ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 音ゲー忘備録㉝「GAME ON@日本科学未来館 」

    2016-04-17 08:54

    週末のお休みを利用して新橋からゆりかもめに揺られやって参りました。
    お台場の日本科学未来館でございます。



    国際研究交流大学村内にあり、科学なんてわかんねえよタコスケ!って言っちゃうド文系の私でも直感的に分かりやすく宇宙やロボット、最先端の技術を紹介する展示が行われています。
    こちらで2016年5月30日までの期間限定で行われている企画展「GAME ON」






    1970年代に一世を風靡した「スペースインベーダー」から
    最新のVRを活用した体感ゲームまで、ゲームの創成から現在までをほぼすべて実際のプレイにて体験できます。

    膨大な展示の中で、当記事では音ゲー関連の展示をピックアップしてご紹介致します。
    館内に入ってすぐ右手、スペースインベーダーのロゴが目立つこちらが「ゲームセンターでプレイ・アーケードゲームコーナー」




    貴重なマリオブラザーズのテーブル筐体・スペースインベーダー4台
    車両型のレースゲームが目立つ中、
    写真左奥にあるのが「DanceDanceRevolution」初代筐体です。






    フリープレイとなっており、常に3~4人待ちが出来ている
    人気のコーナーとなっていました。1人1曲で交代なので、回転が速くすぐにプレイできます。
    普段の殺伐としたゲームセンターとは違い、親子連れやカップルも多く、
    懐かしの機種に皆様笑顔で楽しんでいらっしゃる姿が印象的でした。



    Buttellyは選曲されるたびに通りすがりの方から「この曲知ってる!」
    「懐かしい!」と声が上がっていました。私もプレイしてみましたが、譜面は見えても
    当時の判定に苦しみPARANOIAを辛うじてクリア。
    「こんなに難しかったっけ…」との声も多かったですね。




    「アートでプレイ・ゲームキャラクター、音楽、映画」コーナーでプレイできるのは

    まずは「パラッパラッパー(1996/PS)」



    リズムゲームの礎となった作品ですね。
    パラッパ等キャラクターの人気と合わせ、家庭用音楽ゲームのジャンルを確立した一作です。
    その横には「スペースチャンネル5(1999/ドリームキャスト)」



    ゲーム自体は覚え系のリズムゲームですが、
    「音楽とダンス、そしてゲームを愛する全ての人へ。」のキャッチコピーの基、
    宇宙船のエレクトロな雰囲気の中でノリの良い音楽に合わせ、
    キャラクターが3Dポリゴンで動くこの世界観が好きというファンが自分含め多いです。
    このゲームシステムは現代でも「リズム天国」に継承され、受け継がれているのも面白いですね。

    ご存じ「ビートマニア(1998/PS)」



    家庭用5鍵の専コンでプレイ出来ます。久しぶりに触ってもやっぱり判定が迷子。

    「GuitarHeroⅡ(2006/PS2)」



    北米でギターフリークスの知名度が低いけどもっとプレイしたい・・・
    そうだ!自分で作ろう!でスタートしたギター体感ゲームのシリーズ。
    後に5レーンでの演奏システムがギタフリに逆輸入されたので、
    現在のシステムはこっちが元祖になりました。

    「太鼓の達人 特盛り!(2014/wii)」



    子供に大人気!時間によっては列ができていました。
    専コンもあったのですが、滑り止めが効かなくなっていてプレイに耐えられなかったです。

    「みんなでプレイ・マルチプレイヤーとコミュニティ」コーナーでは

    「ザ・ビートルズ:ロックバンド(2009/Xbox360)」








    初めて見たゲームです。ギター・ベース・ドラムコントローラー、マイクがあり、
    楽器は4レーンのギタドラといった感覚で判定ラインに合わせて演奏。
    ボーカルはカラオケの採点システムの要領で歌うことでスコアを上乗せしていくセッション型の音楽ゲームです。

    通りすがりの人が次々と各ポジションに入って、
    知らない人同志で気軽にセッションする光景が多々見られました。
    ギタドラキーマニのセッションシステムもこのような遊ばれ方を想定してたのではないかと思ったり。

    以上が音ゲー関連の展示です。
    入場料1500円で上記含め何百種類のゲームが遊び放題のこの企画。ゲーマーなら必見です。

    住所:東京都江東区青海2−3−6
    開園時間:10時~17時
  • 広告
  • 音ゲー忘備録㉜「続・池袋ゲーセン戦争の行く末は・・・」

    2016-04-06 23:13
    以前音ゲー忘備録⑬「池袋ゲーセン戦争の行く末は・・・」 を投稿してから1年、
    クロスビーツ・シンクロニカ・チュウニズム・その他音ゲー稼働発表ラッシュ・ミライダガッキの事実上稼働終了と動きの大きかった音ゲー界隈、
    ゲーセン激戦区として名高い池袋界隈音ゲーの動きを改めて振り返ってみましょう。

