パチソン歌手まとめ1(2019.7.12更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチソン歌手まとめ1(2019.7.12更新)

2015-01-31 20:47
  • 9
名前も素性も判明していないことが多いパチソン歌手。
そもそもパチソン自体の資料が少ないので、簡単にまとめ。

2019.3.10より、主に平成アニメの曲を担当した歌手と、会社が適当名づけた仮名歌手の項目を下記に移動致しました↓
https://ch.nicovideo.jp/patoraperaruna/blomaga/ar1739760

歌手名は、藤井健、鈴木康夫等現在でも活動していたり競作盤で名前が判明している歌手に関してはそれを記載、水木二郎のように本名・芸名不明だが動画のコメントや掲示板等で通称がある歌手はそちらを、特にそれも無い場合は勝手に名付けて記載しております。
又、代表曲として記載している楽曲は、パチソンという特性上正確な歌手名が判明していない場合が殆どであるので、筆者の耳による推測であることをご了承下さい。楽曲は複数のカバー(別バージョン)が存在することがありますのでご注意下さい。

※ここでの“パチソン歌手”の定義
「各楽曲ごとに歌唱者が記載されていないカセットテープやレコード
(1つのグループ名でまとめられていたり、明らかに3人以上の歌手が歌っているのに2名しか名前の記載が無い等)に収録されており、競作盤(コロムビアやキングレコード、ビクターのカヴァー)において、変名であれ何であれ歌手名がそれぞれの楽曲に明記されているような物はこれに該当しない。但しその歌手がパチ音源を歌唱していれば記載。
従って、ビクターの子門真人版マジンガーZ、iTunesで配信されているアポロンのアニソンカバー、同じく配信されている“JAPAN ANIME SONG COLLECTION”等はこれに該当しない」


※他に「ココに記載されていないこの歌手は、この歌とあの歌を吹き込んでる」というような情報、或いは「この歌はこの歌手とは違うでしょ」というご意見はコメントかツイッター、ブログにてお知らせ下されば幸いです。
twitter:https://twitter.com/AgathaChrisP
情報交換用ブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/agathachrisp/folder/1586655.html

※2018.12.06より、タイトル部分に最終更新日を入れ、各項目に追記・修正した場合、日付と追記・修正箇所を明記するように致しました。誤字修正や細かい修正は明記しない場合があります
※記載している楽曲に“ファースト・アカデミー名義で~”という表記がございますが、これはクラウンより発売の「TVアニメテーマソング集①、②(テレビに手足が生えたキャラクターがジャケットのCD)」に準ずるものです


藤井健

‐代表曲-
ゼンダマンの歌(オリジナル歌手)
ゴーショーグン発進せよ(オリジナル歌手・セルフパチソン有り)
翔べ! ガンダム、銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマト、海のトリトン(ビクター・カバー)
マクロス、セクシー・アドベンチャー、ジライヤ(キングレコード・カバー)
大戦隊ゴーグルⅤ(キングレコード・カバー、音多版)
トルコ行進曲

パチソンの帝王と言えばこの男。ささきいさおだろうがとんねるずの歌だろうがカバーする。
コーラスグループ「ザ・ブレッスン・フォー(フォア)」のメンバー。
1968年~活動中(ホテルのディナーショー等)?。
歌唱力も安定しておりビクターでは子門正人、キングレコードでは池田鴻の代わりに(ブレッスン・フォー名義もある)他社アニソンのカバーを歌唱している。
1991年にザ・ブレッスン・フォー解散後、1995年に丸山美雄、ロイヤル・ナイツの牧野俊浩と共に「ホットドッグズ」を結成するが、2006年に解散。その後はホテルのディナーショー等で活動。
近年手術をしたらしく、YouTubeに病院の待合室のような場所で病院スタッフに紹介を受け、歌を披露している様子がアップされている(病院関係者か患者が動画を撮影したもの)。





屋敷修

‐代表曲-
冬のライオン、摩(魔)訶不思議アドベンチャー(キングレコード・カバー)
銀河疾風サスライガー
オタスケマンの歌
トライダーG7のテーマ
キン肉マン Go Fight!
冒険者たち
ミッドナイト・サブマリン

80年代では藤井健と並び様々なパチソンを歌唱した。郷ひろみ(偽ひろみ郷)っぽいと言われることがある。
バンド「ザ・ベアーズ」のメンバー。
活動期間は78(ザ・ベアーズ結成)~90年代後半頃。
歌唱力は高いが、録音・製作環境のせいか、他のパチソンと同じく一部の音が異なっていることがよくある。カバーした音源は原曲よりもキーが下がっていることが多い。
現在は「Oossaama1221」という名前で、YouTubeへオリジナル曲やカバーを弾き語りした動画を投稿している。ご家族の話によると、昔馴染みの知り合いのライブにゲスト参加するなど、音楽への情熱はまだ続いている模様。
2019.1.22 ブルーブライト様、日香山ヒカ男様のご指摘により一部楽曲を削除(ゲゲゲの鬼太郎(3期))



