ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ドミニオン:帝国 新カードのPreview #2 Bonus 「Crown」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドミニオン:帝国 新カードのPreview #2 Bonus 「Crown」

2016-05-11 11:36



    Crown(王冠?マズくないそれは?) 5コスト アクションー財宝
    アクションフェイズなら、手札からアクションカードを2回使っても良い。
    購入フェイズなら、手札から財宝カードを2回使っても良い。


    出ました、ゲーム初の「アクションー財宝カード」。
    予想通り、アクションフェイズなら、財宝フェイズならという書き方をしていましたね。
    こういう予想が当たるとちょっと嬉しい。

    効果としては、玉座の間+偽造通貨-購入 /2 と言った感じでしょうか。
    使いたいカードがアクションか財宝かで考えて使っていくのがいいと思います。
    偽造通貨に比べて、廃棄効果がないというところをメリットと取るかデメリットと取るかはあなた次第。


    ちょっと踏み込んだ話。
    馬上槍試合の褒章の中に、「王冠」というカードが有るというのを覚えている人も多いかと思います。
    あれの英語名は Diadem。Crownとはどう違うのでしょうか。

    ちょこっとググッて見たところ、Diademはいわゆるティアラ的位置づけ。それに対して、Crownはまさに王冠といった感じですね。どうすんだ翻訳。

    今からでもDiademをティアラに訳して王冠の座を明け渡してもらうか、
    Crownを「冠」と訳すことで事なきを得ようとするか。多分後者になると思います。


    また、多分このカードが、財宝カードを2回使うカードの中で初めて、その財宝カードを廃棄しないようなカードになると思うのですが、
    (というか財宝カードを2回使うカードが1つしかないと思うのですが)
    こいつに、数日前に紹介したCapital(5コス6金、使ったあと捨て札にしたら6借金)を接続することができれば、実際の効果は2回でも、捨て札になるのは1回だけなので実質6金得なのではないかという気がします。そうだとしたら使えそう。


    他の使い方としては、こいつを相続してしまうと、自分の屋敷に限り、夢の「アクションー財宝ー勝利点」(コスト2)が出来上がります。鉄工所が行商人になり、金物商がバザーを上回る何かになり、カササギが増えながら手札に加わり、造幣所が大喜びするが、貢物のせいで名馬が桜肉になる。


    アクションフェイズ中に使ったらアクションとして、購入フェイズ中に使ったら財宝として使えるこのカードを、闇市場とか語り部の効果で発生する、お金出せるフェイズに使うと、アクションフェイズ中なのでアクション効果になるんでしょうね…?
    闇市場はそんなに問題ないんですけど、語り部が大問題で、3枚まで出していい財宝カードの1枚目に使ったこのカードがアクションカードとして処理され、アクションカードをそこから重ねて行けることになりますが、ここにこれ自身とか玉座の間を接続して、別のアクションをガシガシつなげていけば、ものすごい金量を生むことが可能になるんだと思います。全部ドローに変換されるけど。


    アクションかつ財宝なので、薬草商とも画策とも仲が良いようです。そのラベルを多用する方向で行けば、銅貨廃棄のために購入フェイズに使った冠に偽造通貨を接続して2回使い、使う必要がなくなったらアクション増やすもよし、墓暴きで生け贄に属州を獲得することもできます。泥棒には注意な。

    新たな種類のカードの登場で、現行環境にあるカードでもう少し考えないといけないカードが出てくると思いますので、いつかまとめてみます。いつか。またいつか…
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。