ブロマガでショートショート!【#11】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ブロマガでショートショート!【#11】

2015-11-23 20:30
    愚にもつかないお話を送ってもらう企画です。
    今日のお話はフィクションのはずです。念の為。


    【企画説明はこちら】(ブロマガ記事 に飛びます)
    【投稿先 はこちら】(メールフォームに飛びます)





    【 ハンドルネーム 】:博多華丸・飯原

    【 SS内容 】:
    クールポコ密着ドキュメント(2015/11/05放送)

    東京都渋谷区。
    このワタナベエンターテイメントという芸能事務所には2人の姿があった。

    記者「朝早いですね。」
    餅ついてる方「そうですね。やっぱりいつオファーの電話来るかわからないですから。」
    記者「でも、それはマネージャーの仕事では?」
    細い方「俺らみたいな知る人ぞ知る芸人にはマネージャーをついてくれないんだよね。事務所がバカだから。」

    彼らは日本でも有数のクソ芸人。
    我々はそんな彼らの生態に密着した。

    電話を待つばかりで、彼らの間には言葉は交わされない。

    記者「ネタ合わせとかはされないんですか?」
    餅ついてる方「うーん、しないですね。やっぱりネタには自信を持ってますから。」
    細い方「そもそも、俺らはネタよりもトークで食っていきたいんで。コウメ太夫みたいなオカマ芸人とは違うんすよ。」

    そう語る2人は、爆笑!レッドカーペットでご自慢のネタがふわっとウケ、微妙に人気が出た程度。そんな甘い体験を忘れられず、このザマだと事務所の清掃員は語る。

    清掃員「ほら、彼らのネタってつまんないじゃないですか。オンエアバトルで337KBって彼らとくまだまさしぐらいしか取れないと思うんですよね。」

    そんな彼らの昼御飯は叙々苑の焼肉弁当。業界ではおなじみの高級弁当である。

    記者「結構いい弁当食べてらっしゃるんですね。」
    餅ついてる方「唯一の楽しみですからね。」
    細い方「ほら、俺らって芸人としてのレベル半端ないじゃないっすか。だからタモリとかさんまレベルの弁当食ってもいいと思うんだよね。」

    (ここで視聴率が低すぎて放送打ち切り)





    >>オンエアバトルで337KBって彼らとくまだまさしぐらいしか取れないと思うんですよね。
    名言

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。