鈴木康夫

‐代表曲-
銀河鉄道999(キングレコード・カバー)(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
君はともだち(オリジナル歌手)
あしたに生きろバルディオス
ザ・ウルトラマン(3バージョン歌唱、東芝等)(パチ版はファースト・アカデミー名義でCD化済み、他もCD化済み)
われらガッチャマン(3バージョン歌唱、キングレコード、東芝、アポロン)
戦国BASARAのBGM

あまり本来の芸名が浸透していないせいか、「パチソンバルディオスの人」と呼ばれることが多い。別名「爽やか兄さん」、マジンガーZのカバーを歌ったことから、その楽曲に限りだが一部では「水木三郎」と呼ばれたこともある。
1970年代後半から多くのアニソンのカバーを歌っている。
アポロン、キング、東芝のアニソンカバーアルバムに多く参加している。
オペラ歌手で、今井美樹や森山直太朗などの歌手のボイストレーナーも務める。
歌う歌の系統は藤井健に近い、ビブラートの聞いた渋い歌い方をする。
ドラえもんのパチソンアルバムでは声の調子をかなり崩してこおろぎ’73をはじめとする男性パートを担当
2018.12.26「ドラえもん系パチ こおろぎ'73担当のおじさん(仮称)」を鈴木氏として統合




水木二郎(仮称)
‐代表曲-
マジンガーZ
デビルマンのうた
ど根性ガエル
バビル2世
ガッチャマンの歌
アイアンキング
ぼくらのバロム・1

パチソンと言えば二郎、この男自体がパチソンが何たるかを体現していると言っても過言ではない。
活動期間は70年代前半~中頃まで。
大体の曲で音とテンポが狂ったような歌い方をする。「ワイルドセブン」のパチソンにおいて、“あのしちにん”と歌う所を“あのひちにん”と歌っていることから、江戸っ子説がある。
余談だが、彼の歌う楽曲の演奏は編曲や音色が似通っており、同じメンバーで作られた可能性が高い。




山本茉実(山本まみ)
‐代表曲-
ときめきトゥナイト
コブラ
Lはラブリー
恋の呪文はスキトキメキトキス
おはようスパンク
きてよパーマン

「パチソンコブラ、パチソンときめきトゥナイトのおばちゃん」として有名な女性。実際どう聞いてもおばちゃんの歌声。
活動期間は70年代前半(ムーン・ドロップスの活動)~80年代中頃(パーマンの主題歌をカバーしていることから)まで。
若い女性歌手が歌うような曲ばかり担当するので更におばちゃん声が目立つ。
英語の発音が怪しいが、歌自体は決して下手なわけではない・・・と思う。
2018.12.9 山本まみと断定し、それに伴う追記・修正



安田明

‐代表曲(ありけいことのコンビ)-
ヤッターマンの歌
トライアタック! メカンダーロボ(「ジミー」力みすぎver.)
オー!!大鉄人ワンセブン
たたかえ!ガ・キーン
-安田明のみ-
怪人二十面相(ファースト・アカデミー名義でCD化済み、但しショートサイズ)
怪傑ズバット、がんばれドカベン、駆けろバンキッド(ホメロス)

別名「江原偽士」「蓄膿親父」。
声優の江原正士にソックリな声の男で、力みすぎた堀江美都子みたいな北朝鮮風コーラス声の女(ありけいこ)と組んで歌うことが多い。
活動期間は70年代中頃~後半。
比較的原曲に似せた歌い方をする。ヤッターマンの歌などは特にそうだがとても楽しそうに歌う。
安田明は「安田明とビート・フォーク」としていくつかの楽曲を発表している。
「ホメロス」というレコード・レーベルで多くの歌を歌っており、名前が記載されている。
その内ヤッターマンの歌、怪傑ズバット等はホメロスと別レーベルで2回歌唱している。
2018.12.06 下記項目更新に伴い、ありけいこの情報を追記



ありけいこ

-代表曲-
思いでぼろぼろ、コモエスタ赤坂、失恋レストラン(カバー)
キャンディ・キャンディ(テレビサウンズ合唱団名義でCD化済み)
ロックリバーへ
ダンズビロック
ハッスルばあちゃん

「ビート・フォーク」というコーラスグループのメンバーの一人。
上記の安田明と、マイラという女性歌手と共に歌謡曲をソウル風アレンジして歌唱した楽曲に参加している。
発音が怪しく、「ちょっぴり」が「てょっぴり」に聞こえる。
高音が独特の発音で「神様ありがとほー↑ほ♪」と少々苦しそうに歌う。
2018.12.6 ブルーブライト様からの情報提供により歌手名判明、それに伴う楽曲の追記、説明修正


一力努
-代表曲-
キカイダー01(ぁぼでぇえい~~ver.)
マジンガーZ(まじぃんごぉぉーおっ↑!まじん…ごぉっ↓ver.)
花笠音頭(?)

