中の人など…いる?『究極のパンダ着ぐるみプロジェクト』お披露目会
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中の人など…いる?『究極のパンダ着ぐるみプロジェクト』お披露目会

2019-07-13 07:28
  • 1
4月10日から5月15日まで 本物みたいな「究極のパンダ着ぐるみ」の実現を目指したクラウドファンディングが実施されました。目標額に達しなくても実行されるタイプのプロジェクトで 完成後にはお披露目会で究極パンダさんに会えるとのこと。クラウドファンディングは初めてでしたが、支援者になってみました。お金持ちだったらもっとババーンと出したかったです。
結果は…目標額には遠く及ばず残念でしたが、製作は進められ7月6日にお披露目会となりました。パンダファン且つ造型とかフィギュアとかメカ的なものにも興味があって、面白そうならお金を出してもいいよっていう人が少なかったのでしょうか…
 
会場となった3331 Arts Chiyodaは廃校になった中学校をギャラリーやイベントスペースとして活用している施設だそうです。当日はカルピスのイベントをやっていました。寄りませんでしたがカフェもあるみたい。ドキドキしながら究極パンダさんの登場を待ちました。関係者以外では初披露だそうです。


究極パンダさんは2足歩行で手を引かれて登場、お座りしてスタンバイ完了すると本当に本物みたいでした。製作スタッフさんによると上野や白浜へも取材に行かれたそうで、観察すればするほどここが違うという箇所が出てきて苦労されたとのことです。


口も動くし、美味しい時に目を細めるところも再現されています。事前に動画で確認していましたが、実際に見ても おぉ、となりました。


座った時にしっぽが前に来るともっと良くなりそう。爪や肉球もリアル。この後の個人の撮影タイムの時にお触り可能だったんですが、すっかり忘れてました…(T_T)


瞳も色々な工夫を凝らしているそうで、無機質な感じではなく、生き生きしてると感じました。ニコニコして幸せそう。


写真が微妙なんでわかりにくいかもですが、まつ毛っぽい長い毛や、お口周りの長い毛もちゃんとあります。毛の流れもなど調整しながら植毛してカットしているそうですよ。フェルトでも植毛のテクニックがありますが、いつかやってみたいなぁ。大変そうだけど。


汚れ具合にもこだわったそうで、白浜っ子を参考にしてるからなのか茶色濃いめです。
でも可愛い。







個人の撮影タイムは1組2分程度でしたので、パンダ家族全部のせにしてみました。究極パンダさんに抱っこされた世界で初のぬいぐるみ達になるのでしょうか?


後から考えると落ち着いて行動すれば 新生児&10天、長毛伴伴s、成就成実の3組に分けて撮影出来たなぁ。当日は舞い上がっていたので、しょうがないですが…


かなりの完成度と思うのですが、パン友廃人からは瞬きと一緒にアイパッチが動くといいなぁ、とか しっぽピコンは無理かなぁ、などの要望が。私もお耳も動くといいなぁ、と思ったりします。


今後も進化し続けるかもしれない究極パンダさん。7月17日(水)からはレンタルの詳細発表&受付が開始されるそうです。映像作品、CM、イベントなどでのご活躍を楽しみにしております。


製作スタッフの皆様がすごいのはもちろんですが、素材やメカ的な技術の進歩のお陰でもあるのかなぁ。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
またどこかで再会できるでしょうか?お金持ちなら個人的にレンタルするんですけどねぇ。


後でニコニコ用に動画作成する予定ですが、動く様子はひとまずこちら↓
Instagram 究極パンダさん動画1
Instagram 究極パンダさん動画2

7/15追記 ↓動画を投稿しました。動いている様子もお楽しみください。


特殊造型スタジオ ゼペットさんのサイトはこちら↓
究極のパンダ着ぐるみプロジェクト
https://www.zeppet.com/ja/panda/
https://www.zeppet.com/ja/dn/?p=7024



広告
×
非常によく研究された、素晴らしい作品ですね。
ここまでの完成度のものがこっそり存在していたとは、
恐ろしいの世の中になったものです(笑)
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。