローブと同じ効果を発揮する。

    RBA:各ボタンにセットされているアイテムの情報は「各ボタンにセットされているアイテムのID」⇒「各ボタンにセットされているアイテムのスロット番号」の並びで保存されている。IDがB,Y,X,I,IIの順、スロット番号がY,X,I,IIの順だ。Bボタンのアイテムのスロット番号は記録されない。このようにわざにアイテムスロットの情報が保存されているのは、どのスロットのビンが装備されているのか識別するためというのが一つの理由。ビンの中身が変わったときにどのビンを更新するか判断するためである。
    通常であればビンはY,X,I,IIのいずれかにセットされるので、ビンの中身変更のために更新するアイテムスロットを探す際には、各ボタンにセットされているアイテムIDのアドレスから4つ先のデータを参照すればよく、そのように処理されている。
    しかし悪いことをしてBにビンをセットした場合、同じ処理によって4つ先のデータを確認するがこれが『IIのアイテムID』。このデータが更新すべきスロット番号と判断されてしまい、ビン以外のスロットのアイテムIDやY,X,I,IIに装備できるアイテム以外のデータ領域にビンの中身のIDの数値が上書きされる。その結果ビンが増殖したり、装備画面・コレクト画面の取得状況に影響が出る。

    RBAについては、下記リンクの日本語解説が大変分かりやすい。
    https://wikiwiki.jp/lozrta/ReverseBottleAdventure

    Bビンセット:方法は多岐にわたるが、ここではQuick Drawという技を使っている。水に飛び込み、着水直前にアイテムを取り出すと次に同じアイテムを使用する際モーションなしで取り出すことが出来る、という技。
    この状態でL+Rを押したままビンがセットされているY,X,I,IIを押し、Rを放すとビンを振るのでこれで魚や虫を捕まえると剣がビンに直接上書きされる。

    Colored Gauntlets:腕輪/グローブ領域のデータにID上書きをすると腕輪やグローブの取得状況を変化させられる。2進法にすると3桁のデータで管理されており
    000 なし
    001 ゴロンの腕輪
    010 銀のグローブ
    011 金のグローブ となっている。通常プレイで入手できるのはこの3種のみだが、RBAで頭の位を1にすると色違いのグローブを入手できる。これらグローブは上述のとおり金のグローブと同じ効果をもつ。
    100 紫のグローブ
    101 緑のグローブ
    110 青のグローブ
    111 黒のグローブ
    ここで複雑な話であるが腕輪/グローブのデータを、Ⅱにセットした時にRBAによって書き換えうるアイテムは2つにまたがっている。頭の1桁はポケットタマゴでRBAした場合に書き換えられる数字であるのに対し、下2桁はNo Maskと呼ばれるお面を売った後のバツ印でRBAした場合に書き換えられる。
    ポケットタマゴRBAで書き換えられる領域8桁:00 00 000 0 左からタネ袋、サイフ、ウロコ、腕輪/グローブ
    No Maskで書き換えられる領域8桁:00 000 000 左から腕輪/グローブ、ボム袋、矢立て

    今回は腕輪/グローブを持っていない状態で、ポケットタマゴによるRBAで頭1桁を1にしたことによって100の紫のグローブを手に入れたわけである。ちなみにあきビンのIDは0001 0100のためポケットタマゴをセットした状態でBビンの中身を出すとカラーグローブではなくなる。
    ところでバクダンなし登山時代以前、ゴロンの腕輪をスキップして大人になることは出来なかった。一度入手した腕輪を消すにはRBAしかないが、No MaskをⅡにセットするのは少し手間なので紫のグローブは入手が難しいアイテムとされていた。


    再び、虫入りBビンを手にしたまま水に飛び込む。着水直前にフックショットを入力してQuick Draw(すぐ上のBビンセットの項で解説 予定)。そして空中でBボタンの虫入りのビン、フックショットの順に入力。すると着地と同時にビンから中身を取り出すアニメーションが流れるはずだったのが手に持ってるのはビンではなくフックショットのため、ゲームが混乱してデフォルトモーションとして設定されているオカリナモーションが発動する。Ocarina Itemsという技で、他にもバクダンの爆発時のモーションにムービーが流れるアイテムを重ねる方法などいくつか別の方法がある。
    これで鑑賞モード用となっていた下画面でオカリナ用画面が展開する。オカリナ画面を閉じても下画面は使える状態のままだ。X,Yにフックショットとフロル、そしてⅡにあきビンをセットしてフロルワープ。