キカイダー01の歌のカバーにてパチソン界で有名な歌手。
無駄に力と気合を込めた、仰々しい歌い方をする。
通称「池田鴻ではありません」。歌声がガンダムやグロイザーX等で知られる池田鴻に似ている(?)と動画のコメントで指摘され、ファンから“違うよ”という意味を込めてこのタグが付けられたことに由来する。
動画のコメントによると、
・本業は教材等に歌を吹き込んでいた民謡歌手
・歌った時点で定年近い歳
との事だが、真偽は定かではない。
実際の所どうであるか真偽不明であるが、この歌手が歌ったとされている花笠音頭がアップされている。比較する音源が他に無い為、果たして同一人物なのかどうか定かではなく、コメントでも「確かにこの人だ派」と「お前ら耳鼻科行け派」に分かれている。
2019.1.13 せっちゃん様からの情報により歌手名判明、それに伴う修正



知みゆき

‐代表曲‐
ふられた女のふられたお話、東京の雨は涙雨(オリジナル歌手)
アタックNo.1
魔法使いサリー
新オバケのQ太郎
ムーミンのうた
ゲゲゲの鬼太郎
カロンコロンの歌
ひみつのアッコちゃん(ユピテル・カバー)

活動期間は1970年前後。
この人が歌うともれなくどんな歌もしっとりとした歌謡曲風になる。
譜割りもことごとくずらして歌う。
良くも悪くも癖のある歌い方をする。
せっちゃん様の情報により歌手名判明、上記画像も提供して頂きました



野村ゆたか
-代表曲-
ぼくは小助だ(オリジナル歌手)
キカイダー01
戦え!仮面ライダーV3
ロボット刑事
ウルトラマンタロウ
ジャンボーグA
白獅子仮面の歌

通称「ムード歌謡風の兄ちゃん」。
水木二郎の声を早回しにしたような、或いはムーディ勝山みたいな声の男性歌手。
70年代に活動していた「一寸法師と親ゆび姫」という音楽グループでは野村“豊”と漢字表記の名義で活動している。RCAのカバーでもこの表記。「ゲゲゲの鬼太郎(3期)」の編曲者も同じく野村豊だが、関係性は不明である。
73年辺りの特ソンを多く歌唱している。
途中までは意外と聴けるのだが、非常に投げやりな歌い方で演奏も歌も盛大に音を間違っていることが多い。
2019.1.20 ブルーブライト様の情報により歌手名判明、それに伴う修正・追記
2019.3.31 説明の一部を修正



二郎と歌が被ってるお兄さん(仮称)
-代表曲-
ぼくらのバロム・1
ゴーゴー・キカイダー
行けレインボーマン
ピンポンパン体操
デビルマンのうた

名前の通りやたらに水木二郎と歌唱曲が被っているお兄さん。恐らく同時期に活動していたと思われる。二郎のマジンガーZとバビル二世が同じ媒体の中にあり、当然他の曲も二郎だろうと思っていると不意にこのお兄さんの音源が紛れ込んでいることがある。
流石に二郎よりは安定した歌い方をするが、録音環境のせいかことごとく譜割や音が違っている。二郎に付属の「そこら辺の子供合唱団」と違い、普通に上手な合唱団と共に歌う。
2019.1.9 新規記載
2019.2.1 ブルーブライト様のご協力により一部楽曲を削除(ウルトラマンA)


声楽系のおばさん(仮称)
-代表曲-
サザエさん(追いかけてver.)
美しきチャレンジャー

フランソワ・シュミーゼ(ピエールとカトリーヌ3)みたいな歌唱のおばさん。
上記の2曲の楽器編成や特徴(荒れ狂うベース)が一致することから、美しきチャレンジャーの放送年を考えると、活動時期は1971年頃か。
2019.5.27 新規記載


比較的若い声の男声ボーカル・グループ
-代表曲-
黄金バット
正義を愛する者 月光仮面
ガッツジュン
サスケ

下手なわけではないのだが、練習不足と演奏の貧弱さで残念な出来のボーカル・グループ。
2019.5.27 新規記載


東北訛りの男(仮称)
-代表曲-
風よ光よ
ウルトラマンA
スペクトルマン・マーチ

微妙に訛った歌い方をするおじさん。
2019.3.10 ブルーブライト様からの情報により新規記載


ちぐさ・あきら=野村高一?
-代表曲-
レッツゴー!!ライダーキック(エース、サン企画・カバー)
おかえりムーミン、ムーミンのえかきうた(サン企画・カバー)
他、エース系カバー多数

サン企画ではちぐさ・あきら、エースでは野村高一という名前になっている男性歌手(筆者的には同じ歌声だと思うですがどうでしょう…?)。
朗々としていながらもどこかふらふらした歌い方をする。



野村高一とダークボイス
-代表曲-
戦え!仮面ライダーV3、ロボット刑事(エース・カバー)

共にエースのカセットテープ等に収録。
上記項目のように野村高一は単独で明記されるのだが、この項目の代表曲が収録されているカセットにおいては「とダークボイス」という表記となっている。ダークボイスというボーカルグループが存在するのか、コール・ゼールやグリーン・ブライトのように野村高一の相方となる歌手をとにかくそう呼ぶのかは不明。
2019.1.13 せっちゃん様からの情報により歌手名判明、それに伴う修正(無駄に朗々とした男声ボーカルグループ→)



