ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ドミニオン:帝国 新カードのPreview #3 VP tokens
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドミニオン:帝国 新カードのPreview #3 VP tokens

2016-05-12 01:57
    勝利点トークンだあああああああああああああああいやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっひょおおおおおおおおおおおおお





    Groundskeeper(整備員) 5コスト アクション
    +1 カードを引く
    +1 アクション

    このカードがプレイされている間、勝利点カードを獲得する度に、+1勝利点(トークン)。

    Temple(寺院) 4コスト アクションーGATHERING?????
    +1 勝利点トークン。
    手札から、1~3枚までの異なる名前のカードを廃棄する。
    Templeのサプライの山に+1勝利点トークンを加える。

    このカードを獲得した時、Templeのサプライの山に置かれている勝利点トークンを獲得する。

    Chariot Race(戦車戦) 3コスト アクション
    +1 アクション
    山札の一番上のカードを公開し、手札に加える。あなたの左隣のプレイヤーは、山札の一番上のカードを公開する。カードのコストがそのカードのコストを上回っていれば、+1コイン、+1勝利点トークン。

    Groundskeeper、Chariot Race、Templeの順番で語ります。(1→3→2)

    このカードが出ている間、なので、玉座や宮廷や御料車やそれこそCrownで増やそうが効果は変わらないです。橋をリリースした時から学習している。爆発したい思いはあれど。

    カードを使った感想としては、多分街道が近いのではないでしょうか。増やせないけど、キャントリップ。使えば使うほど、その効果は累積していく、ちなみにコストが一致しているという点でも。
    獲得すればいいので、購入じゃなくていいんです。屋敷だろうが大広間だろうが、獲得したもの勝ちなので、別に狩場を廃棄して屋敷3枚でもいいんです属州と同じ勝利点なんです。

    6枚並べれば(机上の空論)、属州が2倍ですよ。皆もっと、勝利点トークンを愛そう。もっと心の奥深くから。



    2番目のカード、Chariot Raceですが、うん、まあジョジョが思い浮かびましたが
    これは家でローカルルールとして採用していた、初手番決めに似てますね。
    自分の山札の上のわからないカードと、相手の山札の上のわからないカードのコストを比べるわけです。

    で、このカード、カードドローはついてないので、好きなカードの効果で山札の上においたカードがめくられるということになります。中庭、官吏、どんとこい。

    そんで、このカードには、「公開したカードを捨て札にする」とか書いてないんですよ。やりたい放題なんですよ。一回自分の山札の上がコスト高いカードであると、もう無双です無双。官吏で属州戻して宮廷―Chariot Raceしよう!1連勝は3連勝だ(????)
    公開した自分のカードは引いてくるので無双は出来ません。毎回官吏で置きますか!?



    さて。

    3番めのカード。使ったら山にトークンが乗って、獲得する度にその上のトークンを頂きます。
    …これあれじゃね?俺の無限金コンボに足したら、大変なことに成るのでは?


    宮廷、宮廷、盗賊、Temple、盗賊とかすれば、トークンいかんによっては、焚き火があろうがなかろうが、無限勝利点出来るんじゃないかと思います♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
    これいけますよ。

    廃棄から獲得してももらえる勝利点トークン。属州はオワコンなんて言われる日々も……言い過ぎかもしれないけど、割とあると思います!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。