    井戸の底の内部に現れる。座標はフロルが記録していたインパの家裏口のものであるため、ダンジョンの中心部に出現する形。

    05C8 屋根側の入り口・カカリコ村 ⇒ インパの家
    05CC ??? ⇒ 井戸の底


    壁の角となっている部分では少しめり込むことができる場合がある。右手だけ向こう側に失礼してフックショットを宝箱に引っ掛ける。ボムチュウをゲットだぜ!したら上へ戻り、みずうみ研究所でしたようにビンとフックショットでOcarina Items。
    ここで先ほどⅡにあきビンをセットしていたので、Bビンでの虫出し入れによってインベントリに別の虫入りビンが入っている。

    向かって左側のツボをもって、ゼルダの子守唄を奏でると水位を下げられるトライフォースマークがある水たまりに向かう。この時、水たまりを超えるなどオートジャンプを発動させてしまうと下画面のオカリナが使えない状態になってしまうので注意している。
    またX字の組木の周囲では通常ゲームモードでナビィがフォールマスターについての注意をしてくる範囲があり、これも避けて通っている。鑑賞モードではナビィが出現しないためかこのテキストが出現するところではゲームがクラッシュしてしまう。

    トライフォースのところに来たら、落ちるギリギリからツボを水たまりの方に投げる。そしてゼルダの子守唄を演奏して水位を下げたら勢いをつけないように水たまりに落下。そっと下入力とL注目で岸に向き直る。カメラ、L注目、Aの同時入力でDive Cancelという技を発動し、上入力をして登れる壁につかまる。(カメラはタッチアイコンであり、アイコンを開放してから起動まで猶予がある。ボタン入力とタイミングを合わせるためにポーズバッファというテクニックを使っている。)
    『おりる』で地面に降りるとAが水中に潜ったときの数字のまま動きまわれるようになる(8Aバグ)。この状態で入手時アニメーションが流れるアイテムを拾うと、デクの樹でハンマーを入手したときに行ったGIDが発動する。
    今回は魔法のツボを使ってGIMを行う(これまでの道中で魔法のツボを一度でも拾ってしまっているとアウト)。実は魔法のツボを拾ったあとは登れる壁が登れないのだが、8AバグによるGIDの副産物としてその場で背伸びジャンプができるGround Jumpの効果を得るのでこれで段差を登る。

    デスホールモードではAが表示されていないので何が何だかさっぱりのことと思う。

    ポーズバッファ:

    GIMに使うのはコンパスの宝箱。
    アイテムによってはGIMを行ったときにクラッシュすることがあり、ムービーシーンのあるアイテムを使用するとクラッシュを回避できることが知られている。今回もそのためにポケットタマゴを取り出している。

    ところで水位を下げたためGIMを達成することができなくなってしまった。
    しかし実は水判定自体は床の下、垂直方向に広く存在している。そして井戸の底にはメインのフロアとなっているB1より下にB2,B3のフロアがある。よって水があるメインエリアをロードしたままこれら下にある部屋に行くことができれば水判定に触れることができる。

    Hookshot Clipという技をつかうと、先ほどのような壁の角ではなく壁面でも右手をめり込ませて壁の向こうの的にフックショットを当てることができる。これで未ロード状態の隣部屋の、B3に続く梯子に引っ掛けてすり抜ける(描画されていないが梯子の判定は存在する)。

    そこから水判定に触れて浮上。水面に到達すると、なんだか訳の分からないうちにボム袋を入手する。
    (日本語表記では"わからない!"と出てシュール。ちなみにこれは裏のジャブジャブ様で壁に埋まる牛に対してのテキスト。)
    セーブリセット。これでデスホールモードから通常のゲームモードに戻る。

    セーブの際、"Bに剣が入っているかの確認"と"セットし直し"の処理が行われる。
    "セットし直す"処理として、"Temp B"というBのアイテムの情報を一時的に保管するメモリ領域を参照する。すると今の場合デクの棒がセットされる。

    これによりBビンとともに中に入っていた虫を失ってしまう。
    井戸の底でのOcarina ItemsついでにRBAで別の虫入りビンを入手していたのは虫を失うのを防ぐため。