名称無し女性歌手A(仮称)
-代表曲-
進め!ゴレンジャー、シンドバッドの冒険(堀江美都子パート)
勇者ライディーン(合唱団パート)
草原の少女ローラ、ラ・セーヌの星、おしえて(テイチクに流用、テレビサウンズ合唱団名義でCD化済み) 
この顔だあれ?(「太陽かな゛あ!?」部分)
草原のマルコ(ファースト・アカデミー名義でCD化済み、但しショートサイズ)

活動期間は70年代頃。
「轟研」や「原山操」と同じアルバムに楽曲が収録されていることが多く、コーラス等で共に歌唱していることもある。
聴いていると何となく不安になってくる歌声。



幸の薄い声をした女性歌手(仮称)
-代表曲-
わたしのビートン
リトル・ルルとちっちゃい仲間
ぼくはピコリーノ
おしえて(伊集加代子パート、テイチクに流用、テレビサウンズ合唱団名義でCD化済み)
ゴレンジャーストーム(堀江美都子パート)
ぐるぐるメダマン おばけだぞ

上記の「名称無し女性歌手A」や「大野てる穂」に似た声だが、Aより声が高く若く、大野特有のビブラートが無い。
2018.12.23 新規追加


原山操(みさお)

‐代表曲-
ビッケは小さなバイキング
ジャングル黒べえの歌
この顔だあれ?
とんちんかんちん一休さん
サザエさん(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
魔女っ子メグちゃん(テイチクに流用、テレビサウンズ合唱団名義でCD化済み)
おしえて(ヨーデル部分、テイチクに流用、テレビサウンズ合唱団名義でCD化済み)
がんばれロボコン(合唱団パート)
ドラえもん(日テレ版)

1957年3月22日生まれ。スクールメイツ出身の女性歌手。
1981年に下記項目の轟研と共にセピアというグループを組み、ビクターより「振られた同志」を発表している。
歌声が常に上ずっており高い声が全然出せておらず、高音はちょくちょくひっくり返ってる。
コーラスや合唱団要員で参加している事が多いが、不協和音コーラスになっている事が多い。
その割にはキャラクター(声優)が歌っている歌や、大杉久美子や前川陽子などのレベルの高い歌手の歌を歌うことが多い。
2019.1.7 原山操についての情報を追記
2019.1.24 原山操と断定、それに伴う修正



轟研

-代表曲-
振られた同志(オリジナル歌手、セピア名義)
進め!ゴレンジャー
ゴレンジャーストーム
とべ!グレンダイザー
宇宙戦艦ヤマト(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
UFO戦士ダイアポロン
戦え!電人ザボーガー
ダッシュ!マシンハヤブサ
流星人間ゾーン
宇宙の王者グレンダイザー
セタップ!仮面ライダーX
いつか街で会ったなら

1953年3月17日生まれ、長野県出身。
別名「オカマゴレンジャーの人(彼が歌うゴレンジャーの歌がオカマっぽいことから)」「演歌くさいニィさん」。
日大合唱団出身で、福田文利、寺内正美と同じく「ミュージック・メン」のメンバーの一人。
1981年に上記項目の原山操(みさお)と共にセピアというグループを組み、ビクターより「振られた同志」を発表している。
ささきいさおや水木一郎のような熱血感ある歌を歌う割りには、ナヨナヨとした感じの曲に仕上がってしまっているのが特徴。演歌や古い歌謡曲になると本領を発揮する。
2018.12.22 歌手名判明、それに伴う説明修正、追記



福田文利
-代表曲-
銀河旋風ブライガー、仮面ライダーのうた、ミッドナイトサブマリン(アポロン・カバー)
ぼくんちのチャボ(ポニーキャニオン・カバー)
仮面ライダーストロンガーのうた、おれはグレートマジンガー(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
勇者ライディーン
マッハバロン
少年仮面ライダー隊の歌
鋼鉄ジーグのうた
テッカマンの歌
勝利だ!アクマイザー3

轟研、寺内と同じくボーカルグループ「ミュージック・メン」のメンバーの一人。少々棒読み気味の細い声の男性歌手。
ミッドナイトサブマリンをカバーしていることから、最低でも1974年頃から1983年頃までの約10年間細々と歌手活動を続けてたことが分かる。
2018.11.30 猫百発様のコメントにより楽曲追記
2018.12.06 ブルーブライト様からの情報提供により歌手名判明、それに伴う楽曲追記、説明修正



寺内正美
-代表曲-
ウルトラマンレオ
ミクロイドS(サビ部分歌唱)
グランプリの鷹、とびだせ!マシーン飛竜(テレビサウンズ合唱団名義)
アマゾンライダーここにあり(最初の「アーッマーッゾォ↓~~ン!」、歌は福田文利)
海のトリトン、サイボーグ009(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
いま、地球が目覚める
ひろしのテーマ
進め!ザイダベック
キンキラ体操

