ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ブロマガ終了に伴う引越しのご案内

    2021-05-09 16:25
    お久しぶりです。咲耶#なっちゃそ です。
    自分の名前を入力しなさすぎて、とうとう日本語入力ちゃんからも忘れさられてしまいました。

    そして、これが最後のブロマガ更新になると思います。

    ことの始まり

    どうやら、ユーザブロマガサービスが終了するらしいです。
    https://site.nicovideo.jp/ch/userblomaga_thanks/?blomaga_edit

    告知!

    ちょっと前から裏話は https://yukaia.net というサイトに移動しておりましたが、
    この度、ブロマガの記事もすべて移行させました!

    なので、今後こちらのブロマガが見れなくなっても、https://yukaia.net で見れるようになっています!

    新サイトへのアクセス

    URLの末尾に付いているID (arXXXX~ という文字列)は、新サイトでも引き継ぎましたので、

    https://yukaia.net/arXXXXX~

    という形でアクセスしてもらえば、ブロマガの裏話が見れます。きっと…w

    注意事項

    テキスト丸々コピペしたようなものなので、一部表示が明らかに狂っています。
    申し訳ないですが、心で読んで頂くか、 Twitter: @naTeaso まで、お問い合わせ下さい。


    最後に

    ブロマガで裏話。というのを始めたのが、RisingWorld のSeason.1 part.6 のタイミングでしたので、かれこれ5年ぐらいでしょうか。

    動画が上がり、気が向くたびに裏話を書いているような気がします。

    そんな文化を作ってくれたブロマガサービスに感謝をしつつ、
    引き続き、 yukaia.net での裏話も、よろしくおねがいします。



    それでは、今までありがとうございました!
    そして、別の場所で引き続きよろしくです!
  • 広告
  • 2020年11月:近況報告とお知らせ

    2020-11-19 18:01
    お久しぶりです。咲耶#なっちゃそ です。

    最近は、ずっと個人サイトでちまちま裏話を書いています。
    もしよろしければ、そちらもぜひ。

    https://yukaia.net/
    で、今回はあえてこちらで日記というか近況報告というかお知らせというか。
    お話しないといけないことがありますので、久々のブロマガです。

    気軽な気持ちで読んで頂けると幸いです。


    何があったの?

    端的に言うと、ゲーム収録用のPCを壊しました。

    正確に言うと、ゲーム収録用PCのグラフィックボードが壊れました。
    グラボが壊れるということは、ゲームができないということなので、
    今後のゲーム実況に影響が出そうです。

    ゲーム実況の影響範囲は?

    諸々まとめると次のとおりです。

    【Rising World】平和な世界を求めて…

    [影響なし] (になるように頑張る)
    一番のメインシリーズ。何とかやっていける環境ではあるので、
    これは今のペース(月1投稿)を崩さないように頑張っていきます。

    【マリオ64】当時の画質で~

    [影響なし]
    Switchが壊れない限りは継続できるので、こちらは引き続き不定期開催予定。
    というか、今のままの推移なら、中断も辞さない構えです。

    【JustCause3】平和な世界を探しに…

    [影響あり:中断]
    週1サブシリーズ。一番影響が大きいのはこれで、
    機材が整うまで、一旦お休みです。

    ついこの前再開したばっかりのなのに、すぐに中断とは、すごくついていないですね…

    【ETS2】ゆかりとIAのトラックラジオ

    [影響あり?:引き続き中断]
    最近やっていないですが、これも一旦中断。再開未定。
    やる気が出てきたので、再開しようと思っていた所でした…w

    その他、実写シリーズ(モトブログなど)

    [影響なし]
    紅秋葉さんがメインでYouTubeにて公開中のモトブログシリーズですが、
    編集用PCとゲームPCを分けておいたおかげで、全くの影響なしです。

    牛歩のペースで編集がんばります。



    以上が、お伝えしたい内容となります。
    事の顛末とか、一体何がどうなっているのか。など、
    物好きな方が仮に居た時に備えて、記述しておきますね。

    どゆこと?kwsk

    大前提として、自分のPC環境は2つ用意してあります。

    • 編集用PC : 昔はゲームもこなす1台だったが、静音性が悪いため、ゲーム部門は引退
    • ゲーム用PC : 静音ケースにイケイケなパーツを組み込んだゲーム用PC。配信も兼用