    Bに対して上記処理が行われる理由は、Bには通常プレイ時もミニゲームやエポナに乗る時など、剣以外のアイテムがセットされる場合があるからである。ゲームはこれらの際、『剣というアイテムが入っていたよ』という証拠を一時的に記録しておいて、終わったら元に戻したいと考える。そこでTemp Bが使われる。
    通常時 Bに剣が入っているかの確認を行って、4種ある剣のどれかが入っていればそのままでよい。しかしミニゲーム等が終わる際Bにはミニゲームアイテムが入っているため、これを元に戻すべく開始時にTemp Bに保存しておいた"元のアイテムのID"を読み込んでセットするという仕組み。
    一方、Temp Bはミニゲームの際だけでなく『はしごを使っている間なので半透明になった』『使用可能になった』などの、Bボタンの状態管理にも使われている。当該行為を行ったときにTemp Bにそれに応じたIDが設定される。例えば水中に入っていた状態から陸地にあがりBが使えるようになったときはID 00が設定される。
    今回の場合はこう。セーブをしたのでBに何が入っているか確認する。ビンだ。剣以外のアイテムが入っているためTemp Bを参照する。参照できる情報は『Bが使用可能でした』ということを示すID 00。ということで仕方なくアイテムID 00のデクの棒がセットされた。


    ゲームを再開。井戸の底を出る。

    たった今入手したバクダンと、あきビンをセット。バクダンを使って隠し穴を出現させて入る。リーデッドを倒して出現する宝箱から200ルピーを入手。実は先ほどのポケットタマゴRBAで、グローブと同時に大人のサイフも手に入っていた。
    リーデッドが落とした魔法のツボもしっかり入手。今後魔法はかなり使う機会が多いので適宜魔法のツボを拾っていく。

    穴をでたらデスマウンテン登山道を通ってゴロンシティへ。盾を手に入れたので道中はHESS (Hyper Extended Super Slide)というスライド技でスィー。普通に走る場合の3倍のスピードが出ている。

    ゴロンの服を手に入れたらチュウゴロンから巨人のナイフを買う。使用目的は、カーソルをずらし直すことでBに剣をセットし直すため。

    ゴロンの服を着て、剣を装備し直したら火口へ。炎のボレロを習得しに来たが、ムービーが始まる判定に死にながら触れることでムービーをスキップ。
    歌の習得フラグはムービーが流れると同時に立っている。これで長いやり取りをせずに覚えられる。

    このあとメヌエット習得で同じことをするため体力を削ってからゴロンシティに戻る。
    迷いの森へ。森の聖域への途中、ミドが通せんぼしているがサリアの歌を覚えていないのでどかすことはできない。
    だが通る。
    ゾーラ川へのショートカットの石を使ってLedge Cancelというバグ技を使用。
    低い段差を登るモーションが終わる直前にダメージを盾でガードすると、カメラの状態がおかしくなり、リンクがNPCや岩などをすりぬけるようになる。

    森の聖域に入ったら、まず通路の入口でバック宙をすることでナビィが話しかけてくるのを回避。
    そして縁でのサイドロールにより繰り出される特殊なジャンプを使って迷路の上に。

    メヌエットのムービーを先ほどと同じようにスキップしたらそのままセーブワープで時の神殿へ。

    時の神殿外エリアから城下町に出たところにフロルを設置したらカカリコ村へ。
    途中ハイラル平原でビッグポウと遊んでいるが、ゲーム内時間を進めて朝を待ちつつ体力を調整するため。てのりコッコが孵るのを確認しながら村に入る。先ほどハイラル平原を長い時間かけて移動したのは、コッコが孵るのを待つ意味でも無駄ではなかった。

    魔法のツボドロップを期待して草を刈るもでず。ここでは諦めて隠し穴からデスホール。

    穴の中でゲーム再開したら急いで二つことをしている。
    穴から出る用のエントランスに入り、そしてフロルワープ。
    DHVW/RDHVW (Death Hole Void Warp / Reversed Death Hole Void Warp)という今年3月に提唱された技で、上記二つの移動を重ねることで、デスホールによりWrong Warpをしながらその復帰座標を変更している。ワープをするタイミングによってDHVW,RDHVWという二つの結果のいずれかになるが、今回はRDHVWのほう。

    DHVW/RDHVW : <あとで説明を足す> DHVWでは隠し穴に入る前にそのマップに入るのに使ったエントランスを参照してWrong Warpし、フロルが記録していたroom, 座標に出現する。RDHVWではフロルに従ってWrong Warpしながら、元のマップでの隠し穴があるroom, 座標に出現する。

