長谷川ふみエニグマ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

長谷川ふみエニグマ

2015-12-23 00:23
  • 3

このブロマガは「ゆゆ式 Advent Calendar 2015」23日目のエントリーです。

こんにちは。
12月23日になりました。2015年最後のふみの日です。

毎月23日の記念日であるふみの日は元来ゆゆ式とは無関係ですが、長谷川ふみちゃんは誕生日が公開されていないので、同日に勝手に祝っているわけです。
それで今回、記事を書ける機会があったので、長谷川ふみちゃんで何か書こうと。

※個人の勝手な見解が含まれますので
くれぐれもご注意ください。


長谷川ふみちゃんについて

記事の内容に対する予備知識として少し書いておきます。詳しくは大百科を参照してください。さらに詳しくはゆゆ式一式を読んでください。

画像はアニメ公式サイトより。右下の普段見せない表情が特にかわいい。
以下補足。

  • 誕生日、血液型、家族構成などはすべて不明。
  • 柴犬を飼っている。名前はウォルター。
  • 学校ではバドミントン部に所属。
  • 相川千穂、岡野佳と仲良しで、よく3人で行動している。
  • 岡野にちょっかいを出すのが好き。
  • 乳酸菌大好き。(マミ●とかビ●クルとか)
  • おみず(い●はす)も飲む。
  • 三国志と聞いてパッて出てくる人物は孫策伯符。

見ての通り、個人としての設定がほとんどありません。元々ゆゆ式の世界は細かい設定がなされていませんが、それでも準レギュラーにあるまじき情報量の少なさです。

そこに登場回数の少なさや、自身の持つ不思議な雰囲気が相まって、非常に謎めいています。原作者の三上先生もよくわかっていないと言うほどの、謎の塊が長谷川ふみちゃんです。

この記事では、主にその長谷川ふみちゃんの謎(=エニグマ)について記述します。
とは言っても解明はしませんし、できません。その謎に触れて楽しむだけです。


23エニグマ

これは23という数字が特別で重要な意味を持っているという思想のことです。

2012年12月23日の人類滅亡騒動が記憶の片隅にある方も居るのではないでしょうか。あれもその一つで、意識し始めると、どんどん身の回りから23が見つかるようになります。

長谷川ふみちゃんも語呂合わせで、ふみ23

しかし例を調べれば察すると思いますが、数ある物事の中でこれには23という数字が出てきたとか、これをこう計算してみたら23になったとか、そういったものが殆どで、隠された何かがあると確信できるような証拠は残念ながらありません。
あらゆる事柄から23を探そうゲーム、と言ってしまえばそれまでかもしれません。

元々がそんなものなのでこれからの話は尚更そんな感覚でご覧ください。


今日の部活テーマ・23

23エニグマはゆゆ式の世界でも勿論見ることができます。
特に前述の通り、名前から既に23と関係している長谷川ふみちゃん。その周りには様々な形で23が含まれており、23もまた様々な形で長谷川ふみちゃんを含んでいるのです。

というわけで以下、情報処理部ばりにググって探した長谷川ふみちゃん用素にまつわる23,23にまつわる長谷川ふみちゃん用素です。


※個人の勝手な見解が含まれますので
くれぐれもご注意ください。



  • ★毎月23日はふみの日であると同時に乳酸菌の日。

ふみちゃんが大好きな乳酸菌の記念日も、ふみの日と同じ23日でした。
この日にした由来も同じく語呂合わせからで、にゅうさん→23となります。

このことを知ったのは今年の7月23日(ふみ月ふみの日)で、それ以来、長谷川ふみちゃんには何か一貫しているものがあるのではないかと考えるようになりました。その〝何か〟が、〝23〟という数字である気がしてならないのです。



  • ★いろはすボトル1本分(555ml)に含まれるカリウム(K)量は、宮崎県で採水したものの場合0.23㎎。

鳥取県(0.46mg)と山梨県(0.10mg)と静岡県(0.13mg)のカリウム量も、平均すれば0.23mgになります。長谷川ふみちゃんは自ずから23を体内に取り込んでいました。

Kが佳を連想させるのがまた奥深いです。カリウムといえば利尿作用。トイレ描写の多いゆゆ式との相性が良いミネラルといえます。ただ、ゆゆ式 Advent Calendar 9日目の記事によると、長谷川ふみちゃんはあまりトイレに行かないようですね。

同日追記。
新たに長谷川ふみちゃんとトイレについてのまとめが投稿されました。
[ゆゆ式とトイレとふみお - 興味本位]

「いろは祝詞・ひふみ祝詞」という表裏一体のものがありまして、詳しい説明は省きますが、これは主に言霊とか数霊とかの話になります。
「言葉には力があります」 とゆずこも言っているので、ゆゆ式と言霊は無縁ではありません。
それはさておき、いろはすと長谷川ふみちゃんはその名前の上でもつながっているわけです。ひふみは漢字で一二三なので、つなげているのはやっぱり23という数字なんですよ。



