正直ショックやわ 私能力ないんだ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正直ショックやわ 私能力ないんだ

2019-07-26 04:02

    就職してからというもの、とにかく仕事が辛くて、相当無茶苦茶でした。
    周りの人と同じようにアウトプットができないのです。
    上司には、遅れ何周かわからないくらい周回遅れでできてないと言われる始末…。

    そのうち整理のために書くかもしれませんが、心療内科に行ったりとか、会社のカウンセラーの人と話したりだとか、産業医の先生と話したりだとか…。
    色々しました。

    その結果、わかったのが…。
    なんとなーく、そんな気はしていたのですが、私は発達障害のようですね。

    それで、知能検査とか、自閉症検査とか、受けました。
    結果についてまだ出ていないのですが…。

    テストを受けた感想ですが、どうも、私は、普通の人ができることが、できないのかもしれませんね。
    どう考えてもかんたんな問題のはずなのに、できないことが結構多い…。

    今日は知能検査だったのですが、ショックすぎて、こんな時間になるまで、色んな人のブログを読んだり、記事を読んだりして、受け止めようとしてしまいました。
    明日仕事なのに…。

    お勉強は頑張ってきましたし、少なくとも人並みにはできるはずなのですが、そんなのは何の慰めにもならないのかもしれません…。
    お勉強って、後天的に得る能力であって、伸ばすことができるのですが…。
    生得的な伸ばせない能力というのもあるようです。

    細かいところは、後日補足するかもしれませんが、やってみると想像以上にできないことってありますね…。

    1つ、私の場合、短期的な記憶力が全然ない模様です。

    例えば、順に読み上げられる数字を、小さい順に並べ替えて答える、みたいなテストがあります。
    できないんですねー。
    びっくりしました。
    4つの数字でも相当苦しい…。
    5つは全く無理でした。
    かといって、「広島に原子爆弾が投下されたのはいつですか?」という質問には、「1945年8月6日」と即座に答えることができるのです。
    つまり、反復して記憶することはできているのです。
    でも、瞬間的に覚えることはできないのです。
    私も、そういう特性に薄々気づいてメモを取る習慣はあるのですが…。
    これって、口頭で沢山の情報を言われた場合、大分抜け落ちているのだと思われます。

    また、別のテストで…。
    悲しいのが、本来得意なはずの算数のかんたんな問題が全然答えられなかったことです。
    口頭のため、文章題が長すぎて、中身が覚えられないのです。
    おそらく、紙に書かれて出されれば、10秒とかからず答えられるようなかんたんな問題なのに、です。
    これって、仕事の優先順位を付けたり、同時並行で少しずつ仕事を進めたりするのに難があるということに繋がります。
    だって、複数のことを覚えておけないのですから…。

    できないのは、記憶だけではありません。
    他にも、セリフのない漫画のコマのような絵を、ストーリーがつながるように並べる、というのがあって、それも全然できないんですね。
    3枚位ならできるのです。
    7枚くらいになると、辻褄の合う話が作れなくなるのですね…。
    未来予測力とか、時系列把握力とか、そういったものが足りないようです。

    また、言葉の意味を説明するというテストもあったのですが、それも全然できませんでした。
    できないと言うよりは、できた気がしないですね。
    語彙力も、知識もあるはずで、本来かんたんなはずなのですが…。
    どういう観点で説明したらいいのかだんだんわからなくなってくるのですね。
    「冬とはなんですか?」というかんたんな質問に、「季節の1つで、冬は1月前後の季節を言い、寒い時期のことを言います。なお、季節とは、一年に春夏秋冬と4つあり、ほぼ同じ長さです」などと答えることができるのですが、だんだん難しくなってきます。
    なぜ歴史を学ぶのですか?とか、税とはなにですか?とか、色々と観点が考えられる問題について、果たして一般的に求められる答え、若しくは、一般的な回答に近い答えか、自信がなくなってくるのです。
    そんなのなにが難しいの? と感じられるでしょう。
    私も、文書で読めば、何も難しくないと感じていただろうと思います。
    が、やってみるとすごく難しいのですよ。
    それは、相手が何を求めているのか、一切伝えてくれないからなのです…。
    試験官の人は、思ったように答えてください、としか言ってくれません。
    津波とは?と聞かれて、ふと、何を答えて良いものかわからなくなったのです。
    物理現象としての津波なのか、災害としての津波なのか、全然答え方が違いますよね?
    物理現象であれば、海岸付近で起こる現象であって、地震等のエネルギーにより海面が揺れて、内陸側に水がせり上がってくる現象…などとなります。
    災害であれば、海岸の波が人家等にまで及び、人や物を流す現象…。
    あるいは、人が亡くなることがあり悲しいといった当事者的な感覚を答えるのが人間味のある回答なのか、ただ冷徹に事実を淡々と答えればいいのか…。
    色々と考えられるけれども、何が正解かわからず、段々と説明がくどくど、くどくどと長くなっていってしまうのです…。
    これ、おそらく普通の人は陥らない状況ではないかと思うのです。
    私は、方向性が明確でないと、答えられなくなるようです。

    わかりやすくいうと、空気が読めないのかもしれません…。
    色々と思い当たることがあります。
    私は、雑談が非常に苦手です。
    人の求めるところ、推測しようとしますが、推測が必要な時点で、おそらく普通ではないのです。
    人の気持ちを論理的に考えないと推測できないって、多分普通ではないはずなのです…。
    しかも、そんなの失敗する可能性が大に決まってます…。
    あと、目的のない会話が苦手というのも、かなりコミュニケーションに難ありなのではないでしょうか?
    そういうのが回り回って、仕事でも指示待ち人間としての立場を取らざるを得なくなるのかもしれません…。
    自発的に動きたくても、意欲があっても、指示されなければできないのですから…。
    それも、事細かに、整合性の取れる形で指示されないとわからない…。

    など、本当に色々考えさせられてしまい、精神的にダメージでかいです…。

    色々と生き辛さを感じてきた人間にしか、わからない感覚だと思います。

    単なるテストじゃん、単なるクイズじゃん、気にするのはおかしい、という人もいるんじゃないかと想像します。、
    私には、そういった楽観的な見方ができないのですね…。
    そもそもの出発点が、自分は人より劣っているらしい、人が当然にできることができないらしい、というところにあるため、そんなに気軽に考えることができないのですよ…。

    ふう…。

    とりあえず、後日参照用に、少ししたためてみました。
    気が向けばまたなにか書くかもしれません。 
     


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。