ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2021/05/05動画に添えて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2021/05/05動画に添えて

2021-05-09 20:01

    伊織の誕生日動画を上げました。

    柄にもなく動画についてのお話です。もし見てくださる方がいたらありがとうございます。
    なぜ急に語りだすかというと、動画に乗せきれない部分が多く、客観的に見ると着想したイメージに辿り着けなかったからです。

    結局文字に起こしてしまうのはダサいなーと思うのですが、供養のほうが今は大事なので良しとします。

    本動画投稿のノルマ
    ・誕生日中に投稿する(=GW中)
    ・決めたリミットまで無理なく(大事)最大リソースを注ぐ

    当初はフル尺目標でしたが、コンテを前に1カ月苦悩しても尺が埋まらないという大敗北を喫しました。その上で上記2点がとても重要だと感じていたので、short.verに切り替えてノルマを達成できたという経緯がありました。

    概要
    ・アイドルとしての階段を上げるにつれて自分(=伊織)が思う自分の姿とアイドルとしての自分の姿の剥離が生まれてしまうかもしれない
    ・知名度が上がると迂闊に出歩けないので、仕事終わりの深い時間にしか外での時間を過ごせない
    ・貴重な息抜きとしての夜の街、それを糧にまた明日からアイドルとしての研鑽を積んでいけるように頑張らないとなと思うプロデューサー


    主軸となる時間を夜に設定。


    踏んできた場数アピール、澱みの中浮き沈みするアイドル。


    ステラステージ Cランクアップライブ前
    「一人前」のアイドルへ成らんとする舞台袖でのやりとり。直近の出来事なので彩度はキープ。


    ステラステージ Eランクアップライブ前
    当然知名度もなく「顔パス」なんかは有り得ないし、街中で気づかれることも無い。前の出来事なので彩度は落とし、記憶を引き出していることを示唆できるような演出(のつもり)。


    一人の少女がアイドルとしての階段を歩んでいる途中の感じ(曖昧)


    アイドルランクを少しずつ駆け上がってきたこれまでの道程。
    それぞれのランクで衣装・ダンス・ステージが異なり、紆余曲折しながら、順風満帆でもない一歩一歩の歩み。


    オーディションへGO



    サビ
    場は抽象的だが、ゲーム内でいうオーディション後のライブくらいのイメージ
    激しめのカメラワークによりダンスの振りだけでは生まれにくい可視的な躍動感を作る



    アウトロ 描く将来像



    2本の流れ星 夜を駆ける2人に見えたら良いなという演出

    ざっくり言うとこんな感じ。知名度が上がっていくことの弊害、夜の街を抜ける伊織など表現できなかったなーと思う箇所が多々あり難儀だったけれども、とにかく完成できて良かったです。

    ホントは動画タイトルを曲名ママの「夜を駆ける」にしたかったけどアレなんでアレにしました。
    気力を使い切ったのでまたできるときにできたら良いなと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。