    城下町にワープする。
    025F 時の神殿 ⇒ 城下町・子供昼
    0262 路地裏(右側) ⇒ 城下町・子供昼

    このときワープしてきた座標は、カカリコ村のマップで利用した隠し穴がある座標。
    草から念願の魔力回復をしつつフロルのポインタをセットし直す。これでフロルの風がこの座標を記録した。
    ハイラル城側から路地裏へ。

    平原側の入口から城下町に入ったところに出てくる。
    00AD 右の入口・城下町 ⇒ 路地裏・昼
    00B1 城下町入口 ⇒ 城下町・子供昼

    ここで再びロードゾーンに触れながらフロルを使い今度はDHVW。すると...

    闇の神殿にワープ。
    0033 城下町 ⇒ 城下町入口・子供昼
    0037 墓地 ⇒ 闇の神殿

    そしてその座標は先ほどフロルが記憶した座標、すなわちカカリコ村で利用した隠し穴の座標。
    空中に出現し少し落下したところでロードゾーンに触れている。

    ということで座標を工夫してワープしてきたのはボス部屋の真上でした。(正確には少しずれているのでワープ直後から左下入力をしている。)
    このようにボス部屋の入口判定は、どのroomにいるかによらず常に存在している。
    低いところにボス部屋を用意したのが悪い。

    もちろんこのボス部屋への移動もWrong Warpになっているので移動先はボンゴボンゴの部屋ではなく水の神殿のボス モーファの部屋。
    0413 闇の神殿 ⇒ 闇の神殿ボス部屋
    0417 水の神殿 ⇒ 水の神殿ボス部屋


    モーファを通常通り角ハメで倒す。隙間時間を利用して体力を削りつつフロルも貼っておく。

    青い光に触れるのと同時にフロルの風を使用し、ホワイトアウトと同時にワープすることで賢者の間に移動せずに水のメダルを入手。メダルも歌同様、ムービー開始時点で入手フラグが立つ。
    ちなみにこの技に失敗して賢者の間に移動してしまっても、普通にフロルの風を使って戻ってくることができるのであまり問題ない。

    戻ってきたら再びフロルの風をセット。そしてダメージを受けて死にセーブリセット。

    再開してフロルワープ。するとフロルが記憶しているベースエントランスは0413なのでボンゴボンゴの部屋に出る。
    これも通常通り倒し早くも2つ目のダンジョン攻略。戦闘の間にフロルをセットしており、闇のメダルもムービーをスキップして入手。

    復帰したらバクダンと虫入りビンを使ってOcarina Itemsを発動し、メヌエットを演奏してワープ。第3のダンジョン 森の神殿へ。エントランスムービーが終わったら流れるようにフロルをセット。そして出ていく。

    迷いの森へ向かう。途中ゴシップストーンに子守唄を奏で、あきビンに妖精を捕まえる。
    一旦コキリの森へ出て再び迷いの森に。そしてゴロンシティに入りまた迷いの森に戻る。
    一旦コキリの森に出たのは道中をミドが通せんぼしているから。ゴロンシティへ出入りしたのは、悪いことをするためである。

    スタルキッドとセッションするエリアにおりる。フックショットを手に持ってL注目した状態で梯子に向かって前転アタック。反動を受けている間にフックショットを入力すると、リンクはその場で動けなくなり一定間隔でフックショットを取り出すモーションを繰り返すようになる(Invincibility Glitchという状態)。二回目の取り出しモーションの時にタイミングよくフックショットを一瞬だけ入力する。
    すると真上に吹っ飛ぶ。

    Hookshot Jumpという技。フックショットが何かに刺さる瞬間にフックショットのモーションをキャンセルすることで発動する。発動方法にはいくつかあり、3Dではブーツ着脱のモーションを使う方法が有名。
    今回はInvinciblity Glitchそのものによりフックショットが梯子に刺さるモーションがキャンセルされて発動している。この方法でのHookshot Jumpは2017年の4月に64版で発見され、すぐに3Dでも使用できることが確認された。

    https://www.youtube.com/watch?v=n_Z-YeOXhUo
    64版とInvincibility Glitchの挙動が少し異なり、2回目の取り出しモーション時に自動的にフックショットが射出される。適切なポジション取りをすれば、割とシビアなフックショット入力のタイミングを捉える必要なく勝手にフックショットジャンプをしてくれる。