  • ★森永マミー200mlに含まれるリン(P)量は23㎎。

「森永乳業株式会社 栄養成分一覧表 2015.11.24更新」より。

こちらはカリウムではありませんでした。残念。
なお、カリウム230㎎、リン23㎎の同社製品もありましたが、もはやふみちゃん関係ない「Vegeetスムージー 野菜&バナナMIX」でした。

マミーのブランドサイトにはゲームコーナーがあって、そのすごろくには四角いマスが23個あります。ちなみに最後辺りに「ともだちのところへいく」みたいな指示が出るマスがあるのですが、そこを踏むと相手がどこに居ようが何故かスタート地点に戻されます。そのせいで連敗しました。

他にマミーにまつわる23といえば、森永乳業が独立したのが1949年で、その各位を足すと1+9+4+9=23になることくらいですかね。



  • ★ケイ素の単結晶を用いた計測により、高精度化される前のアボガドロ定数は6.023×1023

ケイ素が佳を思わせる以外は長谷川ふみちゃん要素ありませんけど。
現在は2014年のCODATA推奨値で6.022140857(74)×1023です。

23エニグマの1つに「円周率の小数点以下第五位まで(3.14159)の各位の和は23」なんてものがありますが、6.0221408までの各位の和だって23です。

原子つながりで、原子番号23はバナジウム(V)、原子量およそ23はナトリウム(Na)です。
どちらも天然水によく含まれています。



  • ★清水茉菜さんの誕生日は12月19日で1+2+1+9=23

遅ればせながら、清水茉菜さんお誕生日おめでとうございます。

清水茉菜さんにも23が含まれていました。アニメ版ゆゆ式で長谷川ふみちゃんの声を担当し、現在はインターネットラジオステーション<音泉>の「新谷良子のただのラジオ」の回替わりアシスタントとして活躍中の声優、清水茉菜さん。ゆゆ式ライフログには長谷川ふみちゃんに関する清水茉菜さんへのインタビューが載っているので、ぜひ一読をおすすめします。

現在、新谷良子のただのラジオで3回に1回登場しており、この前が11月26日の第20回だったので、次回の登場はちょうど第23回になると思われます。

ところで来年3月のゆゆ式同窓会トークイベントには清水茉菜さん来ますよね!!
出演者:大久保瑠美、津田美波、種田梨沙、他 ってありますけど来ますよね!!!

BDBOXの新作ドラマCDでは長谷川ふみちゃん名前だけ出てきましたね。それだけでもありがたいですけど、やっぱりちゃんと声付きで出演してほしいものです。

まってこれ13じゃね。



  • ★ヨーロッパ文化で犬の日とされている期間は、7月23日から8月23日まで。

ふみ月ふみの日から始まり、葉月ふみの日で終わります。
これはおおいぬ座α星シリウスが太陽と同じ方向に現れる期間に由来します。

この辺に興味がある方は、シリウスと7月23日について調べてみてください。古代エジプトのシリウス暦の一日目がグレゴリオ暦の7月23日だとか、23はシリウスナンバーだとか、3次元世界の波長は7.23㎝だとか、そういった壮大なスケールの話がわんさか出てきます。

現在ゆゆ式キャラクターの中で、唯一ペット(犬)を飼っているのが長谷川ふみちゃんです。
過去を遡れば松本先生もスグという名前のミックス犬を飼っていますし、縁ちゃんは犬大好きですが、ゆゆ式で長谷川ふみちゃんほど犬と結びつきが強い人物は他に居ません。23という数字が輪をかけて、それを強めています。



  • ★映画「ナンバー23」の主人公の名前はウォルター。

これには本当に驚きました。ウォルターといえば長谷川ふみちゃんの愛犬の名前です。しかもこのウォルターという人物は動物管理局で働いています。さらにこの人、猫の鳴きマネもします。長谷川ふみちゃんもしますよね、猫の鳴きマネ。

この映画は名前の通り、23エニグマを題材としたサスペンス映画です。話の中では犬が何度も登場し、何かを仄めかすような振る舞いを見せます。
サスペンスなので、人が死にます。
そこからは長谷川ふみちゃんが醸し出す死の雰囲気が感じ取れます。

何より次々現れる23という数字。
とにかく、映画のいたるところから長谷川ふみちゃんを感じました

ゆゆ式の登場人物、少なくとも情報処理部の3人は映画をよく観ます。夜から朝まで映画会をする程の映画好きです。もし同じように映画を観ているのであれば、長谷川ふみちゃんはこの映画を観て自分の犬に名前を付けたのかもしれません

