ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ヌルチン・ブルマーさん のコメント

userPhoto
ヌルチン・ブルマー
>>1
ヌプヌプ ヌプヌプ ヌプヌプ(;´Д`)
No.3
66ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今日は叔父が家に来たので、自分のクルマを知り合いの駐車場に入れさせてもらって、叔父の乗ってきたクルマをウチの車庫に入れたんだけど、やっぱ3ナンバー車はギリギリな感じでw、車庫入れするのに冷や汗モンでした(;´д`)。 つか、試乗車以外の他人のクルマ運転するの久しぶりだわ。 ドアが30センチも開かないので、運転席から抜け出すのに身体が捻れそうw。 やっぱウチの車庫は5ナンバーまでだなぁ...orz。 ・・・ すがきれもんさんが配布された安原絵麻をウェイトレス改造したんですが、そのままだとおさげが身体を貫通してしまいます(ウェイトレス服側に胸剛体が無いため)。  静画で使う分にはこれでもいいんですが、動画でも使いたかったので、初めて剛体を入れてみることにしました。 手順は以下のとおり。 1. PMXEに安原絵麻モデルを読み込む 2. 剛体タブを開き、左胸、右胸を選択する 3. 右クリックでメニューを開き、「クリップボードへ複製(C)」を選んでクリック 4. もう一つPMXEを立ち上げて、改造したウェイトレス絵麻モデルを読み込む 5. 剛体タブを開き、挿入したい位置で右クリック 6. 開いたメニューの「クリップボードから追加/更新(V)」を選んでクリック 7. 胸剛体がペーストされる 剛体を設置しただけだとBのように一部はまだ貫通してしまうので、剛体位置を動かして、なるべく服の形状に合うように調整します。 Cは剛体位置を移動・回転させたものですが、かなりピクピクしてしまいました。 また、時間が経つと図のようにおさげが右側に流れてしまいます。 Dはさらに剛体の位置調整をして、おさげの付け根付近の剛体を非衝突グループに入れ、胸や肩の剛体とと干渉しないようにしてみましたが、効果は僅かで、踊らせてみると盛大にメリ込んでしまうので、デメリットの方が大きいことが分かりました。 E(画像にありません)は、RGBAさんのブログにあった ピクピク対策 を参考にしたもので、左右のおさげの剛体をリストの一番下に配置するようにしましたが、これも残念ながら変化なしでした。 結局、静画用にAを使って、動画用にはCを使うということでお茶を濁すことになりそうです。 なかなか簡単には行かないものですね(´・ω・`)。 ・・・ タイガーモデルくそ高すぎるよ!ヽ(`Д´)ノ インサート成形とか無意味な技術ヒケラカシ要らないから!  そんなの日本じゃ半世紀前からあるから!  価格で勝負してくださいよ!(←貧乏人乙w) ま、買わなくて済むから寧ろ有難いけど(←負け惜しみ乙w)。
プラミクPのブロマガ
主にMMDとか模型全般について徒然に。