些かハスキーな声の男声歌手。
上記2人がシャウトを苦手とする為か、技名や台詞等の叫びのみを担当することもある。
活動期間や轟研、福田文利との共演が多いことから、同じくミュージック・メンの寺内正美だと思われる。日大合唱団のサイトには「その後(結成後)発病」という文があり、それが喉や発声にも影響を与える病ならばハスキーな声も納得がいく。
但し、寺内正美の声を確認出来る音源(当時のミュージック・メン歌唱曲)が確認出来ない為、要検討である。
2018.12.23 ブルーブライト様からの情報により楽曲追加
2019.1.7 ブルーブライト様からの情報により楽曲追加(トリトン、009)
2019.1.13 ブルーブライト様のご協力により歌手名判明、それに伴う修正(老け声の男声歌手→)


低音の男性歌手(仮称)
-代表曲-
サイボーグ009、がんばれドカベン(ファースト・アカデミー名義でCD化済み、009は上記の寺内正美と、ドカベンは藤井健と共に歌唱)

低音の男性歌手。ソロ曲が無いか調査中。
2019.1.7 ブルーブライト様の情報により新規記載


水木二郎似の男(仮称)
-代表曲-
氷の世界
夢の中へ
傘がない
旅の宿
伽草子
シンシア
僕にまかせてください
火の鳥(ファースト・アカデミー名義でCD化済み、但し間奏を編集)

酒を飲んでいない(歌唱力がアップした)水木二郎のような声の男性歌手。
たまたま似た声のだけなのか、水木二郎が練習を重ね聴ける歌声になったのかは不明である。
2019.6.23 新規記載



高島浩二

-代表曲-
ふたりの東京、白いふるさと、あれが天草、黒いギター(オリジナル歌手)
とべ!グレンダイザー、鋼鉄ジーグのうた(ホメロス)、ゴレンジャーストーム(ホメロス・ささきいさおパート)
復活のイデオン
いけいけドラゴンズ、大東海に陽は昇る(中日ドラゴンズ応援歌)

ホメロスにて名前を確認した歌手。
活動期は間1966年?~90年代?(いけいけドラゴンズの発表が1994年頃)
1941年1月3日下関市で生まれる。
1962年度のNHK全国のど自慢コンクール歌謡曲の部で1位に入賞。
1966年にキングレコードより上記の「ふたりの東京」「白いふるさと」、1967年に「あれが天草」「黒いギター」を発表している。
ホメロスより発売の懐メロ集ではカバーを担当している。
当時の歌謡曲らしい渋~い歌い方をする。



ふじめぐみ(ふじ・めぐみ

-代表曲-
ネオン花(オリジナル歌手)
あの男(オリジナル歌手、「天を斬る」挿入歌)
キューティハニー(ホメロス)、ゴレンジャーストーム(ホメロス・堀江美都子パート)

ホメロスにて名前を確認した歌手。同社発売の懐メロ集でもカバーを担当している。
活動期間は70年代頃。
1969年放送の時代劇「天を斬る」の挿入歌「あの男」がフィリップスから発表されている。1971年にミノルフォンレコードより「ネオン花」という歌を出している(読売テレビの楽曲データベースにこの曲が掲載されていることから、何かしらの番組で使用されていると考えられる)。
上記楽曲のように前川陽子、堀江美都子歌唱の楽曲を堂々と歌い上げており、歌唱力は非常に高い。



日高ルミ
-代表曲-
ハッスルばあちゃん、キャンディ・キャンディ(ホメロス)

ホメロスにて名前を確認した歌手。



渡辺多賀子
-代表曲-
糸貫音頭(藤山一郎と共に歌唱)
草原のマルコ、かあさんおはよう(ホメロス)
おしえて(ヨロヨロレイヒver.)
他、ホメロス童謡系楽曲

ホメロスにて名前を確認した歌手。



柳一郎

-代表曲-
身も世も捨てて、泣いて暮らすな、ひめさゆり、ふたり舟(オリジナル歌手)
ルパン三世のテーマ(キングレコード・カバー)
ミクロイドS(テイチク・カバー)
超常スマッシュ!ギンガイザー
大空魔竜ガイキング
ジャッカー電撃隊
激走!ルーベンカイザー(テレビサウンズ合唱団名義)
コン・バトラーVのテーマ

1981年にビクターでデビューした演歌歌手(芸能活動自体は70年代初め辺りから行っているらしいが、詳細不明)。
歌はそつなくこなしているが、セリフ風の所や叫びは苦手らしい。
2018.11.30 猫百発様のコメントにより歌手名判明、それに伴う楽曲の追加、説明の修正



偽神谷明(仮称)
-代表曲-
ガッチャマンのうた
グランプリの鷹(SE・コーラス無しver.)
トライアタック! メカンダーロボ(飛び立て ダンダンダンver.)

ガッチャマンのうたのパチにおいて、声の抜き方などが神谷明が気取って歌っているように聞こえることから勝手に名付けた。かるーく歌うささきいさおにも聞こえる。
少し力みすぎな節があるが、歌自体は非常に上手い。



外人風兄ちゃん(仮称)
-代表曲-
立て!闘将ダイモス
キャプテンハーロック(波音有りver.)