    役割的には、こんな感じです。
    某世界的大流行ウィルスの影響で引きこもりがちになると言うことを想定して、
    積みゲー消化という名目の元、いい感じにパーツを整えたのがきっかけです。

    当時はめんどくさがって、新しく組んだゲーム用PCへのメインPC機能移設を辞めておいたのが、こんなところで役立つとは思いもよりませんでした。。。。

    問題の症状

    症状としては単純で、ゲームしている途中でPCが勝手に再起動する。でした。
    これは、収録中云々に関わらず発生する事象で、実はJustCause3も再起動に怯えながら収録をしていたりしましたw

    原因調査、そして事件は起こる。

    特に最近は症状がひどく(と言っても昔から頻度はそう変わっていない)、
    JustCause3を本格的に再開するに当たっては、流石に問題があるなと感じていました。

    そこで、原因を調査することに。一体何が調子悪いのかという犯人探しです。

    容疑者は、自作PC界ではおなじみのパーツたちです。
    • CPU
    • メモリー
    • グラボ
    • 電源
    • マザボ

    調査方法は、負荷テスト方式を採用。
    各パーツに負荷をかけて行き、再現性が取れるパーツを探していきました。

    CPU、メモリーに対して、ソフトを使って負荷をかけたところ、予想はハズレ。元気に動きます。
    ※ソフトはこれ↓
    https://4thsight.xyz/1505


    で、グラボに負荷をかけた所、ビンゴです。ゲームの時に発生した症状が出てきました。
    ※GPU負荷ソフトはこれ↓
    https://geeks3d.com/furmark/

    で、さらなる原因を探るべく、PCをセーフモードで起動→ドライバーの削除をしようとした時に、事件は起こりました。

    「むむっ、画面が映らないし、焦げ臭いぞ。」

    自作PC歴2桁年(あまり細かく言うとあれですが、Core 2 Duo 世代からなので若造です)の私にとって、はじめの経験です。特に異臭騒ぎは。

    初めて、電源ユニットに付いているパチパチスイッチの有用性を実感しました。
    スイッチを使って電プチし、焦げ臭い原因を探っていくと…

    グラボから、ハンダが溶けたみたいな焦げ臭い匂いが…
    ということで、炎上回避のために以降の試験は中止、大きく肩を落とすこととなりました。

    後の祭り。

    実は、今回溶かしたグラボは3ヶ月前に購入したRTX2080で、お値段は諭吉さんが6人ほど。
    この事実にはさすがの私も立ち直れませんでした…(今尚立ち直れておらず)

    しかも、ゲーム用PCのCPUは流行りのRyzen 3500で、GPUは内蔵なし。
    データを取り出すにも、現編集用PCからグラボを引っこ抜いて移設して…という作業が発生するため、正直めんどくさくなりました。
    (※しかも、仮に電源故障だった場合、グラボを2枚連続で壊すことになるため、流石に回避)


    一応、予備のパーツを準備して、グラボ・電源への負荷テスト(電源は勝手に負荷がかかるので)をしてみましたが、感動するぐらい安定したので、やっぱりグラボが怪しいという結論になりました。


    3ヶ月で6万円。月2万円。1日700円弱。高いサブスクリプションアイテムでした。。。
    (計算する度心が痛む)
    収益化なんて夢のまた夢の私には、趣味のアイテムが只々壊れるという悲しい事件となりました。。。

    で、最初に戻る。今後への影響

    冒頭にまとめたとおりの影響が出ました。
    運がいいことに、編集用PCが残っていた。かつ、昔の収録PCですので、
    要求スペックが低いゲームは、何とか収録が可能と判断。ここはうまくリスクヘッジできてるぞ。よくやった

    ただ、主にモトブログ側の素材がオーバーフロー気味なのと、
    Switch・PS4の積みゲー消化もしなくてはという使命感に駆られているので、
    一部は一旦中断という形を取ろうと思います。。。

