【レビュー】僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件 (1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【レビュー】僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件 (1)

2016-10-10 21:34

    ●角川コミックス 松本ナミル(著) 僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件 (1)


    以下あらすじ(amazonより引用)----------------------------
    平凡な高校生・篠崎遥には、憧れの存在がいた。
    それは容姿端麗・成績優秀なクラス委員長の香坂秋穂。
    彼女にダメ元で告白した篠崎は、意外にもOKの返事をもらう。
    だが、完璧な彼女かと思われた秋穂は、マジメ過ぎるが故に
    予想を超えたズレっぷりを発揮する処女ビッチで…!?
    ----------------------------------------------------------------


    ありがちなラノベっぽいタイトルで逡巡するが、普通にラブコメ系の4コマ(所々変形アリ)漫画なので、評価としては可もなし不可もなしだろうか。 暇つぶしに読むなら充分OK。

    著者の処女作ということで、いろいろ初々しかったりぎこちなかったりするも、発展途上なりに楽しめる作品で、私的に好感度は高い。
     
    彼のために良い彼女になろうと、真面目に努力すればするほど踏み外してしまうところが、優等生ならではのズレっぷりで、その辺のギャップ萌えがこの作品の肝と言えるだろう。

    話が進むにつれ、徐々に登場人物が増えて、幼馴染の姉的存在とか、天然お嬢様とかから横槍が入ったり、けしかけられたりと、この辺もセオリー通りの展開。 あまり冷静に分析するような作品でもないのでw、下ネタ好きで絵柄が好みなら買って損はないと思う。

    ちなみに、彼女が真面目で可愛いのに何でこんなに下ネタ研究に熱心なのかは、巻末の描き下ろしで種明かしされている。 今月末に二巻が出る模様。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。