発音が何となく外人っぽい男性歌手。



曽根幸明

-代表曲-
エイトマン、タイガーマスク(ユピテル・カバー)

作・編曲家だが、自ら歌唱したレコードも出している。
ユピテルによる「懐かしの~」系のシリーズに収録されている上記の楽曲をカバーしており、アマゾンやiTunesで「アニメ・キッズ・パパズ&ママズ」名義で配信されている。



勝田友彰(勝田達夫)

-代表曲-
駆けろ!スパイダーマン(ほんこんver.)
キャプテンハーロック(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
ガッタイガーのうた(テレビサウンズ合唱団名義でCD化済み)
カムヒア!ダイターン3(だいたんすり~↓ver.)
ウルトラ六兄弟
青春の旅立ち
はいからさんが通る
バンパイヤのテーマ

1951年生まれのテノール歌手。
90年代辺りにはアポロンより発売の唱歌集に参加している。
通称「スパイ玉親父」、由来は「駆けろ!スパイダーマン」のパチソンから。
声も良く出ていて上手いのだが、選曲と録音環境が悪いせいか、どの曲も見事に外している。



只々歌が下手なオッサン(仮称)
-代表曲-
オタスケマンの歌
変身!仮面ライダー
俺はアーサー

山本正之から表現力と歌唱力を奪い取ったような歌声の男性歌手。
2019.3.26 新規記載


喜利多保
-代表曲-
サイボーグ009、海のトリトン、宇宙戦艦ヤマト、オー!!大鉄人ワンセブン(ソニー・カバー)

ソニーのオムニバスアルバムにおいて、多くの楽曲をカバーした歌手。
現在確認できている活動期間は1977~79年。
藤井健を少し軽くしたような歌声。
競作盤となる為、本来ここに記載するべきではないのだが、下記のリンク先において「パチソンで歌おう」と題して、オーダーメイドファクトリーの対象となっていたので一応記載する(残念ながら商品化には至らなかった)。
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=1628&cd=DYCL-604



大野てる穂(現在は大野恵美)

-代表曲-
ドラえもんのうた、誰よりも遠くへ(ファースト・アカデミー名義でCD化済み)
きこえるかしら、魔女っ子チックル(キングレコード・カバー)
少年マルス(テイチク・カバー、大杉久美子パート)
青春にかけろ!
薔薇は美しく散る
ダルタニアスの歌
花の子ルンルン
宇宙魔神ダイケンゴーの歌
青い空はポケットさ

70年代から80年代前半に多く歌を吹き込んだ女性歌手。
大杉久美子と堀江美都子を足して割り損ねたような歌声の持ち主(実際彼女らの歌を多くカバーしている)で、歌自体は上手いのだが妙にしっとりとした歌声。
NHKの子供向けラジオ番組「ピッポピッポボンボン」に歌のお姉さん枠で参加していたり、童謡のレコードやソノシートにやはり歌を吹き込んでいたことが確認されている。
現在は湘北短期大学の保育学科の学科長をしており、子供用の英語の歌や遊び歌の監修を行っている他、作曲、朗読等で活躍している。
2018.12.21 わたしのビートンを削除



パチソン トライダーG7の兄ちゃん(仮称)
-代表曲-
カムヒア!ダイターン3(最初のダイタンスリー!の掛け声がワンテンポ遅れてるver.)
トライダーG7のテーマ(後半2回目のトライダーG7~♪のメロディが違うver.)
電子戦隊デンジマン
ヘルプ!!ナンジャーマン参上!
駆けろ!スパイダーマン(スパイダーマォンver.)
がんばれウルトラマン80
恐竜戦隊コセイドン
戦え!レッドタイガー

スパイダーマンでは「スパイダーマォン」
トライダーG7では「飛べージーセビューン」、
デンジマンでは「誰かが助けを求めてrrrrrるぅ~n」の巻き舌等、独特な発音でノリノリで歌う男性歌手。



松原秀樹

-担当曲-
ゼンダマンの歌(キングレコードに流用)
ニルスのふしぎな旅
夢の舟乗り

ジャニーズの元アイドルで現在はベーシスト。
ゼンダマンのうたのカバーの初出は1980年のオムニバスアルバム。
2018.12.19 松原秀樹と断定し、それに伴う修正


中山ミサ(中山みさ)

-代表曲-
ワイワイワールド、アラレちゃん音頭、ゆめいっぱい、ガンモ・ドキッ!(キングレコード・カバー、パチ音源や音多)
アレアレアラレちゃん
バケツのおひさんつかまえた(中山千夏パート)
宇宙へいらっしゃい!(杉山佳寿子パート)
タッチ