    Hookshot Jumpでなんとか木のトンネルの上に乗る。
    そこから今度はマップの隅、上方にある木の枝のオブジェクトの上に乗りたい。
    角度を合わせてボムチュウを取り出してジャンプ。空中で起爆し、爆風を受けて飛ばされる形で枝の上へ(ダメージブースト Damage Boosting)。

    この木の枝の足場判定は一部特殊な傾斜がついている。
    通常足場の端からフロルの風等ムービーアイテムを使いながら落ちようとしても
    ・崖つかまりをするところでは崖つかまりをする
    ・崖つかまりをしないところでは、空中でムービーアイテムを使用した判定となり着地するまで何もできず落下する
    の二通りの結果となるが、このような特殊な傾斜がついているところではムービーアイテムを使用しながら足場から滑り落ちることができる。

    異空間落下判定と同時にフロルワープすることでVoid Warp。

    Void Warp :

    フロルを設置していた森の神殿にワープ。ワープ後の初期位置は書き換えられて、ワープ発動前のシーンにセットされていたエントランス
    すなわち迷いの森でゴロンシティのショートカットから出てきたところのroom番号、座標に出現する。
    森の神殿においてはエレベーターのある大広間、その異空間に出現する。

    空中に出現して落下モーションのまま特にどこにも着地できないので、まずはそのまま落下。落下判定を受けるとフロルでワープしてきた座標に復帰する。
    落下判定を受けて体力を1失って0となった。体力0の状態で空中に出現すると、落下しながら移動できるようになる(Zombie Walk)。64版では自由に動き回れるが、3Dでは前転、横っ飛び、バック宙に限られる。

    ということで横っ飛び。
    判定に入ると唐突に幽霊4姉妹のムービーが始まる。この時点で大広間の下に存在する地下2階の足場に着地しているので、ムービー終了と同時に体力が0なのを受けて死亡する。妖精を捕まえておいたので復活。

    改めて、ロードされていないためわからないと思うが現在地下2階ボス前の部屋にあたる場所にいる。(注意深く足音を聞くと、硬い床を踏む音から絨毯に乗っている音に途中でかわるのがわかるだろう。)
    ここからどうするのか。もちろんボス部屋に侵入する。
    ロードされていない状態でも床・壁の判定がある程度しっかり存在しているのだが、実はボス部屋の扉のところに甘い部分がありそこから侵入できてしまう。

    盲目的に手探りでたどり着くのは不可能に近いが、この異空間からボス部屋侵入までの動きは既に別のRTAのルートで取り入れられておりセットアップ化されている。特定の角に辿り着いたらそこから横っ飛び、前転、バック宙など動きが固定されたアクションを使って目的地へ。最後は"床判定の隙間"に向かって心眼を使って飛び込むと、ボス部屋のロードゾーンに触れる。

    ファントムガノンを倒したらアイテムセットしつつお得意のムービースキップ。
    Void Warpではフロルのポインタの情報が更新されずセットした場所に残っている。
    森の神殿も片付いたので退散。
    次はゾーラエリアへ向かう。

    迷いの森からゾーラ川のショートカットを利用する。
    子供時代に銀のウロコを手に入れたので子供時代に来た時と違って普通に行ける
    と思いきや、水に潜ってみるとAの数字にして1しか潜れないことに気がつく。

    大人時代の始めのほう、井戸の底に行く際のDHWWの時にポケットタマゴでRBAをしたのを覚えているだろうか(このページの上の方にある)。
    その結果として紫のグローブと大人のサイフを手に入れたわけだがもう一つ、副作用的に”潜水の深さ1”という効果を持つアイテムを入手してしまっていたのだ。これでは初期状態よりも能力が低い。

    よって子供時代にやったのと同じNavi Diveでショートカットを利用する。

    ゾーラの里へ。
    この先にはジャブジャブ様がいるが、今このエリアに来たのはダンジョン目当てではない。
    訳あって、この先『嵐の歌』が必要になるからだ。

    既プレイなのにこの説明を「ふーん」程度に思った人は、だいぶ毒されてきていると思う。

    デクの実を補充したら下におりて岩の柱になっている部分にジャンプ斬りで壁抜け。ここは時オカ3Dでも指折りの壁ガバガバスポット。
    そこから異空間を歩いてゾーラのお店に入る。
    いつもの服に着替えつつフロルセット。そして炎のボレロを演奏してワープ。

    いつもの服なので、火口では"あついよタイマー"が設定される。
    時間内に赤岩の下にある隠し穴に辿り着き、これを露出。
    時間切れになると体力が一気に0になるので、これを利用してデスホール。X.Yがバクダンとフロルなのを確認。

    死亡後再開したらフロルでワープ。
    するとカカリコ村のクスリ屋に出る。
    0380 ゾーラの里 ⇒ ゾーラのお店
    0384 カカリコ村 ⇒ カカリコ村薬屋

    裏口から出ると...

