浅漬け王になるために 1. 準備編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

浅漬け王になるために 1. 準備編

2020-09-27 23:30

    こんにちは、ぱすかるです。

    けったいなタイトルをつけましたが、要は9/26に行われた「えいご漬けトーナメント浅漬け王決定戦」のために自分がしたこととか考えとかをなんとなく書くものです。
    半分は自分のメモ用ですが、もし自分も走りたいなと思った人に少しでも参考になればありがたみの極みです。
    こういうものは生まれて初めて書くので拙文とはなりますがどうかよろしくです。

    書きたいことを1記事にまとめて各予定だったのですが、今回の内容だけで1000字を超えてしまったので、「準備編」、「戦略編」、「当日編」の3本に分けて書こうかと思います。

    今回は「準備編」と題して、今回えいご漬けマラソンを走るために使ったものを列挙していこうかと思います。



    ・ソフト
    これがないと始まらないですね。
    RTA in JapanでHiSTさんの配信を見た瞬間にAmazonで買いました。
    完全にノリです。確か中古で500円くらいだったと思います。
    2020/9/26現在でも中古なら1円から購入が可能なので本体も含めて入手難易度はさほど高くないと思います。


    ・DSなど
    とりあえずDSということであれば中古で1000円台で買えると思います。
    書く場所の広さを考えるなら3DS LLが最適かもしれませんが、DSでも問題ないかと思われます。
    実際私は初期の3DSでプレイしていました(当時は25000円とか言う法外な値段だった)。


    ・タッチペン
    書く場所の広さより、こっちのほうが1000倍くらい大事だと思います。
    DSについているタッチペンは細くて高速で文字を書くのには向いていないので、何でも良いから太めのタッチペン的なやつを用意したほうが圧倒的にやりやすいです。
    私はなんか手元にあったこのタッチペンを使ってました。



    奇しくもえいトレという別の英語教育ソフトの付属タッチペンです。
    軽いし丁度いい太さだったので重宝しました。この記事を書くために太いタッチペンが買えないか調べて見たのですが、意外ともう売ってないんですね…。
    ペン先の細いスタイラスペンで代用できるかと思うのですが、このためにわざわざ買うか微妙な値段なので、良いものが見つかったら追記していきます。


    ・撮影機材
    偽トロを買うお金などなかったので「webカメラ」+「カメラと3DSを固定する台」を使って画面を直撮りで録画しました。
    私はピントが固定の安価なwebカメラしか持っていなかったので、スマホをwebカメラに使えるアプリ(DroidCamなど)を利用してスマホで撮った映像をUSB経由でキャプチャして撮影しました。
    ピントを調節できるwebカメラ(logicoolのC525とか)があれば一番楽だと思います。

    ともあれ何らかの手段で直撮りできるとすれば、残る課題はカメラとDSをどう固定するかです。
    カメラとDSの距離を常にいい感じの距離にし続けるとともに、画面への顔の映り込みを防ぐ(重要)必要があります。
    私はこういう箱をダンボールで作ってカメラと3DSの両方で固定できるようにしました。





    スマホ(に見立てた箱)を載せるとこんな感じ。





    3DSは公式の充電スタンドの上に乗っているのでいつでも充電が可能!!

    …ただこの箱は3DSの上がスマホで塞がれているので、画面を見るには横から覗き込むようにする必要があります。書きづらいし姿勢悪くなるし良いこと一個もないです。



    私の頭ではこのくらいの構造が限界だったので誰かもっと良い直撮りシステムを考えてくれるととても嬉しいです。


    準備編は以上です。
    撮影機材は最悪なくてもリザルト画面をスマホで撮って「#漬けRTA」をつけてツイートすれば簡単に走れるので是非気軽に始めましょう!!!!

    次回は戦略編です。
    早く走るために自分がどうしてたか書けたらいいなあと思うのでお楽しみに。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。