所属していたコーラスグループ(名称不明)解散後、ソロで歌手活動を行い、ミュージカル、CM、コーラス等で現在も活躍している。
タッチやゆめいっぱいのような正統派の歌い方の他、アラレちゃん系楽曲で水森亜土と小山菜美のパートを歌唱しており、良い感じに気の抜けたロリ声を疲r…披露している。
2018.12.16 新規記載
2018.12.21 ブルーブライト様からの情報により、アラレちゃん系の姉ちゃんと中山マミの項目を統合、それに伴う説明修正と楽曲追加



石川美智子
-代表曲-
愛をとりもどせ!!(屋敷修と歌唱)、デリンジャー、異次元ストーリー(キングレコードに流用)
風のノー・リプライ

ハスキーボイスが特徴的な女性歌手。
2019.6.20 新規記載
2019.6.21 JankHero様からの情報により楽曲追加(風のノー・リプライ)


横田和子
-代表曲-
恋は突然、夢色のスプーン(キングレコードに流用)
風のノー・リプライ(コーラス)

か細く消えそうな声が特徴の女性歌手。
2019.6.20 新規記載


丸山美雄

-代表曲-
何でも音頭'84(オリジナル歌手、藤井健と共に歌唱)
気分まかせの大発明、銀河烈風バクシンガー(藤井健と共に歌唱)
アラレちゃん音頭(内海賢二パート)
バケツのおひさんつかまえた(大野進パート)
最強ロボ ダイオージャ(コーラスと技名担当、メインボーカルは屋敷修)
行くぞ!ゴーダム
パラダイスドラキュラ
新・怪物くん音頭(ドラキュラパート)
怪傑黒頭巾(つぼイノリオ)

藤井健と同じく「ザ・ブレッスン・フォー」のメンバー、上記の様に共に歌唱した楽曲もある。80年代前半のパチ音源に多く参加している。
サニー・トーンズ→1991年、ザ・ブレッスン・フォー解散後、1995年に藤井健、ロイヤル・ナイツの牧野俊浩と共に「ホットドッグズ」を結成するが、2006年に解散。その後牧野氏と女性歌手みずきれいなで「サマーサンタ」を結成して活動している。NHKの歌の教室の講師として現在でも活躍している。
2018.12.11 ブルーブライト様の情報により歌手名判明
2018.12.12 歌手名判明に伴う修正と楽曲追加、曲名違いを訂正(やっぱりワシが主人公→気分まかせの大発明)
2018.12.19 ブルーブライト様のご指摘により掲載曲を削除(宇宙へいらっしゃい)
2019.1.22 日香山ヒカ男様からの情報により楽曲追加(パラダイスドラキュラ)



大野元子
-代表曲-
ドラえもん音頭
ドラえもんえかきうた
ワンパク3人組(小原乃梨子パート)
ドラえもんじゃあニィ
ドラえもん数え歌(大山のぶ代パート)

ドラえもん系の楽曲を集めたパチソンで大山のぶ代歌唱分の楽曲を担当している女性歌手。
大山ドラのモノマネ(?)をしているハズなのに何故か現行の水田わさびに声の方に似ている。ドラえもんの楽曲を集めたアルバムではドラえもん役としてナレーションも担当。
2019.1.21 ブルーブライト様からの情報により歌手名判明、それに伴う修正・追記
2019.1.22 チマ様のご協力により大野元子と断定、それに伴う一部説明の削除



男性歌手A(仮)
-代表曲-
じゃりン子チエ
おじゃまんが山田くん(歌詞間違い無し、男性コーラスバージョン)

上記の楽曲を歌っている歌手。
じゃりン子チエはファースト・アカデミー名義の鈴木康夫のものとは同伴奏なれど別音源。たまたまホメロスの同じテープに収録されていた為、同じ歌手と判明した。他の歌唱曲がないか調査中。
2018.12.28 新規記載


菅ゆう子(田代ゆう子、須賀ゆう子、最上竜子、白川ゆう子)
-代表曲-
鮭川旅情、ヤン衆女房、オホーツク恋唄、ふるさと通信(オリジナル歌手)
愛をもう一度
(パチ楽曲は現在調査中)

1953年5月29日生まれのクラウン所属の演歌歌手。
演歌歌手デビューは1984年。それ以前にアニソンなどのカバーを歌っていた可能性がある。
音多カラオケのガイドボーカルにも多く参加している。
近年の活動名である白川ゆう子は、なんとみのもんたの命名。
2019.1.23 せっちゃん様からの情報により新規記載
2019.1.23 日香山ヒカ男様からの情報により説明、名称欄記載


今祐二
-代表曲-
忍者ハットリ君
お嫁サンバ
あしたに生きろバルディオス

ホメロスによる音多カセットのガイドボーカルを担当していたお兄さん。
活動期間は80年代前半頃。
ガイドボーカルという特性のせいなのか、癖の無いさわやかな歌声。
確認した限りでは上記のハットリ君、バルディオスの伴奏はパチソンと同じ物。


