ヌルチン・ブルマーさん のコメント

userPhoto
ヌルチン・ブルマー
>>1
ですよねー。
結局、みなも⇒どろおふと体験してきた我々には一番合理的な展示方法だという共通体験があるんですが、そういう経験が無い人にどうやって上手く理解してもらうかみたいな問題なんです。

基本的にBMCは単一ジャンルの方が多いので、その辺も分かり辛いところなんでしょうね。

>雑食系
そうそう、だから私も数を出したくないんですが、今回は数量的にピンチなので、そうも言ってられなくて(;^ω^)。
No.2
14ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今日は月末ということで、帰宅時に本社に寄ってきました。 特に何もありませんでしたが、帰りに最寄りのはなまるうどんで食べた、ピリ辛肉ざるうどんが美味かったですね。 限定メニューということですが定番にして欲しいなぁ。 ついでに、レジでおばちゃんに勧められた天ぷら定期券を購入してみました。 使用は来月からなんで、忘れないようにしないと。 ・・・ 昨日はBMC例会に参加してきました。 静岡合同展以来、久しぶりの出席でしたが、展示会前ということで盛況でした。 議題の方は当然、展示会についてでしたが、昨年の倍のスペースを確保したにも関わらず、作品数が圧倒的に足りない(予想)ということで、副会長が激怒しておられましたw。 まぁ笑い事じゃないんですが、昨年の展示会以降、会員が倍増したのに蓋を開けてみたら参加できる人数は去年+α程度だったという誤算もあったりして、なかなか世の中上手く行かないものです。 それでも個人的にはさほど悲観しなくても大丈夫じゃないかと思います。  経験から言って、どんなサークルも実働人員は半数から良くて2/3くらい。 私が入ってるもう一つのサークルも、毎月、完成品を持ってくる人は半分居るかどうかでしたが、展示会はキッチリ並んでましたから。 事前にこういう心配をしなくても良い方法は一つあって、第一回展示会の時から提案してるんですが、なかなか他の方の同意を得られません。 単純な方法ですが、ジャンル毎に展示するのをやめて、個人ごとのスペースを割り当てれば良いのです。 私の説明や説得が拙いせいかもしれませんが、この方法なら事前の管理やリスト提出、展示の手間などもすべて軽減されるので、もっとも合理的な展示方法だと思います。 既存の模型展示会の手法とは違って、どちらかというと美術展的な並べ方ですけど、観客側は「この人はこういうものを作る人なんだな」というのがわかるのがメリットです。 ジャンルで分けるよりも個人の味を出せるので私は好きなんですけどねぇ・・・。 もう一つのメリットは、作品の出し入れが楽ということです。 ジャンル別だと、出品者全員が揃わないとレイアウトを決められませんし、途中退場者がいる場合、レイアウトも変更しなければなりません。 ・・・ 相変わらずニコニコでは鳴かず飛ばずだけど(;^ω^)、ツイッターでは500イイネくらいはもらえた フルール・ド・ラパン制服 のもちひよたんカワイイ!
プラミクPのブロマガ
主にMMDとか模型全般について徒然に。