音声編集ソフト使ってみた(Adobe Audition CC 2014)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

音声編集ソフト使ってみた(Adobe Audition CC 2014)

2014-08-10 22:23

    音声編集ソフトといえばフリーのAudacityが

    あります。

    自分はよくピッチ変更で女性ボーカルを男性

    ボーカルにしたり(No.4動画のCircus) 男性

    ボーカルをデジタルボイス化したり、エコーかけ

    たり(No.2動画のワロングフル・ディテンション)

    専門用語を知らなくてもそれなりに使えてました。

    音声編集の知識はまったく無いのでノイズに

    関してはエフェクトのノイズの除去くらいしか

    できずにNo.2動画ではお聞き苦しいところが

    そのままになってしまったのが心残りです。

    Audacity自体は多機能でノイズ除去方法は

    ほかにもあると思いますがヘルプが英語で

    ちょっとパスしちゃいました。

    アドビのAfter Effectsをパック購入した際に

    音声編集ソフトがついてたのでノイズ除去機能

    に期待を込めて使ってみることにしました。


    Audacityの画面です。

    標準でエフェクトもそろってます。

    いかんせん知識ない+英語わからん、で

    横文字のエフェクト効果はナゾのまま。

    (Vocoderはケロケロ声にする動画見て

    入れましたが使えてない。)


    auditioncyeber033.png


    音声編集ソフトはこのように音声波形(中央の

    青色部分)が画面に表示されてます。

    アドビは画像や映像系のソフトのラインナップが

    多いですね。

    アドビ製品は昔からとりあえず持ってれば満足

    のなんちゃってユーザー(ほとんど使ってない)

    Adobe Creative Suite 2 Premium以来

    のお買い上げ。

    音声編集ソフトがあることは知らなかった。


    auditioncyeber034.png


    Auditionの画面がこんなかんじ。

    アドビはアプリケーションの画面ベース色を

    グレーに統一してるようです。


    auditioncyeber036.png


    画面中央に音声波形の表示はAudacityと同じ。

    エフェクト名が日本語化されてて助かる。

    エフェクトの主なものはどの音声編集ソフトでも

    共通だと思います。

    自分もAudacityの操作をベースに使う

    つもりです。

    ただヘルプは英語のサイトにとぶので

    役に立ちませんが、簡単な説明が表示

    されるのでそれを見て判断することにします。

    カーソルをスライドバーに近づけると出るメッセージ。


    auditioncyeber037.png


    用語が多くてその上なんの設定値なのか全然

    わかりませんが、[>]ボタンでサンプル音が流れる

    のでそれを聴きながらスライドバーを動かしてみる。

    適用ボタンを押さない限りエフェクトは確定しません。

    自分がやりたいのは高音化、コーラス効果と

    ノイズ消しの3点です。

    元音源にノイズはないですが、エフェクトで

    特にピッチ変更で高音にするとノイズが出やすい。

    音声編集ソフトで聴くとそれほど感じられないのに

    動画編集ソフトのAviUtlで流すとノイズが目立つ

    こともあるので最終確認はAviUtlでします。

    音声編集ソフト→動画編集ソフトの往復を延々と

    やりました。

    今回初めてトライしたコーラス化は1人ボーカル

    を複数人数が歌っているようにするエフェクト

    (あくまでもそれらしく聴こえる程度です。)