広告
×
こ、これは労作!!すごい。
演歌歌手の柳一郎さんも無名レーベルのカセットでそこそこ歌っていると思うのですが
あれらは名前が出るものが元になっているのでしょうか?
(池田鴻さんや堀光一路さんのようにほぼキング版カバーで歌っただけ、ではないと思うのですが…)
7ヶ月前
×
柳さんの名前が確認できるのはsm22069541のルパン三世のテーマです
同じ声だと思うもの「おねしょのあとは宝島」「好きだッダンガードA」「大空魔竜ガイキング」「超常スマッシュ!ギンガイザー」「ジャッカー電撃隊」
上で「棒読み風」と紹介されている人が該当するのかな?
でもよく知られている「勇者ライディーン」は「俺はグレートマジンガー」と同じ人で、柳さんとは少し似てますが別人と思います。(柳さんっぽい歌唱の「ライディーン」があったらすみません)
7ヶ月前
×
自分の認識としては
棒読みお兄さん(仮)……「俺はグレートマジンガー」「勇者ライディーン」「仮面ライダーストロンガー」
柳一郎さん……「おねしょのあとは宝島」「好きだッダンガードA」「大空魔竜ガイキング」「超常スマッシュ!ギンガイザー」「ジャッカー電撃隊」
という感じです。
連投失礼しました。
7ヶ月前
×
>>3
素晴らしい!柳一郎さんは盲点でした。
先ほどざっと聴き比べをしてみたのですが、確かに似ていますねぇ・・・今度の土日で聴き込んでみようかと思います。
柳さんはテイチクではミクロイドSのカバーを歌っていますし、上記のように演歌歌手やムード歌謡歌手の方も色々こういうカバーを歌っているようなので可能性は非常に高いかと思います(大野てる穂さんがテイチクのマルスのカバーに参加していたりもします)。

棒読み系のお兄さん歌手は特徴が掴み辛く非常に苦労しておりました。ご意見本当にありがとうございます。

改めて追記・修正する際には「猫百発様のコメントにより」という形で掲載させて頂いてもよろしいでしょうか?
7ヶ月前
×
>>4
返信ありがとうございます。
わざわざ名前を出していただくような内容ではないと思うのですが(苦笑)、主様の方針に沿って頂いて結構です。

棒読み系のお兄さんは伸ばしたときに僅かに山田隆夫さんっぽいもっさり感(失礼)が出るのが特徴と言えば特徴だと思います。
ただ、マッハバロンの人ほど山田隆夫さんっぽくはないし、棒読み…としか言えないですよね。
後はおばさんコーラスとのタッグが多めです。(仮面ライダーV3の少年ライダー隊の歌もこのコンビっぽい)

※レッドバロンとマッハバロンを書き間違えましたが……レッドバロンを挟むと棒読みの人と山田隆夫似の人がよく似てる気がしてくるから困りものです。
7ヶ月前
×
>>6
早速追記させて頂きました。
家に帰って手持ちの音源や動画サイトの音源等で聴く比べましたところ、ご指摘の楽曲がピッタリ各々の声に合致して感動しております(ギンガイザーは少し鼻声っぽくて分かりにくいのですが、ジャッカーと続けて聴くと同じ人でした)。

レッドバロンは・・・似てるような似てないような、どう違うかと説明しにくいですな・・・発声?うーん。

この度はご指摘本当にありがとうございました!
7ヶ月前
×
精力的な更新お疲れ様です!
自分は見てるだけですが、少しずつ何かが判明していく過程ってすごくワクワクします。

また私個人の空耳的な内容ですみません。しかも今回は半分質問みたいな件です。
「池田鴻ではありません」の人のまとめ動画のマジンガーZを聞いて思ったのですが
この人、レッツゴーライダーキックの「オーオーメッ!オー」バージョンの歌手さんとシャウト周りが似てませんか?
あの妙に早回しで甲高いバージョンです(nm10628941等)
聴き直すと妙な節回しも池田鴻ではありませんさんみたいだし、どうなんでしょう。
7ヶ月前
×
>>8
ありがとうございます。お久しぶりです。
確かに似ていますね・・・ちなみにその音源は「ちぐさ・あきら=野村高一?」の項目のサンプル動画の2番目に入ってるものと同じものです。
実は「池田鴻ではありません」氏の両音源を出しているメーカーとご指摘頂いたレッツゴーライダーキックを出しているメーカーは同じなのです。
ただ、偽池田氏はその・・・マジンガーZを聴いてると分かるのですが、少しでもテンポが速くなったり横文字が入ると、途端に酷くなるのです。あとよく分からないタイミングでの力みが特徴です(ぼでえぇい~~、とーらーんぺっ!との~、すーぱーろぼっ!とー、まじいぃいんぐぉっ等など)。
私的には違うような感じがしますが、ご指摘の通り節回しや発声が似ているので、同じ畑の人間か、もしくは製品時に極端な編集を加えられた可能性があるかと思われます。
7ヶ月前
×
>>9
お返事ありがとうございます。
そうですか、別人ですか…あの発声だと、同じグループ(声楽?民謡?)の人というのはありそうですね。
この人達に限らず、あまりたくさん歌っていない人は本当に難しい部分があると思いますが、少しずつでも判明していくのを今後も楽しみにさせていただきます。ありがとうございました。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。