PANDAPIA現地集合イベント2016β その7
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PANDAPIA現地集合イベント2016β その7

2016-12-29 00:33
    PANDAPIA主催の現地イベントに参加して来ました。
    今回のツアー内容をなんとなーくまとめてみたいと思います。
    次回の参加を検討している方々の参考になるとよいのですが。
    メモなど取っていなかったので間違った記述もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

    4日目 AM 熊猫谷:星s探し〜パンダ釣り

    おはようございます。

    心配していた雨は止んだ
    ようです。

    本日のTシャツ
    後ろ右裾に寝成就。

    フロント

    面白い造りの建物
    (千と千尋 中華版的な?)
    でした。

    ホテル入口

    一つの建物ではなく、いくつかの棟に
    わかれていました。
    私はフロントのすぐ上のお部屋でしたが、
    別棟の方もいました。

    朝食の場所は
    外に出てこちら。


    お粥と中華まんのかわ的なやつ
    と温かいオレンジジュース
    (もっと色々あったはずですが
    自分的に大丈夫な物を選んだ
    結果こんなさみしい感じに。
    しかも食べかけ)

    チェックアウトとか色々して
    バスが本格的に出発したのは
    多分8時過ぎでしょうか。

    ガイドさんによると2008年の
    地震では大きな被害を受け、
    上海市の援助で昔ながらの
    外観の町並み風(中身は現代)に
    復興が進められたそうです。

    太極拳やおばさま方の
    ダンスチームも見ましたが
    こちらは剣舞?

    車中で聞いた四川情報。山に囲まれていて比較的安全な地域だったので、四川の人はおだやかで言葉も優しいちょっとお上品な感じらしい。なので男性の場合「なよっとしてる」と思われることもあるとか。確かにスタッフさん達の話している言葉はあまりキツく感じなかったかも。

    パンダ谷に似合わない奇抜な
    デザインの建築物。競技場?

    リゾート開発も盛んなようで
    建築ラッシュみたいです。
    環境は守られるのかちょっと
    心配になりました。

    熊猫谷に到着
    パンダ基地と同じデザインの入口

    ででーん

    熊猫谷


    あの向こうの山には野生のパンダさんが
    いるかも。

    パンダ達のタケノコもあの山の奥の方から
    採って来るらしいです。
    おいしい竹やタケノコが育つ環境と
    奥地へ採りに行ってくれる人を確保
    しないと施設にいるパンダ達の生活は
    成り立たないんですね。

    熊猫谷は一本道の細長〜い施設
    です。半分位の所に売店があり
    その先からパンダ舎があります。
    お客さんも少なめで
    とても静かな環境です。

    いちばん手前には人気者の
    2012年組
    奥莉奥、園潤、淼淼
    がいます。

    次は
    小Y頭、(小雅)、小妮。
    今回アントニオ(小雅)には
    会えませんでした(T_T)

    小Y頭(シャオヤートー)ママンの
    お顔ちゃんと見たことなかった
    けど、とても可愛い。

    アイパッチは息子たち
    アントン&ロド(小雅&小川)
    に受け継がれていますね。

    PANDAPIAの放送を見るまで
    ママパンダがこんなに可愛いって
    知りませんでした。
    大人になっても可愛いパンダ
    素晴らしい。

    次は園琳。
    園潤、今年生まれた園月&園満
    のお兄さんですね。

    次はスペイン帰りの
    徳徳、阿宝。
    こちらも今年生まれた女の子の
    お兄さんですね。
    梅さんが出張してましたね。

    次は
    妮妮(成就のお姉さん)、
    小川、大妮。
    しかし、
    お子様達の姿は見えず。


    いちばん奥は
    超有名パンダの
    51。


    熊猫谷でのメインイベント①
    「野生化訓練中の星語、星願
    の姿を探す」ため通常は入れない
    科学研究エリアに入ります。

    探すって...と思いました。ちょっとした山道ですが、階段状に整備はされているので、気をつけて歩けば大丈夫でした。管理された結構広い半野生化エリアで自由に行動しているそうですが、えさ場が5カ所くらいあってご飯はそこに用意してあげるけど、ちゃんとえさの場所や水の場所を自分たちで覚えていないと暮らしていけないよって感じらしいです。
    そしてなんとラッキーなことにいちばん近いえさ場でタケノコを食べる1パンの姿が!! 静かにざわつくツアーメンバー。最初「語ちゃん?」「姐さ〜ん」だったのですが、途中から「あれ?星願?」という声もちらほら...しばらく星sを見ていなかったので、見分けが難しかったです。確認してもらったところ、「星願」でした。しばらく星願のお食事をみんなで静かに眺めてからお別れしました。語ちゃんには会えませんでしたが、願に会えてよかった。

    熊猫谷でのメインイベント②
    「パンダ釣り体験」の準備
    タケノコ洗い。今回は3班に
    分かれました。

    置いた状態でシューっとして、かごに入れてもう一度シューっとしました。かなり高圧で噴射されるので、華奢な方は飛ばされそうになっていましたが、私は大丈夫でした。タケノコを洗い終わったら次はいよいよパンダ釣りです。タケノコのかごを持って移動します。重いです。パンダケーキとりんごは飼育員さんが持って来てくれました。

    釣られ51。
    この竹の棒さばきがなかなか
    大変です。長いので通路の
    後ろにひっかかるし、
    ちょうどよい高さにして
    あげるのが難しいのです。

    スタッフさんが次々と指示を出してくれるのですが、「(食べさせて)あげて下さい」が「(上に)あげて下さい」の意味で受け取られ、パンダ達を焦らし過ぎてしまう場面もありました。日本語って難しい。

    おやつの時間をわかっていて
    待機中の妮妮。よだれが...

    釣り体験の対象でない子の
    前を素通りでちょっと
    可哀想でした。

    私は徳徳に
    パンダケーキをあげました。

    ケーキとりんごの後は
    洗ったタケノコをぶん投げます。
    思いっきり投げないと
    飛んで行きません。

    自分がどの子に何をあげるかは
    決まっておらず、順番の
    運次第でした。好きな子に
    あげられた方は
    ラッキーでしたね。

    ぺろやーと。

    小妮おでこ汚れてるよ。

    妮妮も満足そう。

    パンダ座りが可愛い。

    ずーっとペロペロしていました。

    好きなパンダさんが熊猫谷に
    いる方は是非行って下さい。
    近くでゆっくり会えますよ。
    (移動も多いのでタイミングは
    難しいかもしれませんが...)

    お昼は社員さんの休憩室にて
    社員食堂の物を。
    ←とあとりんご丸々1個。
    仮眠用?のベッドがある
    お部屋もありました。

    午後はフリータイムです。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。