ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

なぜ人は悪いことをするのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜ人は悪いことをするのか?

2013-06-24 11:54
  • 1




世の中は犯罪が蔓延している
悪がはびこっている

なぜ人は悪いことをするのか?

人間には罪があるから
悪魔悪霊がいるから

これが答えである

しかしもう少し詳しく考えてみよう

悪魔は悪いことをしたいのである
悪いこととは神様の御心に反することである

人間はアダムとエバのとき以来
悪魔のとりこで悪いことをするように誘惑されているのである

人間は弱く悪魔の嘘によりだまされて
罪を犯すのである

罪を犯す理由を挙げてみよう

憎しみ、恨み、怒り、復讐で人を殺す、傷つける、物事を破壊する
お金や欲望で殺人、窃盗、詐欺、傷害、口論、ギャンブルをする
情欲で姦淫、不品行、汚れ、性犯罪を犯す
先祖や民族の習慣で偶像崇拝をする

傲慢で差別したり自慢したり人を見下げる
虚栄で浪費する
親に復讐するため非行に走る
自暴自棄で麻薬や犯罪に走る

養育できないので中絶する(させる)
民族主義で差別する
自分を正当化するために他人に誹謗中傷する
神様を無視して自分の力で生きようとする

イエス様は言われました

良い木は良い実がなり、悪い木は悪い実がなる

神の子は良い行いをして悪魔の子は悪い行いをする
人間は良い行いをするためにイエス・キリストにあって創られたと書かれている
しかし罪により人間は罪の奴隷になってしまった
悪い木になってしまったのである

罪とは神様から離れていること
神様に守られていないこと
悪魔の支配にあることなのである

救われたクリスチャンは良いことが出来るようになる
良い木になったので良い実を結ぶことができる
思いっきり良いことをしようではないか!

悪いことはどんなことでも避けなさい


下はブログランクですが押してくださると伝道になります

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村

































広告
×
聖書を送ってほしいです
100ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。