    前回記事(2015年4月)までの流れは以下の流れでした。

    ・タイトーステーション池袋ロサ店
    ・アドアーズ池袋西口店
    ・ランブルプラザ
    ・アドアーズ池袋東口店⇒2014年2月音ゲー撤去
    ・サンシャインアドアーズ
    ・PROJECT ADORES池袋店⇒2014年9月音ゲー撤去
    ・池袋GIGO(SEGA系)
    ・サントロペ池袋⇒ギタドラ撤去
    ・スポルト池袋⇒2015年3月閉店

    2015年(開始時期わかんない)さっそく動きを見せたのはサントロペ池袋。
    既存の1機種100円2クレイベントに加え、もう1機種をTwitterユーザーの投票によって100円2クレにするイベントを開始しました。


    https://twitter.com/AMSt_Ikebukuro/status/717511103643672576?lang=ja

    ラウンドワン池袋のゲリライベントに対して宣戦布告を行うと共に、Twitterのリツイートによる集客・ユーザーのプレイ機種の人気を確認するマーケティングの意味でも店側ユーザーの双方にメリットをもたらしているように見えます。

    現在まで1日も欠かさずに投票ツイートが行われているところを見ると、店側には良い方向に働いていると思えますが、もし投票のデータを蓄積している場合には今後新機種の入荷の際、撤去機種の検討材料になる恐れはあるでしょう。

    白旗を挙げたのはアドアーズ池袋西口店。


    https://twitter.com/iidx_close/status/634974633075212289

    残念ながら2015年9月23日に店舗ごと閉店。
    跡地は丸ごとネットカフェになるとの告知が出ています。

    前回記事でこの店舗は安泰と記した自分、無能。

    同じ西口に位置するタイトーステーション池袋ロサ店は2016年10月にボルテを一台増台。

    https://twitter.com/taito_rosa/status/654992706297462784

    駅から多少距離はあるとはいえ、池袋西口のゲーセン最後の生き残りとなった池袋ロサ。今後もインカムを伸ばしていくのでありましょうか。

    そして2016年4月、サンシャインアドアーズから音ゲー全台撤去のニュースが流れました。


    https://twitter.com/noble_sound/status/717610349713686528

    気になるトピックスとしましてKONAMI・SEGAの業務提携の流れから2016年4月になってSEGA系のゲームセンターに続々とKONAMI機種が入荷される動きが見られています。
    チュウニズムロケテ・グルコスの稼働イベントが行われ、SEGAの主力店舗である池袋GIGOの動きによってはさらなる池袋ゲーセン戦争の動きがこの1年で見られると思います。

  • 音ゲー忘備録㉛「カプセル永山」

    2016-03-29 23:37
    西東京の音ゲー環境をご紹介シリーズ。
    京王永山駅から徒歩3分、駅の複合施設沿いに位置するアクセス抜群のこの店舗

    カプセル永山
    です。







    ※店内は画面を除き撮影禁止となっています

    【音ゲー設置データ(2016年3月現在)】

    beatmania ⅡDX ー 3台
    pop'n music ー 2台
    Dance Dance Revolution ー 1台
    GITADORA ー 2台(ギター・ドラム各1台)
    jubeat ー 2台
    REFLEC BEAT ー 3台
    SOUND VOLTEX ー 2台
    DanceEvolution ARCADE ー 1台
    beatstream ー 2台
    maimai ー 1台(×2)
    GROOVE COASTER ー 2台
    太鼓の達人 ー 2台
    MUSECA ー 1台
    ミライダガッキ ー 1台
    DJMAXTECHNICA2 ー 1台

    【ここがポイント】

    ・充実の台数とゆとりの空間


    上記の通り、現行機種に関しては設置機数は少ないものの
    クロスビーツ・チュウニズムを除いて問題なく取り揃えがあります。
    しかしながら、地下1階の広い空間を有効に活用したゆとりのある機種の設置で
    友達と訪れても問題なくゲームが楽しめるおすすめの空間です。

    ・都内でも珍しい?旧機種設置

    ミライダガッキとDJMAXが稼働中。
    西東京・多摩地区ではどちらもほとんど見られないレア機種かと思われます。
    良くも悪くも随時人で賑わってる店舗ではないため、心ゆくまでプレイを楽しめます。

    ・都内唯一?ダンエボ録画機標準装備




    都内でも多くないダンエボの設置があるのですが、ここでは唯一画面の録画機が設置されています。
    USBメモリを持参するだけで録画ができ、後で振付やマーカーの確認が可能。
    郊外の店舗ではありますが、新曲追加時の練習にも活用できるのではないでしょうか。

    住所:東京都多摩市永山1-3-4 ヒューマックスパビリオン内

    続く