    グルグルさんの目の前に出現。
    04FF カカリコ薬屋・裏口 ⇒ カカリコ村
    0503 風車小屋・嵐の歌習得後? ⇒ ?

    バクダンOIでオカリナを構えて嵐の歌を習得する。
    セーブリセット。

    カカリコ村へ。

    今後、大人トレードアイテムであるあやしいキノコを入手する。そのために今持っている"てのりコッコ"を寝ているタロンに見せて、コッコ姉さんにからコジローを貰うという手順を踏む。
    そのためタロンがいる民家にドアを開けずに侵入しなければならない。
    どうするか。

    民家の横、いいところに箱がある。
    これにフックショットが刺さるので、民家のドア側の壁を貫通する形でHookshot Clipをすることができる。
    これだけではロードゾーンに触れることができないので、箱の上にバクダンを置いておき、Hookshot Clipと爆風でのDamage boostingを組み合わせることで侵入する。

    民家に入ったらタロンにコッコを見せるが、フロルの風のセットもしておく。
    中からはドアを無視していくことはできないのでセーブワープ。

    コジローを貰いにカカリコ村へ。
    そのあと今貼ったフロルの風でDHWWするため、城下町のリーデッドからダメージをもらっていく。

    というわけでコジローを貰ったらデスホール。
    湖の研究所に出現。ここでまたBにビンをセットする。
    一連の操作で装備アイテムのビンからBのビンに虫が移ったが、Ⅱにはあきビンをセットしていたので今しがた開放した装備アイテムのビンも改めてRBAによって虫入りのビンに書き換えられた。
    井戸の底でやったのと同じ、セーブしてBがデクの棒に代わってしまったときに虫を失わないようにするため。

    Bビン化が終わったらフックショットでOI。X,Yにバクダンとフロルをセットしたら炎のボレロを演奏。

    さてDHWW中なのでオカリナのワープソングの移動もWrong Warpになる。
    ハイラル城の中庭入口付近に出現。
    04F6 ボレロ用エントランス ⇒ デスマウンテン火口
    04FA ハイラル城中庭・見張りに見つかる ⇒ ハイラル城

    一方、ワープソングを使うとその演出ムービーによってデスホールモードが解除される。

    まずハイラル城を逆走して城下町方面に行く。

    その前にバクダンOIで嵐の歌により出現する隠し穴を露出。改めてデスホールを行う。
    実はデスホールモードが解除されたのは都合が悪かった。このように再度デスホールを行い穴から出ることで、デスホールモードとしてハイラル城に出られる。
    デスホールのために体力を削る際、フロルの風を表示することで一度の爆発から複数回ダメージを受けている。Damage Bufferingというテクニック。
    細かいが、このとき使うバクダンはAで地面に置いている。盾を使う全ての下画面アイコンが半透明になり使えなくなってしまうため、デスホール用のバクダンが出せなくなる。

    さて逆走する。
    通常、一旦ハイラル城を囲む堀側に来てしまうと段差は登れず、また唯一の通り道となっている箇所を守る二人の警備が厚く、城下町側に行くことはできない。
    しかしGround Jump (その場での垂直飛び)をすることで崖つかまりできる箇所があるのを知っていれば問題ない。

    ESSポジションという、その場でリンクが回転する程度の強さでスティックを入力した状態からバック宙をすると、体をひねった特殊なジャンプが発生する。このジャンプの最中にダメージ源を盾で防ぐと、ジャンプがキャンセルされて高い段差に手をかけることができる。2017年夏に、これをつかったドドンゴの洞窟ショートカットが見つかった。