    でAudacityにあるかは不明です。

    コーラス化もピッチ変更もかなり音を加工する

    のでノイズに近い音が出るようになる。


    auditioncyeber039.png


    エフェクト-コーラスはプリセットの響きわたる合唱

    を選び、[>]ボタンを押して試聴。

    出力レベルのウエットの数値を上げると複数人数

    が歌ってる感が出る。

    特性のプリセットは少し強めで聴きづらく感じたの

    でディレイタイム以下すべてスライドを下げました。

    聴きやすさ優先で音を決めます。


    エフェクトをかける順番ですが、試行錯誤してみて

    先にノイズを消してからエフェクト効果の順番に

    すると、エフェクト後にノイズを消すよりノイズの

    少ない音ができました。

    ノイズを消すと言ってもノイズの種類に合わせて

    選ぶ必要があります。

    歯擦音(しさつおん)はボーカルのサ行の子音

    「スッ」みたいな音です。

    エフェクトで増幅されるようなのでエフェクト前に

    除去(完全には取りきれない)を選んで低減

    させておきます。


    auditioncyeber040.png


    つぎはクリック音「チッ」といった音です。

    これもエフェクト効果で増幅されるのか

    エフェクトをかけると出てくるのでエフェクトを

    掛ける前に低減させておきます。


    auditioncyeber041.png


    他にもハンマーノイズやヒスノイズなどなど

    その音に合ったノイズ除去を選んでください。

    エフェクト効果はヒストリーに履歴が表示

    されるので何をかけたか確認できてかけた

    効果を削除することも出来ます。

    AudacityだとCtrl(コントロール)キーとzキー

    同時押しで取り消しするとエフェクトをかける

    前の状態に戻ることができる。


    auditioncyeber032.png


    編集が終わったら音声データの書き出しを

    行います。

    以下はAdobe Audition独自の操作方法

    になります。

    ファイルメニューですべてのオーディオをバッチ処理として保存

    を選ぶ。

    ファイルメニューの書き出し/ファイルを選ぶ。


    auditioncyeber042.png





    auditioncyeber043.png



    ファイルを書き出しでファイル名を入力。

    (元音声データは変更を加えずに残しておいたほうが

    後でまた編集に使えるので別名保存にします。)

    OKボタンを押すと指定した場所にwavファイルが

    できてます。


    auditioncyeber044.png


    音声編集ソフトはココまでで終了です。

    これからは動画編集ソフトのAviUtlで音声の

    確認をします。

    AviUtlで再生すると音質が下がるのか

    ノイズがはっきり聞き取れるような気がするので

    AviUtlで聴いてNGなら音声編集ソフトに

    戻って編集のやり直しです。

    (実際10往復以上しました。)

    AviUtlの拡張編集にwavファイルをドラッグ&

    ドロップしたところ。


    auditioncyeber020.png


    赤帯が音声ファイル、青帯が映像ファイルです。

    前に読み込んだ音声ファイルが再生されないように

    Layer2のレイヤーボタンを押してグレー表示にする。

    不要なら赤帯の上で右クリックして削除してもいいです。




    auditioncyeber021.png



    音声ファイルの後半部分は無音で入っているので

    動画の長さに合わせてカットします。


    auditioncyeber022.png



    動画の最後の部分まで移動。

    赤いラインを最終部分に合わせて赤帯の上で

    右クリックして分割を選び、また右クリックで

    削除を選んで不要部分をカット。


    auditioncyeber023.png




    auditioncyeber024.png



    auditioncyeber025.png



    不要な部分はカットできました。

    ただこのままだと動画の最後に延々と黒画面が

    表示されたままになるのでシーンの最終部分を

    指定し直します。


    auditioncyeber026.png


    最終シーンで黒画面が表示されていると

    いうことは動画の最後は黒画面で終わって

    いるという事です。

    それでよい場合もありますが音声を削除

    して黒画面が何分も残されてます。

    そんなに長い時間表示してもしかたないので

    消します。

    最終シーンに赤いラインを持ってきて赤い

    ラインの上で右クリック。

    範囲設定/最後のオブジェクト位置を最終

    フレームを選ぶ。


    auditioncyeber027.png


    赤いラインが赤帯のはしの少し手前に表示

    されます。


    auditioncyeber028.png



    メイン画面(画像が表示される) の右下の→矢印

    ボタンを押す。

    最終シーン以降のブランクが消えます。


    auditioncyeber029.png



    黒画面がなくなったので本来の最終シーンが

    表示されました。

    ファイルメニューの編集プロジェクトの上書きで

    保存します。


    auditioncyeber031.png



    音声でも映像でも新たにファイルを読み込んだら

    範囲設定/最後のオブジェクト位置を最終フレーム

    をやる必要があります。

    忘れやすいけど再生するとすぐにわかるので大丈夫。

    サイバーサンダーサイダー歌ってみたの男性ボーカルを

    音声編集してデジタルボイスでコーラスは微妙(ほとんど

    そうは聞こえない)ノイズは高音部が若干あやしいという

    結果に仕上がりました。

    ノイズがこわくてせっかくのエフェクトを生かしきれてない

    のは自分のスキル不足が原因です。

    めりかの声優さんの声を目標に作りましたが、

    目標にはほど遠い。

    音を多少でもいじるとより自分の作品らしくなる

    のでこれからもチャレンジします。

    ノイズ除去や音のつなぎ編集ができる人になりたい。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。