ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【カードレビュー】貴族【ドミニオン陰謀】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【カードレビュー】貴族【ドミニオン陰謀】

2014-02-28 12:27
    勝利点―アクション 貴族 6コスト
     +2 勝利点
    次のうちから一つを選択する。
    「+2 アクション」
    「+3 カードを引く」

    アクション+のカードとしても、鍛冶屋としても使えるカード。
    勝利点のくせにデッキを圧縮しないというところが更にミソ。
    村がなく玉座宮廷もなく、アクションがいちいち足りない場に時たま現れる救世主的ポジション。

    「次から1つ選択する」というカードはこれが初めてか。
    宮廷や玉座の間でこのカードを選択する時は、全ての回で同じ効果を選択する必要はなく、宮廷ー貴族なら、+2アクション、+3カードを引く、+3カードを引く という選択をすることができる。強いな。

    強いなと書いたけれど、強いのは宮廷のおかげであり、貴族に頼ってはいけない。
    貴族だけでデッキを組むのはあまりおすすめできない。貴族2枚手札に揃ってようやく手札6枚スタートになるしな。
    アクションはあるけどカードが引けない…や、いろんな効果があるのにアクションが足りない…と言ったデッキの時にその真の役割を発揮するだろう。

    使い勝手はいい、アクションは増える、カードも引ける。 こんなカードの点数は6点。
    それ1枚で使えるかといえばあんまりと言った感じ。高いしな。
    別の人の評価を見てみたら6.92点。まあ、そんなもんか。

    一緒に使いたいカード:宮廷かな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。