    ※あ、PS5は買えていません。抽選に参加していませんので…

    今後の計画

    ただ、いつまでもグラボなしで使えないガラクタを置いておくわけにもいかないので、
    新しいグラボをどうするのかを考えています。

    幸いにも、GeForceもRadeonも新機種を発売している昨今なので、
    このビッグウェーブには乗らないことはないと思っています。

    これとか↓

    ZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edge グラフィックスボード ZT-A30700E-10P VD7351

    (※アフィリンクです。許してニャン)

    後は、噂のRaden rx 6800 とか…

    ただし、手持ちの資金が心許ないのが現実です……油田でも掘りに行くか。



    ということで、今回の騒動に関してまとめました。
    そのうち、「ああ、悲しい事件だったね」と、言える日が来るよう、
    私は祈っております…


    ちなみに、現在の編集状態を、はやりのnotionで大公開中。
    いち早く「あのシリーズはどんな状況?」と知りたい方、必見です。

    なっちゃそ の動画進捗


    ということで、未だに心に傷を追っている私の近況報告でした。
    それではまた。


  • Status Update: 新しいバージョンに近づいています

    2020-10-02 22:29
    お久しぶりです。

    Rising World の新バージョンのアップデート情報がいくつか出てきていますが、
    その中でも執筆時点で一番新しい記事が面白そうだったのでご紹介します。

    Status Update: Getting closer to the new version

    https://store.steampowered.com/newshub/app/324080/view/2891831951587758878


    新しいデモの状況

    Google 翻訳した内容を引用します。
    みなさん、こんにちは!現在、新しいバージョンの最初の再生可能(プレイアブル)なデモをできるだけ早く準備することに重点を置いています。
    これは楽しみですね。是非プレイしたいものです!

    最初のバージョンはむしろ「ウォーキングシミュレーター」になりますが、将来のアップデートの基盤として機能します。また、デモでは、新しいバージョンのゲームプレイと技術コンポーネント(グラフィック、オーディオなど)の良い印象を与えることができます。
    ウォーキングシミュレーターですか!
    もしプレイできたら、最優先で動画化して投稿したいと思っています。

    すごくきれいですからね。楽しみです。


    (https://images.rising-world.net/media/preview/terrain/terrain3.jpg)

    地形の整形

    先週、地形の生成をさらに改善してきました。ゲームは、よりリアルでありながら、はるかに滑らかな風景を生成するようになりました(つまり、「でこぼこした」地形はなくなりました)。バイオーム(適切な森林を含む)とダンジョンはまだ不足していますが、世界はすでに古いバージョンよりも多様です。
    地表の整形がよりリアルになるのは、スクリーンショットからもわかりますね。
    これがゲームに。楽しみですね

    建築の自由度

    また、新しい建物の部分にも取り組んでいます。私たちの目標は、古いシステムの自由を維持することですが、建物の痛みが大幅に軽減される程度に改善することです。古い建物システムのいくつかの問題を修正することは別として、スナップが最初からどのように機能するかを作り直しました。要素の回転ピボットを変更したり、オブジェクトを別の要素のピボットにスナップしたりすることもできます。その結果、湾曲した構造の作成がはるかに簡単になります。
    残念ながら、ビルド部分は最初のデモリリースの準備ができていませんが、まもなく別のアップデートで利用できるようになります。

    建築周りは、昔と同じ様な操作感にしていく感じみたいですかね。
    自由度が高いのはこのゲームの売りの一つですから、よろしくお願いしたい所ですね。

    開発者向けアナウンス

    また、新しい自動アップデーター/ランチャー(非Steamバージョン用)とLinuxビルドにも時間を費やしました。残念ながら、Linux / VulkanのサポートはUnityの最大の強みではないようですが、これは少し残念です。制御できないバグがいくつか発見されました。ほとんどのレンダリングはUnityで「ブラックボックス化」されており、エンジンのソースコードは利用できません。この場合にできることは、これらのバグをUnityに転送することだけですが、Linuxバージョンのゲームで問題やクラッシュが発生した場合は、遠慮なくお問い合わせください。

    開発周りのアナウンスですね。詳しく知りたい方はどうぞ。




    と、今回は「間もなくベータ版が登場!」というお知らせのニュースをお届けしました。
    個人的には非常に楽しみにしていたものですので、我先にプレイしたい欲に駆られています。


    ということで、今後のニュースもお楽しみに。私も楽しみに待ちます!
    それではまた。