ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【企画終了】TECMO pick up project を振り返る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【企画終了】TECMO pick up project を振り返る

2015-11-03 20:26
    這い蹲りながら最後まで走りぬいた ぷるつをです。お久しぶりです。

    約3ヶ月に渡る『TECMO pick up project
    でしたけれども、楽しんで頂けましたでしょうか。

    こうやって一つの企画を運営するというのは簡単そうに見えて
    すごくエネルギーを使い気を使い、かつ面白くするというのがいかに難しい事か
    身をもって痛感いたしました。


    【企画終了のアンケート】
    冒頭で申し訳ないですがアンケートを取りたいと思います。
    最後のほうでいいかなと思いましたが最後まで見てもらえない可能性が高そうなので
    協力できる方はお願い致します。(最下部にコピペを用意しております)


    ・Q1. あなたは、{TECMO pick up project}を何から見聞きして知りましたか。

    ・Q2.
    {TECMO pick up project}でプレイしたゲームの中で新しく興味を持つような発見はありましたか?(あった or なかった)

    ・Q3. {TECMO pick up project}をどのくらいの頻度で視聴していましたか?
        月1回 ・ 週1回 ・ 2~3日に1回 ・ 毎日

    ・Q4. {TECMO pick up project}に対して、総合的にどのくらい満足していますか。

    5段階>   5・4・3・2・1       
         面白い ← 普通 → つまらない

    ・Q5. {TECMO pick up project}に対して前問のように回答した理由をお書きください。


    ・Q6.
    {TECMO pick up project}の以下の点に対して、どのくらい満足していますか。それぞれお知らせください。
    ・[画質]      5・4・3・2・1 
    ・[音質]      5・4・3・2・1
    ・[放送レイアウト] 5・4・3・2・1
    ・[主のトーク]   5・4・3・2・1
    ・[放送の内容]   5・4・3・2・1
             良い← 普通 →悪い


    ・Q7. {TECMO pick up project}に対してご意見などがございましたら、ご自由にお書きください。


    以上で終わりです。協力ありがとうございました。
    回答は今後行われる企画や放送を行う際に反映させて行きたいと考えております。


    さて、
    回数を重ねるごとに忘れ去られていかれそうなのでもう一度、第一弾からタイトルだけ
    振り返りたいと思います。

    【第一弾】
    ・NINJA GAIDEN Σ
    ・零~zero~

    【第二弾】
    ・NINJA GAIDEN Σ2
    ・零~紅い蝶~

    【第三弾】
    ・刻命館 & 影牢 ~刻命館 真章~
    ・零~刺青の聲~

    【第四弾】
    ・蒼魔灯 & 影牢Ⅱ-Dark illusion-
    ・零~月蝕の仮面~

    【第五弾】
    ・影牢~もう一人のプリンセス~
    ・零~眞紅の蝶~

    《内容まとめ》




    12タイトル約3ヶ月で攻略された訳ですけれども・・・
    異常でしたねwwやればできるもんなだなとw

    久しぶりに”ゲーム”に対して真剣に向き合う事ができて、苦手だったアクションゲーム
    にこんなに挑戦したのは人生で一度も無かったでしょう。
    そういう意味でも今回の企画には自分自身感謝しています。
    これまで手をつけてこれなかったジャンルに手が出せるようになったというのは
    もしかしたらいままで遊んで来た面白いゲーム達と同じくらいかそれ以上好きになれる可能性のタイトルに出会えるかもしれないという感動!この気持ちをどう伝えたらいいのか!
    俺は今、ゲームに飢えているのかもしれない!!


    ・・・と、まだ書けるかな?と思ったのですが反省会の放送の中でほとんど言いたいことは言ってしまってしまったので、もうあんまり出てきませんねw


    《まとめ》
    もうですかwwwwすみませんw
    今回の企画のではいままでよりもかなり挑戦的な内容で攻めました。
    休み無しのスケジュール表
    斬新なレイアウト構成
    初めての動画作成
    ブロマガの活用
    ツイッターでの企画告知

    正直ウザかったかも知れません・・・
    でもこれくらいしないとたぶん一人も見に来ない放送になってしまうような
    そんな危機感の中での3ヶ月でした。いままでとは大きく違う路線で、目的も曖昧なまったり配信からはかけ離れた計画的に始めている今回の放送。
    ですが勘違いはして欲しくないです、私自身は別に人気者になりたい訳ではありません。
    ただ思い出の共有できる人が欲しかっただけです。

    これからも放送するゲームの内容が変わって行きますが、私は変わりません。

    放送に関しては正直なところ企画ありきで進んでいたような気がします。
    放送内容の充実に関してもムラがあり”いつ見ても面白い”という状況を常に作り出す事は難しいことですが、それに近づけるようにがんばっていたかと言えばそうとは言えないシーンも度々あったと感じます。
    やらなければならない事を淡々とやっていた・・・そんな印象を持たれてしまっていたのではないか。そんな感想を毎日抱きながら明日がんばろうと心に決めても実際にどうすればいいのか分からない。生主なんてやっぱ向いてないかも知れないですね私。
    ちょっとを無理していたかも知れません。。。

    ”いままで誰も見たことがない”放送を目指す為に企画前の過去の放送、他の放送含めて使ったとこがないというのはかなりハードルが高い事に挑戦したつもりでした。
    企画で扱うすべてのゲームは既に大量に動画や生放送が行われていたタイトルで同じタイトルを放送している生主さんと競合してしまう為、比較されてしまいやすい状況を作ってしまいました。
    特に他の零配信者の方々には申し訳なく思っております。
    面白さでは まぁまず大手には敵わないのでレイアウトを充実させて
    ”見たことがない”という意味でどうなっているのか興味を持つようなレイアウトを目指して作成をし、自己満足で終わらない・・・見て評価してもらう為に用意したのは今回が初めてでした。
    もちろん、よかったという評価もあればダメだったという評価もあります。
    それを受ける覚悟を持って臨んだ企画です。

    いろいろと至らない点が見えてくる放送でしたが計画を持って
    ゲームを始めるというのは大変ではありますが、なかなかに面白いと感じました。
    もしまた企画を思いつく事があれば 何か を起こせるようにしたいなと考えています。

    では、この企画を一言でまとめるのなら・・・そう
        「暗中模索」
    という言葉が似合うのではないでしょうか。




    以下、冒頭のアンケートのコピペ(回答の際にご利用ください)

    ・Q1.
    ・Q2.

    ・Q3.
    ・Q4.
    ・Q5.

    ・Q6

    ・[画質]      :( ) 
    ・[音質]      :( )
    ・[放送レイアウト] :( )
    ・[主のトーク]   :( )
    ・[放送の内容]   :( )
            
    ・Q7.自由欄です


    ここまでの応援ありがとうございました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。