ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

FAG フレイム・タビー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FAG フレイム・タビー

2019-05-21 22:54
    前回の投稿からまた半年以上過ぎてしまいました。
    といっても全くプラモを作っていなかったわけではなく、Twtterの方にはFAGを2人投稿してました。
    ただ、ブログになると体力を使うのでこちらの更新してませんでした...
    個人的にも余裕が出てきたので、それぞれこちらで解説入れようと思います。

    まず最初はFAGシルフィー [ストライカー]を使った、”FAG フレイム・タビー”



    といっても今回はFAG シルフィーとMSGエグゼニスウィングをミキシングして、塗装したものになります。

    今回工作らしい工作というと膝アーマーのブチ穴の墨入れが難しかったので、2mmドリルで深くしただけです。
    この娘がこのような装備、カラーリングになったのは完全にタイミングの問題でした。
    前回のジンクスの際にはD-Phoneということで、昔使っていたスマホとスマホケースから色を決めたのですが、今回は具体的なイメージはありませんでした。
    同じタイミングで近所の模型屋で見つけたのが、エグゼニスウイングとHJモデラーズカラーの主役ロボ専用カラーでした。
    羽になる、双剣になる、大剣になる装備。これ完全にHobby Japanの付録だ!
    これはこのカラー使うしかないということでこのカラーリングになりました。
    名前のタビーはチャトラ意味だそうで、orange tabbyやred tabbyと言うそうです。
    今回は”炎”カラーなのでフレイム・タビーと名付けました。



    メインの白はHRクールホワイト、赤はHRフレイムレッド、武器のグレー部にHRウォームグレーを使っています。オレンジ部分もカラーセットからと思っていたのですが、よくよく見たら...



    クリアーでした...
    その為オレンジ部分はキャラクターイエローで塗装しています。
    髪は初回特典のオレンジにクリアーレッドを吹いてグラデーションをかけました。



    各部のシリンダーやフライホイール(?)などはアーティスティックマーカーの金と銀で塗装してます。




    双剣と大剣の光刃部はどう塗ったものか迷った結果、キアライエローの上からトパーズゴールドを吹いたのですが、あまりわからないですね...


    前に作ったジンクスと一緒に。
    本体はほとんど同じですが、カラーリングが違うだけで大分イメージが帰られてるかと思います。


    最後に1番可愛く撮れた写真を。
    見上げられる構図ってスケール感も出て、可愛く見えますね。

    さて次の投稿ではグライフェンの話をしようと思います。
    今回はこの辺で。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。