【放送後記】2015年12月4日【ニコニコ本社】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【放送後記】2015年12月4日【ニコニコ本社】

2015-12-05 23:06
    話した内容を忘れてしまわないよう、今回から備忘録を放送後記としてブロマガ上につけていくことにします。
    さて今回の放送ですが、ニコニコ本社において累計81回目の放送でした。(うち9回はco2500000での放送です)


    それにしても…


    視聴者減ったなー。
    一時期は平均で300人くらいの視聴者がいたはずなのだが、段々と300人を割り込み、とうとう200人を割り込んでしまいましたね。。。

    さて今回話した内容ですが、最近Twitterでメールアドレスを晒して仕事を得ようとしているコスプレイヤーの話。
    展示会やイベントなどで、最近はコスプレイヤーの出番がかなり増えているように感じます。それについての私見を申し上げました。
    「安く使えるからと安易にレイヤーを使うべからず
    「地雷が多いから気をつけろ!」
    「結局はプロのモデルやコンパニオンを使うのが無難」
    このような発言をしました。

    放送中、「仕事が雑」というコメントも見受けられました。何の考えも無しコスチュームを着飾っての仕事に憧れている人にありがちなパターンですね…
    コンパニオン業務にあたっての研修を予め受けている方ならともかくとして、何の経験もないコスプレイヤーにクオリティの高い仕事を求めるのは酷といえます。(社会経験の乏しい人ならなおさら)
    コンパニオン初心者の方は「挨拶」と「周りへの気遣い」を優先するようにして下さい。スキルは経験次第で上手くなるわけですから、まずはクライアントからの信頼を得られるようにしないと継続的な仕事は臨めません。
    実際、私の知人のコスプレイヤーでコンパニオンをやっていたりする方がいますが、彼女はすごいですよ。まず仕事が途切れない。信頼を得るだけの仕事が継続して出来ているというのは尊敬に値します。しかも以前は会社勤めでしたが、現在では会社も辞め、コンパニオンが専業とのこと。ただただ感服です。

    もう一つの話題は、とあるイベントでとあるコスプレイヤーが使用済みのTENGAをプレゼントされた事案についてです。
    これは受け取る側があまりに無知だったこともさることながら、何でもかんでも受け取る習性にも問題あるんですよね。もちろん贈った者が言語道断で一番悪いのですが。
    イベントにおける差し入れはこの世界ではよくあることです。ですが、確認をしっかりしないといけないですね。受け取るものについては、包装が一切されておらず、蓋が開いていない缶・瓶・ペットボトルの飲料類や、未開封のものに限定するべきでしょう。


    さて、次回の本社放送ですが、ピョコタンの忘年会に参加するので金曜日の放送が怪しいんですよね。よって木曜日に前倒しし、12月10日18時の予定です。
    ただし、忘年会前に時間が取れるようなら金曜日にも枠を取るかもしれません。

    今後もよろしくお願い致します。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。