No.5作業工程(モデル配置~センター位置バイアス付加)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

No.5作業工程(モデル配置~センター位置バイアス付加)

2014-07-20 08:51

    No.5MEDAROT RemixのMMD動画

    作業手順について。



    (前回までにおこなったこと)

    モデルにモーションを流して再生、なんど

    も再生しながら動作確認をしたり演出イメ

    ージが沸き上がってくるのを待つ。

    そうしているうちに元音源の音声の再生

    速度がはやくて踊りをじっくり見られない

    気がしてくる。

    あくまでも自分基準ですが、気持ち遅く

    してみようと動画編集ソフトAviUtlで映像

    と音声ともに再生速度100→95に変更。

    5しか変えてませんが聴き比べるとはっき

    り分かる。

    MMDでは100でしか再生されないので

    その点を頭に入れておく。


    MMDのなかでメリカ1人を動かしていたが

    画面構成もさびしいので複数にしようと決定。

    MMDモデル配置を考える。

    今回のmedarotモーションはほぼ立ち位置

    固定で上半身の動きが主になってる。

    カメラアングルをそれほどグルグルまわす

    必要がなさそうなのでカメラ位置を固定に

    する。

    その場合メリカと対になるカタチでもう1人

    置きたい。

    まったく同じ、左右対称、前後対称、circus

    の時のように90°角度をつけて配置etc...

    背中側も見てもらいたかったのでまずは

    前後対称をためすことにする。

    位置は前後対称にして踊りは左右対称

    にしようと考えてます。

    手順001medamotionpolicemerica.png


    メインのメリカを右に動かす。

    カメラ固定なのでなるべくアップにする。

    もう1人を前後対称で配置します。

    もう1人のメリカを読み込み。


    手順006medamotionpolicemerica.png


    モデル操作で読込ボタンをクリック。

    MMDモデルファイルを開く。

    モデル情報のOKボタンを押す。


    手順007medamotionpolicemerica.png


    X0 Y0 Z0のセンターにメリカ登場。

    追加されたメリカにモーションを

    読み込む。




    手順015medamotionpolicemerica.png


    ファイルメニューのモーションデータ読込

    またはvmdモーションデータを直接モデル

    の上にドラッグ&ドロップして読み込み。


    手順016medamotionpolicemerica.png


    2人が同じ位置で全く同じポーズを

    とったので完全に重なりあって2人目

    のメリカが見えない。

    第2メリカの位置をズラしていきます。

    まず横に動かしてからバックさせて

    体を後ろ向きにする。


    手順017medamotionpolicemerica.png


    ボーン・フレーム/フレーム操作の

    全ての親が赤く選択されていることを

    確認。

    フレーム操作0フレームでおこなう。

    編集メニューのセンター位置バイアス付加

    をえらぶ。


    手順018medamotionpolicemerica.png


    X-10(左に10移動)と入力してOKを押す。

    こんどは後ろにさげてあげます。


    手順019medamotionpolicemerica.png


    Z8(うしろに8移動)と入力してOKを押す。

    この時点では位置取りの良し悪しが

    わからないので再生してみて位置関係を

    ズラしたければ0フレーム目で全ての親を

    選択して編集メニュー/センター位置バイアス付加

    でX(左右)、Y(上下)、Z(前後)に数値を

    入れて微調整する。


    手順013medamotionpolicemerica.png


    第2メリカは背中向きにさせるんだった。

    うしろを向いてもらうためにlocalと書いてる

    右下の上段の緑のYの上でカーソルを

    マウスの左ボタンを押したまま動かして

    左右方向に回転させる。

    位置が決まったらボーン操作の登録を押す。


    手順014medamotionpolicemerica.png


    カメラ編/ボーン位置/角度のYに180と

    入力しても同じことができます。

    当初予定していた背中向き合わせの立ち

    位置になったので再生してみる。


    手順020medamotionpolicemerica.png


    左右シンメトリーに踊ってくれてます。

    体が重なり合わないかや2人の位置

    (2人の間の隙間は狭いほうが見栄え

    的によさそうとか)を見て必要と思えば

    微調整します。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。