いや、むしろ、原作者の三上先生がこの映画を観て、長谷川ふみちゃんとそれを取り巻く環境をつくったのではないでしょうか。
これ以上は余計な勘繰りなので止めますが、仮に事実だとしたら、長谷川ふみちゃんの元ネタは〝23〟という数字そのものということになります。何かいいね。



  • ★その他

長谷川ふみちゃんと関連が浅いもの、特筆する必要がないものを一覧にしました。

  • 中山大樹博士が緑麦芽から有胞子性乳酸菌ラクリス-Sを分離したのが1949年で1+9+4+9=23
  • スコットランドの詩人ウォルター・スコットの誕生日は8月15日で8+15=23
  • バドミントンで使われるラケットのフレームの幅は230㎜以内。
  • 長谷川ふみちゃんが三国志と聞いてパッて出てくる人物である孫策、の弟である孫権が呉の初代皇帝になり(229年)死去する(252年)までの期間が23年。
  • 長谷川ふみちゃんと似たジト目をもつポケモンのクルマユがアニメ「ポケットモンスター ベストウイッシュ」に初登場した回は第23話。


まとめ・私はそう感じた

オリジナルの23エニグマに引けをとらないほどの、長谷川ふみエニグマが集まりました。
長谷川ふみちゃんを構成するものからこれだけ23が検出されたのです。もはや偶然ではなく、偶然的必然と言うに他ないでしょう。

調べていくと、この数字に魅せられた誰もがそう感じたように、自分の見たもの感じたものからとめどなく23が浮かび上がってくるようになりました。
ふと時計を見ると23分なのは日常茶飯事です。ある日招かれた部屋の空調は23℃でした。

長谷川ふみちゃん大好きな身としては不吉さなど何も無く、自分が23を通して長谷川ふみちゃんに見守られているような感じがして、とても安心することができ、幸せでした。


23にとどまらず、また、長谷川ふみちゃんにとどまらず、ゆゆ式からはこのような不思議さ、神秘性が様々な点で見つかります。探せばいくらでも湧いて出てきます。
ゆゆ式が持つ、考えさせられる何か。あなたも知っているはずです。感じているはずです。

「ゆゆ式は哲学」 「ゆゆ式は宇宙」 「ゆゆ式は神アニメ」という言葉を時折見かけますが、そこから一つ前にふみ出して、ゆゆ式に神秘性を感じてみてはいかがでしょうか。
勿論、こういったことを毛嫌いする人も居るとは思いますが、無限大であるゆゆ式の楽しみ方の一つとして、覚えておいてください。あなたが見ている世界、ゆゆ式の世界も当然ですが、現実の世界も変わります。

さらに、「ゆゆ式になりたい」という思想もあります。発祥元は不明ですが、少なくとも2013年下半期には根付いていました。
これと似た考えに「自己と宇宙の一体化」というものがあるんですね。これは紀元前1500年頃には既にインド哲学などで語られていました。この辺は大変興味深くて、ゆゆ式にもそのような神秘体験、思想に至らせるような性質があると確信しています。

事実、ゆゆ式と一体になれたような感覚に陥ったことが二度ほどあります。
自分が体験したことですから、疑うほうが難しいですよね。
こんな素人でもできるのですから、人は誰でもゆゆ式になれます。極めれば恐らくもっと自由に、強烈なその境地に入ることができるでしょう。


アニメイトの三上先生インタビュー記事の最後に、こういった文があります。


この一文を引用せずにはいられませんでした。全く賛成です。

なにか新しいことが始まる

まずは信じましょう。それも深く情熱を持って。
新しい時代はすぐそこです。今年もあと僅か、やるべきことはただ一つ。
信じて年を越しましょう。ゆゆ式と共に。


おまけ

長谷川ふみの「み」って「水」とも書ける上に、長谷川ふみちゃん自体水な感じがありますよね。まんがタイムきらら10月号のゆゆ式からもそのような表現が見て取れました。
続いて、岡野佳の「佳」は本来の読み方では「か」です。これは「火」と解釈できます。

火の力と水の力が合わさったものは何か。
神(火水)です。
ふみおかは神

←神。

そして火と水で何ができあがるか。
ゆ(湯)です。
ゆゆ式に繋がります。

岡野佳と長谷川ふみは、ゆゆ式の中心である情報処理部の3人を外から見る存在として、そこに居ます。名前からもそれが窺えるような、窺えないような、そんな感じ。





それでは、これから今年最後のふみの日を楽しもうと思います。
まずはゆゆ式第132話を観ましょうか。


広告
×
ふみおへの愛が伝わってきた 2京点
48ヶ月前
×
ふみおをなぞりこなしている良記事
48ヶ月前
×
記事良く出来てる。あめちゃんをあげよう
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。