    丘に登ったらゴシップストーンに対してバクダンOIでゼルダの子守唄を演奏。
    妖精を確保したら、門の内部にある梯子のところに向かう。

    梯子でinvincibility Glitch Hookshot Jump。通常プレイではいけないエリア端の足場に乗る。
    そのまま歩いて外周ぐるり、元居た中庭入口のほうまで行く。
    この付近では足場が通常プレイエリアに向かって斜面になっている。そして外側は異空間になっている。斜面の上を内側の通常エリアにも外側の異空間にも落ちないよう進んでいく。するとこの足場が通常エリアの範囲よりさらに先に続いていて、そこでは斜面の下がそのまま異空間になっていることがわかる。
    リンクは急斜面に立つと専用のモーションを伴って滑っていくことが多いが、ここの斜面ではリンクはモーションを伴わず自由に歩ける状態で滑り落ちていく。滑りながらアイテムの使用も可能。
    下が異空間になっているのをイイことに、ここでフロルを使ってVoid Warp。バクダンとハンマーをX, Yにしておく。
    この特殊な斜面を使ったVoid Warp、64では以前から使われていたが3Dでは子供でも大人でもここにくる方法がなかったが、昨年の大晦日に筆者が子供で出来ることを確認したことで幅が広がったとアピールしておく。

    フロルの風をセットしていたのはカカリコ村の民家。Wrong Warpによってジャブジャブ様のボス部屋に出現する。座標は、まあ例によって異空間、空中。
    02FD 親方の家・カカリコ村 ⇒ カカリコ村民家
    0301 ジャブジャブ様のお腹 ⇒ ジャブジャブ様のお腹・ボス部屋

    まずは何もできないので落下。体力が0になったらZombie Walkで横っ飛び。復帰後すぐではなく2,3秒待ってから横っ飛びをするのがポイント。これでボス部屋の壁判定の外側の足場に着地できる。死亡するが妖精で復活。
    ボス部屋が正常にロードされていないのは、ワープ前のエントランスである中庭⇒ハイラル城のハイラル城のroom番号が00なのに対してボス部屋マップにおけるボス部屋のroom番号が01であるため。ボス部屋マップのroom番号00にはボス部屋の前の部屋っぽいエリアが描画されている。

    この異空間の足場をうまくつたって、ボス部屋入口方面に向かう。
    ボス部屋を取り囲むように存在するこの足場は狭く、外側(リンクの左側)に容易に落ちてしまう。一方内側(リンクの右側)に一度入ると壁判定に閉じ込められてしまうことになる。

    入口付近にくるとスライド式のドアが見えてくる。ドアのあたりにロードゾーンが存在している。通常プレイでは使用できないが、デクの樹やドドンゴの洞窟のようにボス部屋⇒ダンジョン内部のエントランスも用意されているのだ。

    残念ながらこのロードゾーンまでは足場がつづいていない。
    そこでMegaflipという技をつかって後方に大きく飛ぶ。無敵時間中にダメージ源を防ぎながらバック宙をすることで発生する。これでロードゾーンに触れる。すると...

    Wrong Warpによりドドンゴの洞窟のボス部屋に出る。
    0407 マップ番号14、ジャブジャブ様のお腹のシークレットマップ#0 ⇒ ジャブジャブ様のお腹
    040B ドドンゴの洞窟 ⇒ ドドンゴの洞窟ボス部屋

    ドドンゴの洞窟のNo Door攻略は大きな課題の一つであった。ブーツを使ったHookshot Jumpをすれば最初の部屋からボス部屋に飛び込むことは可能なのだが、そのブーツがNo Doorでは現状どちらもとれない。上記の複雑な行程は Benstephens氏が苦心して辿りついた現状唯一のルートである。そしてこれを支えるキーとなるテクニックの多くは最近見つかったものであり、Ben氏はじめ3D勢の頑張りの賜物といえる。

    キングドドンゴを難なく倒す。Bが剣ではないのでハンマーで戦う。戦いながら溶岩でダメージを貰う姿には、もはや何も言う必要がないであろう。

    青い光に普通に入る。水の神殿などと異なり、賢者の間のシーンの前に別のムービーが流れるため同様のムービースキップができない(代わりにWrong Warpが発生する)。

    ゴロンのルビィのムービーが大人リンクの状態で始まる。奇妙。
    ムービーが終わるとDHWWの影響が及び、ハイラル城で見つかった時のエントランスに出る。
    自爆してセーブリセット。
    047A ゴロンのルビームービー ⇒ デスマウンテン登山道
    047E 見張りに見つかる(外) ⇒ ハイラル城


    これでダンジョンは4つクリア。あと半分。

    時の神殿よりゲーム再開するところから次の記事で。


























    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。